離散事象システム論に基づく組立・分解作業のシステム設計法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 残間, 忠直 ザンマ, タダナオ

書誌事項

タイトル

離散事象システム論に基づく組立・分解作業のシステム設計法に関する研究

著者名

残間, 忠直

著者別名

ザンマ, タダナオ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第4696号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的 / p5 (0009.jp2)
  5. 1.3 本論文の構成 / p7 (0010.jp2)
  6. 2 組立・分解作業における手順の計画問題 / p9 (0011.jp2)
  7. 2.1 はじめに / p9 (0011.jp2)
  8. 2.2 ペトリネットによる組立・分解作業手順の表現とその評価 / p10 (0012.jp2)
  9. 2.3 スーパバイザによる手順の制御 / p14 (0014.jp2)
  10. 2.4 学習オートマトンによる手順の学習. / p21 (0017.jp2)
  11. 2.5 シミュレーション結果 / p29 (0021.jp2)
  12. 2.6 まとめ / p32 (0023.jp2)
  13. 3 組立・分解作業における手順の実行問題 / p35 (0024.jp2)
  14. 3.1 はじめに / p35 (0024.jp2)
  15. 3.2 ラダー図とSFC / p37 (0025.jp2)
  16. 3.3 時問論理によるモデル化 / p45 (0029.jp2)
  17. 3.4 制御順序の抽出 / p51 (0032.jp2)
  18. 3.5 具体例 / p56 (0035.jp2)
  19. 3.6 まとめ / p64 (0039.jp2)
  20. 4 組立・分解作業における力制御問題 / p65 (0039.jp2)
  21. 4.1 はじめに / p65 (0039.jp2)
  22. 4.2 スイッチング制御 / p67 (0040.jp2)
  23. 4.3 感度低減化問題への摘要 / p71 (0042.jp2)
  24. 4.4 シミュレーション結果 / p74 (0044.jp2)
  25. 4.5 まとめ / p79 (0046.jp2)
  26. 5 結論 / p81 (0047.jp2)
  27. 5.1 本研究の成果 / p81 (0047.jp2)
  28. 5.2 今後の課題 / p82 (0048.jp2)
  29. 付録A Qモデルの更新法 / p83 (0048.jp2)
  30. 参考文献 / p89 (0051.jp2)
  31. 謝辞 / p99 (0056.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186316
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186599
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350630
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ