明治・大正昭和戦前期における和風大邸宅の変容と展開に関する史的研究 : 近代和風建築史確立のための基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 大川, 三雄 オオカワ, ミツオ

書誌事項

タイトル

明治・大正昭和戦前期における和風大邸宅の変容と展開に関する史的研究 : 近代和風建築史確立のための基礎的研究

著者名

大川, 三雄

著者別名

オオカワ, ミツオ

学位授与大学

日本大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5631号

学位授与年月日

2000-03-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 序論 研究の目的と方法及び既往研究 / p7 (0005.jp2)
  2. a)研究の背景 / p9 (0006.jp2)
  3. b)研究の目的 / p10 (0007.jp2)
  4. c)研究の意義 / p12 (0008.jp2)
  5. d)既往研究と研究方法 / p13 (0008.jp2)
  6. e)本論文の構成について / p19 (0011.jp2)
  7. 本論 / (0013.jp2)
  8. 第1章 近代における和風大邸宅の位相 / p23 (0013.jp2)
  9. 第1節 近代住宅史上における和風大邸宅 / p25 (0014.jp2)
  10. 第2節 上流階級の誕生と大邸宅の建設 / p27 (0015.jp2)
  11. 〔付表 近代の主要和風大邸宅とその流れ〕 / p31 (0017.jp2)
  12. 第2章 皇室と皇族の和風大邸宅 / p33 (0019.jp2)
  13. 第1節 皇室の宮殿建築 / p35 (0020.jp2)
  14. a)宮殿建築の概要 / p36 (0021.jp2)
  15. b)宮殿建築にみる特徴 / p42 (0024.jp2)
  16. 第2節 「明治宮殿」と和洋折衷技法 / p45 (0025.jp2)
  17. a)建設の経緯と造営組織 / p45 (0025.jp2)
  18. b)和洋折衷技法 / p50 (0028.jp2)
  19. 第3節 皇族邸宅と明治宮殿 / p55 (0030.jp2)
  20. a)皇族の系譜と邸宅の特徴 / p55 (0030.jp2)
  21. 第4節 明治宮殿の影響による大邸宅の変容 / p57 (0031.jp2)
  22. a)皇族邸宅に見る変容 / p57 (0031.jp2)
  23. b)華族邸宅とその変容 / p63 (0034.jp2)
  24. c)他の施設への影響 / p66 (0036.jp2)
  25. 第3章 華族と実業家たちの和風大邸宅 / p71 (0038.jp2)
  26. 第1節 三井家の邸宅とその特徴 / p73 (0039.jp2)
  27. a)今井町本邸について / p75 (0040.jp2)
  28. b)大磯・城山荘 / p80 (0043.jp2)
  29. c)三井有楽町集会場 / p82 (0044.jp2)
  30. 第2節 住友家の邸宅とその特徴 / p91 (0048.jp2)
  31. a)住友家における邸宅の変遷 / p91 (0048.jp2)
  32. b)茶臼山本邸について / p95 (0050.jp2)
  33. c)鹿ヶ谷別邸について / p96 (0051.jp2)
  34. 第3節 岩崎家の邸宅とその特徴 / p98 (0052.jp2)
  35. a)岩崎家の本邸 / p98 (0052.jp2)
  36. b)岩崎家の別邸 / p103 (0054.jp2)
  37. 第4節 藤田傅三郎と網島邸 / p106 (0056.jp2)
  38. a)藤田網島邸の概要 / p106 (0056.jp2)
  39. b)建設の経緯(新本邸及び東邸) / p107 (0056.jp2)
  40. 第5節 大倉喜八郎と向島別邸 / p114 (0060.jp2)
  41. a)大倉向島別邸の概要と特徴 / p114 (0060.jp2)
  42. b)中国趣味の隆盛 / p118 (0062.jp2)
  43. 第6節 澁澤栄一と飛鳥山邸 / p121 (0063.jp2)
  44. a)飛鳥山邸日本館の概要と特徴 / p121 (0063.jp2)
  45. b)茶室・無心庵 / p123 (0064.jp2)
  46. 第7節 中島知久平とその邸宅 / p126 (0066.jp2)
  47. a)建設の背景と概要 / p126 (0066.jp2)
  48. b)和洋折衷技法について / p127 (0066.jp2)
  49. 第8節 小結―接客形式の変化に伴う和風大邸宅の変容― / p131 (0068.jp2)
  50. 第4章 和風大邸宅と工匠 / p137 (0071.jp2)
  51. 第1節 藤田財閥の大工棟梁・今井平七 / p139 (0072.jp2)
  52. a)今井平七の経歴 / p139 (0072.jp2)
  53. b)(有)日本土木会社と今井平七 / p143 (0074.jp2)
  54. c)藤田財閥と今井平七 / p146 (0076.jp2)
  55. 第2節 「数寄屋建築師」・柏木貨一郎の経歴と事績 / p149 (0077.jp2)
  56. a)柏木貨一郎の経歴 / p149 (0077.jp2)
  57. b)柏木貨一郎と博物館行政 / p153 (0079.jp2)
  58. c)古美術鑑定及び蒐集家としての柏木貨一郎 / p155 (0080.jp2)
  59. d)工匠としての柏木貨一郎 / p161 (0083.jp2)
  60. 第3節 魯堂・仰木敬一郎の経歴とその作風 / p167 (0086.jp2)
  61. a)仰木魯堂の略歴 / p167 (0086.jp2)
  62. b)魯堂の茶風と茶室観 / p169 (0087.jp2)
  63. c)仰木魯堂の作品とその特徴 / p170 (0088.jp2)
  64. 第5章 和風大邸宅と《数寄空間》の世界 / p173 (0089.jp2)
  65. 第1節 近代数寄者たちの建築世界 / p176 (0091.jp2)
  66. a)近代和風文化を担った実業家 / p176 (0091.jp2)
  67. b)近代数寄者の邸宅とその建築観 / p178 (0092.jp2)
  68. 第2節 数寄屋建築再考に果たした北尾春道の役割 / p186 (0096.jp2)
  69. a)北尾春道の略歴 / p187 (0096.jp2)
  70. b)北尾春道の設計活動 / p188 (0097.jp2)
  71. 第3節 北尾春道の著作活動とその特徴 / p190 (0098.jp2)
  72. a)雑誌掲載論文について / p190 (0098.jp2)
  73. b)前期(昭和10年前後)の著作とその特徴 / p193 (0099.jp2)
  74. c)『数寄屋聚成』と『国宝書院図聚』 / p195 (0100.jp2)
  75. d)後期(昭和30年頃以降)の著作とその特徴 / p200 (0103.jp2)
  76. 第4節 小結 茶室・数寄屋建築研究の流れと北尾春道の著作活動 / p202 (0104.jp2)
  77. 結論 / p207 (0106.jp2)
  78. 巻末資料 / (0109.jp2)
68アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186026
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186309
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350340
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ