企業環境行動の構造とパースペクティブ : 企業環境行動論の枠組と射程

この論文をさがす

著者

    • 高岡, 伸行 タカオカ, ノブユキ

書誌事項

タイトル

企業環境行動の構造とパースペクティブ : 企業環境行動論の枠組と射程

著者名

高岡, 伸行

著者別名

タカオカ, ノブユキ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (経済学)

学位授与番号

甲第4652号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 問題意識と射程 / p1 (0006.jp2)
  3. 1節 はじめに / p1 (0006.jp2)
  4. 2節 企業システムと環境問題 / p2 (0007.jp2)
  5. 2-1:環境問題とは何か / p2 (0007.jp2)
  6. 2-2:環境問題に関する諸学の見解 / p3 (0008.jp2)
  7. 2-3:環境問題とのかかわりにおける企業の位置づけと基本的役割 / p8 (0013.jp2)
  8. 3節 環境問題に関する経営学の理解とアプローチ / p10 (0015.jp2)
  9. 3-1:企業環境行動の展開構図 / p11 (0016.jp2)
  10. 3-2:企業環境行動の研究スタイル / p13 (0018.jp2)
  11. 3-3:従来の枠組とアプローチの批判 / p15 (0020.jp2)
  12. 4節 本稿の課題と構成 / p18 (0023.jp2)
  13. 第2章 企業システムとサステナビリティー概念 / p22 (0027.jp2)
  14. 1節 はじめに / p22 (0027.jp2)
  15. 2節 持続可能な発展と持続可能な社会システム / p23 (0028.jp2)
  16. 2-1:サステナビリティー概念の類型とそのポイント / p23 (0028.jp2)
  17. 2-2:サステナビリティー概念と3つのエコロジー / p24 (0029.jp2)
  18. 2-3:サステナビリティー概念と環境主義 / p27 (0032.jp2)
  19. 3節 環境マネジメント制度とサステナビリティー概念の制度化 / p29 (0034.jp2)
  20. 3-1:環境マネジメント制度の発展経緯 / p30 (0035.jp2)
  21. 3-2:オルターナティブな環境マネジメント制度 / p37 (0042.jp2)
  22. 3-3:環境マネジメント制度の関係構造と差異 / p39 (0044.jp2)
  23. 4節 小括:サステナビリティー概念の制度化の問題点 / p44 (0049.jp2)
  24. 第3章 企業環境行動の経営学的理解の脱構築 / p47 (0052.jp2)
  25. 1節 はじめに / p47 (0052.jp2)
  26. 2節 企業環境行動の変容:環境マネジメントを中心に / p48 (0053.jp2)
  27. 2-1:環境マネジメントスタイルの変容 / p48 (0053.jp2)
  28. 2-2:環境マネジメントシステムの中心課題としての社会との関係形成 / p56 (0061.jp2)
  29. 3節 企業環境行動のパースペクティブの認識構造と陥穽 / p62 (0067.jp2)
  30. 3-1:<構造-認識-行動>図式 / p63 (0068.jp2)
  31. 3-2:従来型認識モデルの陥穽 / p66 (0071.jp2)
  32. 4節 企業環境観の脱構築に向けて / p69 (0074.jp2)
  33. 4-1:経営学における企業環境概念の考察 / p70 (0075.jp2)
  34. 4-2:企業環境観の陥穽 / p74 (0079.jp2)
  35. 5節 小括 / p79 (0084.jp2)
  36. 第4章 企業環境行動のメタ構造:行為のシステムとその意味 / p81 (0086.jp2)
  37. 1節 はじめに / p81 (0086.jp2)
  38. 2節 市場型市民運動の展開:社会からの企業への働きかけの変遷 / p82 (0087.jp2)
  39. 2-1:市場型市民運動の類型 / p82 (0087.jp2)
  40. 2-2:市場型市民運動の変容 / p91 (0096.jp2)
  41. 3節 企業評価団体のネットワーク / p94 (0099.jp2)
  42. 3-1:企業評価団体の類型 / p94 (0099.jp2)
  43. 3-2:評価項目と基準 / p97 (0102.jp2)
  44. 4節 企業と社会の新たな関係システムの構築可能性 / p106 (0111.jp2)
  45. 4-1:行為のシステムとしての企業評価の運動 / p106 (0111.jp2)
  46. 4-2:企業と社会の相互学習と企業システムの変容 / p110 (0115.jp2)
  47. 第5章 共生型企業システムの模索 / p113 (0118.jp2)
  48. 1節 はじめに / p113 (0118.jp2)
  49. 2節 企業パースペクティブにおけるサステナビリティー概念の位相 / p114 (0119.jp2)
  50. 2-1:共生型企業システムとしての持続可能な企業 / p114 (0119.jp2)
  51. 2-2:3つのパースペクティブ・スタイル / p115 (0120.jp2)
  52. 2-3:各スタイルの関係構造 / p122 (0127.jp2)
  53. 3節 NGCと共同プロデューサー概念:企業モデルの展開可能性の試論的検討 / p128 (0133.jp2)
  54. 3-1:NGCのビジネススタイル / p128 (0133.jp2)
  55. 3-2:共同プロデューサー概念の概要と背景 / p131 (0136.jp2)
  56. 第6章 結論 / p137 (0142.jp2)
  57. 1.企業環境行動論の視点と枠組 / p137 (0142.jp2)
  58. 2.本稿の問題点と今後の研究課題 / p140 (0145.jp2)
  59. 参考文献一覧 / p144 (0149.jp2)
  60. 謝辞 / (0165.jp2)
10アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186272
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186555
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350586
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ