Clustered cysteine residues in the kinase domain of v-Src : critical role for protein stability, cell transformation and sensitivity to herbimycin A v-Src領域に集積したシステイン残基は蛋白の安定性, 癌化能, ハービマイシンによるキナーゼ活性の抑制に決定的な役割を担う

この論文をさがす

著者

    • 千賀, 威 センガ, タケシ

書誌事項

タイトル

Clustered cysteine residues in the kinase domain of v-Src : critical role for protein stability, cell transformation and sensitivity to herbimycin A

タイトル別名

v-Src領域に集積したシステイン残基は蛋白の安定性, 癌化能, ハービマイシンによるキナーゼ活性の抑制に決定的な役割を担う

著者名

千賀, 威

著者別名

センガ, タケシ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第4590号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186210
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186493
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350524
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ