環境情報開示への会計学的接近

この論文をさがす

著者

    • 朴, 恩芝 パク, オンジ

書誌事項

タイトル

環境情報開示への会計学的接近

著者名

朴, 恩芝

著者別名

パク, オンジ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (経済学)

学位授与番号

甲第4647号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第I章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 第1節 本論文の目的 / p1 (0007.jp2)
  4. 第2節 本論文の構成と手法 / p2 (0008.jp2)
  5. 第II章 環境会計の意義と体系化のための諸見解 / p4 (0010.jp2)
  6. 第1節 環境会計の意義及び定義 / p4 (0010.jp2)
  7. 第2節 環境会計体系化のための諸見解 / p7 (0013.jp2)
  8. 1.グレイ等による環境会計の体系化 / p7 (0013.jp2)
  9. 2.環境会計と持続可能な企業:ルーベンスタインの見解 / p12 (0018.jp2)
  10. 3.環境会計とサステーナビリティ:山上達人教授の見解 / p14 (0020.jp2)
  11. 第3節 環境会計情報開示の必要性 / p16 (0022.jp2)
  12. 第4節 小括 / p18 (0024.jp2)
  13. 第III章 環境情報開示のガイドラインと報告事例 / p19 (0025.jp2)
  14. 第1節 CERES原則とPERI原則による環境情報開示 / p19 (0025.jp2)
  15. 第2節 EMASとISO / p34 (0040.jp2)
  16. 第3節 日本における環境情報開示のガイドラインと報告事例 / p37 (0043.jp2)
  17. 第4節 小括 / p41 (0047.jp2)
  18. 第IV章 既存の財務会計における環境事象の認識・測定 / p43 (0049.jp2)
  19. 第1節 環境コストと環境負債 / p43 (0049.jp2)
  20. 第2節 UNCTADの提言 / p50 (0056.jp2)
  21. 第3節 小括 / p55 (0061.jp2)
  22. 第V章 環境報告書による環境事象の認識・測定 / p56 (0062.jp2)
  23. 第1節 非財務的環境情報-GRIガイドライン / p56 (0062.jp2)
  24. 第2節 財務的環境情報一環境庁ガイドライン / p58 (0064.jp2)
  25. 第3節 小括 / p62 (0068.jp2)
  26. 第VI章 日本企業における環境情報開示の新しい動向 / p63 (0069.jp2)
  27. 第1節 環境経済効果対比型の環境会計情報 / p63 (0069.jp2)
  28. 第2節 環境保全効果対比型の環境会計情報 / p72 (0078.jp2)
  29. 第3節 小括 / p74 (0080.jp2)
  30. 第VII章 日本企業における環境情報開示の実証分析 / p75 (0081.jp2)
  31. 第1節 インターネットにおける環境情報の開示実態 / p75 (0081.jp2)
  32. 1.日本企業の環境情報開示に関する先行研究 / p75 (0081.jp2)
  33. 2.インターネットにおける環境情報開示の状況 / p77 (0083.jp2)
  34. 3.開示される環境情報の内容 / p79 (0085.jp2)
  35. 第2節 環境情報開示と企業特性 / p81 (0087.jp2)
  36. 1.社会関連情報の開示モデル / p81 (0087.jp2)
  37. 2.日本におけるインターネット情報開示企業に関する実証分析 / p84 (0090.jp2)
  38. 第3節 小括 / p92 (0098.jp2)
  39. 第VIII章 環境会計研究の現状と課題 / p94 (0100.jp2)
  40. 参考文献 / p98 (0104.jp2)
  41. 図表目次 / (0006.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186267
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186550
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350581
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ