単細胞性ラン藻Synechococcus 6301株の翻訳制御機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 睦田,径典 ムツダ, ミチノリ

書誌事項

タイトル

単細胞性ラン藻Synechococcus 6301株の翻訳制御機構に関する研究

著者名

睦田,径典

著者別名

ムツダ, ミチノリ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第4539号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 要旨 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p2 (0006.jp2)
  4. 第2章 材料と方法 / p6 (0010.jp2)
  5. 2-1 菌株と培養方法 / p6 (0010.jp2)
  6. 2-2 Synechococcus 6301株の細胞粗抽出液の調製 / p6 (0010.jp2)
  7. 2-3 タンパク質定量法 / p8 (0012.jp2)
  8. 2-4 電気泳動法 / p8 (0012.jp2)
  9. 2-5 ウエスタン解析とタンパク質のN末端シークエンス / p8 (0012.jp2)
  10. 2-6 DNAシークエンスと核酸配列の解析 / p9 (0013.jp2)
  11. 2-7 in vitro翻訳系に用いるS30画分の調製 / p9 (0013.jp2)
  12. 2-8 in vitro翻訳反応に用いる鋳型RNA / p10 (0014.jp2)
  13. 2-9 in vitro翻訳反応 / p10 (0014.jp2)
  14. 2-10 rRNA-mRNAの相互作用の検出 / p12 (0016.jp2)
  15. 2-11 rRNAとmRNAの相互作用部位の検出 / p13 (0017.jp2)
  16. 2-12 マグネシウム沈澱法 / p14 (0018.jp2)
  17. 第3章 結果 / p15 (0019.jp2)
  18. 3-1 Synechococcus 6301株のin vitro翻訳系における翻訳開始コドンと終始コドンの役割 / p15 (0019.jp2)
  19. 3-2 Synechococcus 6301株のin vitro翻訳系の開発 / p15 (0019.jp2)
  20. 3-3 大腸菌tRNAがpsbAIのin vitro翻訳におよぼす影響 / p28 (0032.jp2)
  21. 3-4 in vitro翻訳反応におよぼすクロラムフェニコールの影響 / p32 (0036.jp2)
  22. 3-5 Synechococcus 6301株のin vitro翻訳系は様々なmRNAを翻訳できる / p32 (0036.jp2)
  23. 3-6 psbAI mRNAの5'非翻訳領域の解析 / p34 (0038.jp2)
  24. 3-7 psbAI mRNAの5'非翻訳領域に結合するタンパク質因子の同定 / p38 (0042.jp2)
  25. 3-8 38kDaタンパク質の同定 / p38 (0042.jp2)
  26. 3-9 psbAII mRNAの5'非翻訳領域の解析 / p40 (0044.jp2)
  27. 3-10 psbAIII mRNAの5'非翻訳領域の解析 / p40 (0044.jp2)
  28. 3-11 psbAI mRNAのタンパク質コード領域が翻訳におよぼす影響 / p44 (0048.jp2)
  29. 3-12 psbAII mRNAとpsbAIII mRNAのタンパク質コード領域が翻訳に及ぼす影響 / p44 (0048.jp2)
  30. 3-13 第一膜貫通領域の翻訳エンハンスに関わる領域の同定 / p46 (0050.jp2)
  31. 3-14 第一膜貫通領域をコードする配列は翻訳エンハンスのシス配列として機能する / p51 (0055.jp2)
  32. 3-15 psbAI mRNAの第一膜貫通領域とrRNAとの相互作用の予測 / p51 (0055.jp2)
  33. 3-16 psbAI mRNAに含まれる推定Downsteam boxの解析 / p53 (0057.jp2)
  34. 3-17 psbAI mRNAと16SrRNAの相互作用の検出 / p56 (0060.jp2)
  35. 3-18 psbAI mRNAと16SrRNAの相互作用領域の同定 / p56 (0060.jp2)
  36. 3-19 翻訳段階におけるRbpの関与 / p59 (0063.jp2)
  37. 3-20 翻訳反応時におけるRbpの局在 / p63 (0067.jp2)
  38. 3-21 細胞内リボソームにRbpは局在するか? / p63 (0067.jp2)
  39. 第4章 考察 / p67 (0071.jp2)
  40. 4-1 Synechococcus 6301株のS30画分を用いたin vitro翻訳系の開発 / p67 (0071.jp2)
  41. 4-2 psbA mRNAの5'非翻訳領域の解析 / p68 (0072.jp2)
  42. 4-3 psbA mRNAのコード領域内部に存在する翻訳エンハンサーの解析 / p73 (0077.jp2)
  43. 4-4 RNA結合タンパク質Rbp1、Rbp2の翻訳反応への関与 / p77 (0081.jp2)
  44. 引用文献 / p81 (0085.jp2)
  45. 謝辞 / p89 (0093.jp2)
  46. 付録 / p90 (0095.jp2)
  47. Physiological Characterization of RNA-Binding Protein-Deficient Cells from Synechococcus sp.Strain PCC7942 / p1203 (0098.jp2)
  48. Targeted deletion of genes for eukaryotic RNA-binding proteins,Rbp1 and Rbp2,in the cyanobacterium Synechococcus sp.strain PCC7942:Rbp1 is indispensable for cell growth at low temperatures / p155 (0106.jp2)
  49. THE FUNCTION OF THE CYANOBACTERIAL RNA-BINDING PROTEINS / p2937 (0113.jp2)
  50. The catalase-peroxidase of Synechococcus PCC 7942:purification,nucleotide sequence analysis and expression in Escherichia coli / p251 (0117.jp2)
  51. ENZYMATIC AND MOLECULAR CHARACTERIZATION OF CATALASE-PEROXIDASE IN SYNECHOCOCCUS PCC 7942 / p143 (0124.jp2)
  52. Subcellular Localization and Properties of L-Galactono-γ-lactone Dehydrogenase in Spinach Leaves / p1983 (0128.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186159
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186442
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350473
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ