長距離ガス絶縁送電線(GIL)の開発と現地試験技術・監視技術に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 宮崎, 明延 ミヤザキ, アキノブ

書誌事項

タイトル

長距離ガス絶縁送電線(GIL)の開発と現地試験技術・監視技術に関する研究

著者名

宮崎, 明延

著者別名

ミヤザキ, アキノブ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5711号

学位授与年月日

2000-02-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  2. 1.1 まえがき / p1 (0006.jp2)
  3. 1.2 ガス絶縁送電線(GIL)の概要と長距離洞道への適用 / p2 (0007.jp2)
  4. 1.3 長距離洞道へ適用可能なGIL構造の開発 / p8 (0010.jp2)
  5. 1.4 現地試験技術の現状 / p14 (0013.jp2)
  6. 1.5 GIL保守・監視技術 / p16 (0014.jp2)
  7. 1.6 本研究の目的および内容 / p19 (0015.jp2)
  8. 第1章の参考文献 / p21 (0016.jp2)
  9. 第2章 長距離GILの基本構成 / p25 (0018.jp2)
  10. 2.1 まえがき / p25 (0018.jp2)
  11. 2.2 基本設計 / p26 (0019.jp2)
  12. 2.3 性能検証試験 / p46 (0029.jp2)
  13. 2.4 結論 / p51 (0031.jp2)
  14. 第2章の参考文献 / p52 (0032.jp2)
  15. 第3章 GIL試験線による部分放電検出特性 / p53 (0032.jp2)
  16. 3.1 まえがき / p53 (0032.jp2)
  17. 3.2 GIL試験線の概要 / p54 (0033.jp2)
  18. 3.3 GIL内のパルス信号の伝搬特性およびGIL周波数特性 / p58 (0035.jp2)
  19. 3.4 部分放電の検出感度と伝搬特性 / p64 (0038.jp2)
  20. 3.5 部分放電特性と周波数成分の伝搬特性 / p78 (0045.jp2)
  21. 3.6 結論 / p83 (0047.jp2)
  22. 第3章の参考文献 / p85 (0048.jp2)
  23. 第4章 実機GILにおける絶縁性能現地試験技術の開発 / p87 (0049.jp2)
  24. 4.1 まえがき / p87 (0049.jp2)
  25. 4.2 GTL線路の概要 / p88 (0050.jp2)
  26. 4.3 GIL線路に加わる過電圧の検討 / p95 (0053.jp2)
  27. 4.4 有害金属異物長の検討 / p100 (0056.jp2)
  28. 4.5 現地試験技術と試験結果 / p104 (0058.jp2)
  29. 4.6 結論 / p116 (0064.jp2)
  30. 第4章の参考文献 / p117 (0064.jp2)
  31. 第5章 実機GILにおける通電性能現地試験技術の開発 / p119 (0065.jp2)
  32. 5.1 まえがき / p119 (0065.jp2)
  33. 5.2 GIL局部異常発熱の検出方法 / p121 (0066.jp2)
  34. 5.3 GIL試験線による検証試験 / p126 (0069.jp2)
  35. 5.4 現地試験技術と試験結果 / p131 (0071.jp2)
  36. 5.5 結論 / p146 (0079.jp2)
  37. 第5章の参考文献 / p148 (0080.jp2)
  38. 第6章 GIL保守・監視技術の開発 / p149 (0080.jp2)
  39. 6.1 まえがき / p149 (0080.jp2)
  40. 6.2 監視システムの概要 / p150 (0081.jp2)
  41. 6.3 ガス圧低下監視システムの開発 / p153 (0082.jp2)
  42. 6.4 GIL表面温度監視システムの開発 / p165 (0088.jp2)
  43. 6.5 故障点標定システムの開発 / p169 (0090.jp2)
  44. 6.6 結論 / p176 (0094.jp2)
  45. 第6章の参考文献 / p177 (0094.jp2)
  46. 第7章 総括 / p178 (0095.jp2)
  47. 7.1 研究結果の要約 / p178 (0095.jp2)
  48. 7.2 本研究の意義 / p181 (0097.jp2)
  49. 7.3 今後の課題 / p182 (0097.jp2)
  50. 謝辞 / p184 (0098.jp2)
  51. 本研究に関して発表した論文 / p186 (0099.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186399
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186682
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350713
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ