REMPIによる超希薄気体流計測に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 森, 英男 モリ, ヒデオ

書誌事項

タイトル

REMPIによる超希薄気体流計測に関する研究

著者名

森, 英男

著者別名

モリ, ヒデオ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第4704号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:博士(工学) (課程) 学位授与年月日:平成12年3月27日

目次

  1. Contents / p1 (0003.jp2)
  2. 主な記号 / p4 (0006.jp2)
  3. Chapter1 緒論 / p1 (0010.jp2)
  4. 1.1 研究の背景 / p1 (0010.jp2)
  5. 1.2 研究の目的 / p3 (0012.jp2)
  6. 1.3 気体流計測に関する過去の研究 / p4 (0013.jp2)
  7. 1.4 多光子吸収およびREMPIに関する過去の研究 / p7 (0016.jp2)
  8. 1.5 本研究の概要 / p11 (0020.jp2)
  9. Chapter2 REMPIの基本原理 / p12 (0021.jp2)
  10. 2.1 多光子吸収およびイオン化 / p12 (0021.jp2)
  11. 2.2 REMPI過程のモデル / p14 (0023.jp2)
  12. 2.3 選択律 / p17 (0026.jp2)
  13. 2.4 N₂-REMPI / p20 (0029.jp2)
  14. 2.5 結言 / p22 (0031.jp2)
  15. Chapter3 REMPIスペクトルのシミュレーション / p23 (0032.jp2)
  16. 3.1 分子の振動・回転エネルギー分布 / p23 (0032.jp2)
  17. 3.2 REMPI信号の回転スペクトル線強度 / p27 (0036.jp2)
  18. 3.3 振動バンド強度およびバンドの選択 / p28 (0037.jp2)
  19. 3.4 スペクトル広がりの影響 / p29 (0038.jp2)
  20. 3.5 シミュレーション方法 / p32 (0041.jp2)
  21. 3.6 結言 / p35 (0044.jp2)
  22. Chapter4 REMPIスペクトルの基本特性と回転温度計測法の提案 / p36 (0045.jp2)
  23. 4.1 緒言 / p36 (0045.jp2)
  24. 4.2 実験スペクトルとの比較 / p36 (0045.jp2)
  25. 4.3 N₂-REMPIスペクトルの特性調査およびスペクトル線の選択 / p41 (0050.jp2)
  26. 4.4 結言 / p45 (0054.jp2)
  27. Chapter5 超音速自由分子流におけるREMPIスペクトルの解析 / p46 (0055.jp2)
  28. 5.1 緒言 / p46 (0055.jp2)
  29. 5.2 実験系および実験方法 / p46 (0055.jp2)
  30. 5.3 実験結果および考察 / p54 (0063.jp2)
  31. 5.4 結言 / p60 (0069.jp2)
  32. Chapter6 総括 / p62 (0071.jp2)
  33. Appendix A 自由分子流における温度非平衡 / p66 (0075.jp2)
  34. A.1 温度非平衡 / p66 (0075.jp2)
  35. A.2 回転緩和モデル / p67 (0076.jp2)
  36. A.3 回転緩和のシミュレーション / p70 (0079.jp2)
  37. 参考文献 / p73 (0082.jp2)
  38. 謝辞 / p82 (0091.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186324
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186607
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000350638
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ