維新前後西洋語対訳単語集の基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 櫻井, 豪人 サクライ, タケヒト

書誌事項

タイトル

維新前後西洋語対訳単語集の基礎的研究

著者名

櫻井, 豪人

著者別名

サクライ, タケヒト

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第4490号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p6 (0004.jp2)
  2. 序章 西洋語対訳単語集研究序説-資料の俯瞰- / p1 (0007.jp2)
  3. 1.「単語集」と「辞書」 / p2 (0007.jp2)
  4. 2.刊本単語集の俯瞰 / p3 (0008.jp2)
  5. 第1章『類聚紅毛語訳』と『蛮語箋』 / p7 (0010.jp2)
  6. 第1節『類聚紅毛語訳』以前の写本の単語集 / p8 (0010.jp2)
  7. 第2節 森島中良と『類聚紅毛語訳』『蛮語箋』 / p9 (0011.jp2)
  8. 1.先行研究 / p9 (0011.jp2)
  9. 2.森島中良 / p10 (0011.jp2)
  10. 3.『類聚紅毛語訳』と『蛮語箋』 / p11 (0012.jp2)
  11. 第3節『類聚紅毛語訳』及び『蛮語箋』の書誌 / p14 (0013.jp2)
  12. 第4節『類聚紅毛語訳』の内容について / p21 (0017.jp2)
  13. 1.桂川甫周(国瑞)の序文 / p21 (0017.jp2)
  14. 2.中良自身による「題言」 / p22 (0017.jp2)
  15. 3.葛西因是の跋文 / p24 (0018.jp2)
  16. 4.本文の内容について / p25 (0019.jp2)
  17. 第2章『改正増補蛮語箋』 / p27 (0020.jp2)
  18. はじめに / p28 (0020.jp2)
  19. 第1節 箕作阮甫と『改正増補蛮語箋』 / p28 (0020.jp2)
  20. 第2節『改正増補蛮語箋』の書誌と出版事情 / p29 (0021.jp2)
  21. 1.『改正増補蛮語箋』の書誌 / p29 (0021.jp2)
  22. 2.『改正増補蛮語箋』の出版事情 / p30 (0021.jp2)
  23. 第3節『改正増補蛮語箋』の内容分析 / p35 (0024.jp2)
  24. 1.叙文・跋文・凡例 / p35 (0024.jp2)
  25. 2.アルファベット表について / p38 (0025.jp2)
  26. 3.本文について / p41 (0027.jp2)
  27. 4.『改正増補蛮語箋』の歴史的位置付け / p50 (0031.jp2)
  28. 第3章『三語便覧』 / p53 (0033.jp2)
  29. はじめに / p54 (0033.jp2)
  30. 第1節 村上英俊と『三語便覧』 / p54 (0033.jp2)
  31. 第2節『三語便覧』の成立事情 / p55 (0034.jp2)
  32. 1.先行研究と問題点 / p55 (0034.jp2)
  33. 2.中国書『三合便覧』について / p57 (0035.jp2)
  34. 3.『三語便覧』の編纂過程から見えるもの / p58 (0035.jp2)
  35. 4.時代背景 / p58 (0035.jp2)
  36. 5.塩谷宕陰の序文とその典拠 / p59 (0036.jp2)
  37. 6.『三語便覧』の成立事情のまとめ / p65 (0039.jp2)
  38. 第3節『三語便覧』の編纂方法 / p67 (0040.jp2)
  39. 1.これまでの研究 / p67 (0040.jp2)
  40. 2.『三語便覧』の依拠した仏蘭対訳単語集 / p68 (0040.jp2)
  41. 3.『三語便覧』とMed.またはCaz.における見出し語順の類似の割合 / p71 (0042.jp2)
  42. 4.『三語便覧』の部立てについて / p72 (0042.jp2)
  43. 5.具体的な方法 / p74 (0043.jp2)
  44. 6.Caz.を日本語訳した「手控え」の存在 / p78 (0045.jp2)
  45. 7.まとめ / p80 (0046.jp2)
  46. 第4章『英語箋』 / p85 (0049.jp2)
  47. はじめに / p86 (0049.jp2)
  48. 第1節 石橋政方と『英語箋』 / p86 (0049.jp2)
  49. 第2節『英語箋』の書誌と出版事情 / p87 (0050.jp2)
  50. 1.『英語箋』の出版記録 / p87 (0050.jp2)
  51. 2.『英語箋』の書誌 / p87 (0050.jp2)
  52. 第3節『英語箋』の内容分析 / p94 (0053.jp2)
  53. 1.『英語箋』の自叙 / p94 (0053.jp2)
  54. 2.本文の分析 / p95 (0054.jp2)
  55. 3.おわりに / p102 (0057.jp2)
  56. 第5章『英吉利単語篇』と『法朗西単語篇』 / p105 (0059.jp2)
  57. はじめに / p106 (0059.jp2)
  58. 第1節 蕃書調所・洋書調所・開成所の単語集俯瞰 / p106 (0059.jp2)
  59. 1.Van der Pijl:Gemeenzame Leerwijsの翻刻 / p106 (0059.jp2)
  60. 2.文久年間の官版単語集 / p110 (0061.jp2)
  61. 第2節『英吉利単語篇』『法朗西単語篇』の底本と『英仏単語篇注解』の訳語 / p112 (0062.jp2)
  62. 1.これまでの研究 / p112 (0062.jp2)
  63. 2.『英吉利単語篇』『法朗西単語篇』が拠った単語集 / p113 (0063.jp2)
  64. 3.対照結果 / p113 (0063.jp2)
  65. 4.なぜPart IだけGemeenzame Leerwijsに拠ったのか / p118 (0065.jp2)
  66. 5.重複語と『英仏単語篇注解』での訳語について / p118 (0065.jp2)
  67. 6.『英仏単語篇注解』に見られる注釈について / p121 (0067.jp2)
  68. 7.おわりに / p124 (0068.jp2)
  69. 第6章『英吉利単語篇』系統単語集の展開 / p129 (0071.jp2)
  70. はじめに / p130 (0071.jp2)
  71. 第1節『英吉利単語篇』系統単語集の俯瞰 / p130 (0071.jp2)
  72. 1.1490語を掲出順通りに排列している単語集 / p130 (0071.jp2)
  73. 2.語を独自に増補削除したり、見出し語排列順を変更している資料 / p134 (0073.jp2)
  74. 3.絵を挿入している資料 / p134 (0073.jp2)
  75. 第2節『英吉利単語篇』系統単語集の異同と影響関係 / p134 (0073.jp2)
  76. 1.対象とする資料 / p134 (0073.jp2)
  77. 2.幕末期の三本の関係 / p135 (0074.jp2)
  78. 3.明治四年刊の単語集 / p142 (0077.jp2)
  79. 4.まとめ / p149 (0081.jp2)
  80. 第7章 二つの『改正増補英語箋』 / p153 (0083.jp2)
  81. はじめに / p154 (0083.jp2)
  82. 第1節 二つの『改正増補英語箋』の書誌と出版事情 / p154 (0083.jp2)
  83. 1.二種の『改正増補英語箋』の影響関係について / p154 (0083.jp2)
  84. 2.東京版『改正増補英語箋』の書誌 / p155 (0084.jp2)
  85. 3.大阪版『改正増補英語箋』の書誌 / p156 (0084.jp2)
  86. 4.出版記録類からの検証と大阪版の序文の検討 / p168 (0090.jp2)
  87. 5.二つの『改正増補英語箋』の出版事情のまとめ / p174 (0093.jp2)
  88. 第2節 東京版と大阪版の編纂方法の相違 / p176 (0094.jp2)
  89. 1.先行研究と問題点 / p176 (0094.jp2)
  90. 2.それぞれの編纂方法の分析 / p177 (0095.jp2)
  91. 3.『英語箋』及び『英吉利単語篇』系統単語集以外の参照資料について / p192 (0102.jp2)
  92. 4.おわりに-二つの『改正増補英語箋』の歴史的位置付け- / p199 (0106.jp2)
  93. 補説1 村上英俊の板本書誌 / p203 (0108.jp2)
  94. 1.はじめに / p204 (0108.jp2)
  95. 2.『三語便覧』 / p204 (0108.jp2)
  96. 3.『洋学捷径仏英訓弁』 / p210 (0111.jp2)
  97. 4.『五方通語』 / p210 (0111.jp2)
  98. 5.『英語箋(一名米語箋)』前編・後編 / p211 (0112.jp2)
  99. 5.2.後編の書誌(各伝本の具体的異同状況は表3を参照) / p212 (0112.jp2)
  100. 6.『仏語明要』 / p213 (0113.jp2)
  101. 7.『仏蘭西答屈智幾』 / p216 (0114.jp2)
  102. 8.『明要附録』 / p216 (0114.jp2)
  103. 9.『西洋史記』 / p217 (0115.jp2)
  104. 10.『仏英独三国会話』 / p217 (0115.jp2)
  105. 11.英俊板本と書誌学的問題-全ての伝本から推測されること- / p218 (0115.jp2)
  106. 補説2 「開成所刊行」の朱印と開成所刊行物 / p235 (0124.jp2)
  107. 1.はじめに / p236 (0124.jp2)
  108. 2.小型の「開成所刊行」朱印 / p236 (0124.jp2)
  109. 3.「調所」「洋調」黒印との関係について / p237 (0125.jp2)
  110. 4.「開成所刊行」朱印の捺される位置と印刷年代の関係 / p237 (0125.jp2)
  111. 5.『英吉利単語篇』『英吉利文典』第五版の版種ともう一つの大型朱印 / p238 (0125.jp2)
  112. 6.おわりに / p239 (0126.jp2)
  113. 刊行印捺印状況一覧 / p240 (0126.jp2)
  114. 参考文献一覧 / p245 (0129.jp2)
  115. あとがき / p249 (0131.jp2)
  116. 維新前後西洋語対訳単語集の基礎的研究 / (0134.jp2)
  117. 資料編 / (0134.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186110
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186393
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350424
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ