グローバリゼーションの利益とリスク : 国際貿易関係を中心として

この論文をさがす

著者

    • 梅村, 哲夫 ウメムラ, テツオ

書誌事項

タイトル

グローバリゼーションの利益とリスク : 国際貿易関係を中心として

著者名

梅村, 哲夫

著者別名

ウメムラ, テツオ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第4659号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:博士(学術) (課程) 学位授与年月日:平成12年3月27日

目次

  1. 目次 / p3 (0005.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1節 研究の背景と目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 第2節 本論文のフレームワークと論文構成 / p3 (0007.jp2)
  5. 第2章 グローバリゼーションを巡る諸研究と概念整理 / p7 (0009.jp2)
  6. はじめに / p7 (0009.jp2)
  7. 第1節 グローバリゼーションに関する先行研究 / p8 (0010.jp2)
  8. 第2節 グローバリゼーションの概念整理 / p19 (0015.jp2)
  9. おわりに / p20 (0016.jp2)
  10. 第3章 グローバリゼーション下の国際経済関係と途上国 / p21 (0016.jp2)
  11. はじめに / p21 (0016.jp2)
  12. 第1節 グローバリゼーション下の経済成長実績 / p22 (0017.jp2)
  13. 第2節 国際貿易動向と途上国 / p26 (0019.jp2)
  14. 第3節 貿易依存度の推移と経済成長実績 / p39 (0025.jp2)
  15. 第4節 途上国に対する資金の流れ / p48 (0030.jp2)
  16. 第5節 貿易及び海外直接投資の関係-APEC地域の事例- / p53 (0032.jp2)
  17. おわりに / p63 (0037.jp2)
  18. 第4章 グローバリゼーション下の国際貿易決定要因 / p66 (0039.jp2)
  19. はじめに / p66 (0039.jp2)
  20. 第1節 伝統的貿易理論の妥当性と限界 / p67 (0039.jp2)
  21. 第2節 グラビティーモデル / p70 (0041.jp2)
  22. 第3節 貿易財構成の補完性指標と地域貿易協定 / p72 (0042.jp2)
  23. 第4節 グラビティーモデルによる実証分析 / p76 (0044.jp2)
  24. おわりに / p89 (0050.jp2)
  25. 第5章 グローバリゼーション下の国際経済の展望と課題 / p94 (0053.jp2)
  26. はじめに / p94 (0053.jp2)
  27. 第1節 グローバリゼーションの利益 / p95 (0053.jp2)
  28. 第2節 グローバリゼーションのリスク / p98 (0055.jp2)
  29. 第3節 グローバリゼーションにおける今後の課題 / p102 (0057.jp2)
  30. おわりに / p106 (0059.jp2)
  31. 第6章 要約 / p107 (0059.jp2)
  32. 参考文献 / p114 (0063.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186279
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186562
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000350593
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ