日本語との対照におけるインドネシア語のアスペクト表現 : 語彙的表現手段と形態論的表現手段の関係

この論文をさがす

著者

    • Nandang Rahmat ナンダン ラフマツト

書誌事項

タイトル

日本語との対照におけるインドネシア語のアスペクト表現 : 語彙的表現手段と形態論的表現手段の関係

著者名

Nandang Rahmat

著者別名

ナンダン ラフマツト

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第4666号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 図表一覧 / p5 (0008.jp2)
  3. 謝辞 / p8 (0011.jp2)
  4. 序章 本研究の目的と論文の構成 / p1 (0013.jp2)
  5. 1.本研究の目的と意義 / p1 (0013.jp2)
  6. 2.本研究の構成 / p7 (0019.jp2)
  7. 3.用語について / p8 (0020.jp2)
  8. 第一章 アスペクトの語彙的表現手段と文法的表現手段 / p11 (0023.jp2)
  9. 1.アスペクトの語彙的表現手段と文法的表現手段の相関をめぐる問題 / p11 (0023.jp2)
  10. 2.動詞の語彙的アスペクト的意味と文のアスペクト的意味・テンス的意味 / p15 (0027.jp2)
  11. 3.動詞の語彙的意味の範疇性とアスペクト・テンス / p22 (0034.jp2)
  12. 4.まとめ / p49 (0061.jp2)
  13. 第一章の注 / p50 (0062.jp2)
  14. 第二章 他動性の意味とアスペクト的意味 / p51 (0063.jp2)
  15. 1.インドネシア語の他動性の意味と接辞 / p53 (0065.jp2)
  16. 2.接尾辞-kanと-iの表わす他動性と日本語との対照 / p59 (0071.jp2)
  17. 第二章の注 / p89 (0101.jp2)
  18. (補論)客体変化動詞、客体接触動詞と結果構文 / p91 (0103.jp2)
  19. 第三章 アスペクト表現におけるヴォイスの役割 / p103 (0115.jp2)
  20. 1.ヴォイス体系の役割 / p103 (0115.jp2)
  21. 2.動詞の対応にみる動詞の語彙的意味の関係 / p116 (0128.jp2)
  22. 3.動詞の語彙的意味の関係のまとめ / p139 (0151.jp2)
  23. 4.インドネシア語のヴォイス形式による表現 / p143 (0155.jp2)
  24. 第三章の注 / p156 (0168.jp2)
  25. 第四章 機能語にみるテンポラリティーとアスペクチュアリティーのかかわり / p159 (0171.jp2)
  26. 1.「機能語」という用語について / p159 (0171.jp2)
  27. 2.アスペクチュアリティーとテンポラリティーという用語について / p165 (0177.jp2)
  28. 3.機能語の時間表現 / p166 (0178.jp2)
  29. 4.機能語によって表わされるアスペクチュアルな意味 / p179 (0191.jp2)
  30. 第四章の注 / p193 (0205.jp2)
  31. 終章 まとめにかえて / p195 (0207.jp2)
  32. 付表 表1 Tadjuddinの動詞分類 / p202 (0214.jp2)
  33. 参考文献目録 / p204 (0216.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186286
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186569
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350600
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ