イセエビ神経筋接合部シナプスの短期可塑性 : 促進とシナプス前末端内のCa²⁺イオン

この論文をさがす

著者

    • 小川, 俊一 オガワ, シュンイチ

書誌事項

タイトル

イセエビ神経筋接合部シナプスの短期可塑性 : 促進とシナプス前末端内のCa²⁺イオン

著者名

小川, 俊一

著者別名

オガワ, シュンイチ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第4536号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 0.要旨 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.序論 / p2 (0007.jp2)
  4. (1)神経細胞 / p2 (0007.jp2)
  5. (2)シナプス伝達 / p3 (0008.jp2)
  6. (3)シナプス前過程と末端内Ca²⁺ / p5 (0010.jp2)
  7. (4)シナプスの短期可塑性と神経末端内Ca²⁺ / p13 (0018.jp2)
  8. (5)目的 / p15 (0020.jp2)
  9. 2.実験方法 / p16 (0021.jp2)
  10. (1)標本の作製 / p16 (0021.jp2)
  11. (2)実験装置 / p18 (0023.jp2)
  12. (3)神経刺激と膜電位応答の記録 / p19 (0024.jp2)
  13. (4)実験手順 / p21 (0026.jp2)
  14. (5)Ca²⁺キレート剤の投与 / p24 (0029.jp2)
  15. 3.解析方法 / p29 (0034.jp2)
  16. (1)条件刺激中のEJPの評価 / p29 (0034.jp2)
  17. (2)条件刺激に重なるEJPの大きさの評価 / p29 (0034.jp2)
  18. (3)短期可塑性成分のモデルに対する減衰過程の解析 / p30 (0035.jp2)
  19. 4.実験結果 / p33 (0038.jp2)
  20. (1)3成分の促通 / p33 (0038.jp2)
  21. (2)BAPTAとEGTAのシナプス前神経末端への負荷の効果 / p35 (0040.jp2)
  22. (3)イセエビ神経筋接合部シナプス前末端の可塑性に対応する〔Ca2+〕変化 / p42 (0047.jp2)
  23. (4)短期可塑性の4成分の関係の最尤仮説 / p43 (0048.jp2)
  24. 5.議論 / p49 (0054.jp2)
  25. (1)イセエビ神経筋接合部の3種の促通 / p49 (0054.jp2)
  26. (2)シナプス前末端へのBAPTAとEGTAの負荷効果 / p49 (0054.jp2)
  27. (3)観測された〔Ca²⁺〕変化と促通への対応性 / p50 (0055.jp2)
  28. (4)可能な促通の原因機構 / p51 (0056.jp2)
  29. (5)イセエビ神経筋接合部に妥当な仮説モデル / p53 (0058.jp2)
  30. 謝辞 / p56 (0061.jp2)
  31. Appendix / p57 (0062.jp2)
  32. 1.神経系の電気信号 / p57 (0062.jp2)
  33. a.局所電位 / p57 (0062.jp2)
  34. b.活動電位 / p57 (0062.jp2)
  35. 2. Martinの補正 / p58 (0063.jp2)
  36. 3.測定回路系 / p59 (0064.jp2)
  37. 参考文献 / p62 (0067.jp2)
  38. 装置リスト / p67 (0072.jp2)
  39. ABSTRACT / p1 (0075.jp2)
  40. Cooperative Ca²⁺ Removal from Presynaptic Terminals of the Spiny Lobster Neuromuscular Junction / p1819 (0119.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186156
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186439
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350470
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ