自己組織化界面の高次機能化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 中井, 英隆 ナカイ, ヒデタカ

書誌事項

タイトル

自己組織化界面の高次機能化に関する研究

著者名

中井, 英隆

著者別名

ナカイ, ヒデタカ

学位授与大学

近畿大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第505号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 論文要旨 / (0005.jp2)
  3. 目次 / (0014.jp2)
  4. 緒論 / p1 (0015.jp2)
  5. 第1部 テトラチアフルバレン(TTF)-誘導体を用いた金電極上への機能性界面の形成と特性 / p9 (0019.jp2)
  6. 第1章 TTF-誘導体の電気化学的特性とTTF-モノチオールおよびジスルフィド誘導体を用いた機能性界面の形成 / p13 (0021.jp2)
  7. 1.緒言 / p13 (0021.jp2)
  8. 2.結果と考察 / p14 (0022.jp2)
  9. 3.実験 / p22 (0026.jp2)
  10. 4.参考文献 / p26 (0028.jp2)
  11. 第2章 TTF-テトラチオール誘導体を用いた機能性界面の形成と特性 / p27 (0028.jp2)
  12. 1.緒言 / p27 (0028.jp2)
  13. 2.結果と考察 / p28 (0029.jp2)
  14. 3.実験 / p37 (0033.jp2)
  15. 4.参考文献 / p40 (0035.jp2)
  16. 第3章 TTFポリオキシテトラチオール誘導体を用いた機能性界面の形成とヘテロ原子効果 / p41 (0035.jp2)
  17. 1.緒言 / p41 (0035.jp2)
  18. 2.結果と考察 / p43 (0036.jp2)
  19. 3.実験 / p50 (0040.jp2)
  20. 4.参考文献 / p58 (0044.jp2)
  21. 第2部 機能性ナノサイズ金クラスターの合成と金電極上への固定化 / p59 (0044.jp2)
  22. 第1章 TTF-誘導体を用いた酸化還元活性ナノサイズ金クラスターの合成と金電極上への固定化 / p63 (0046.jp2)
  23. 1.緒言 / p63 (0046.jp2)
  24. 2.結果と考察 / p65 (0047.jp2)
  25. 3.実験 / p72 (0051.jp2)
  26. 4.参考文献 / p78 (0054.jp2)
  27. 第2章 C₆₀-フラーレンにより機能化された複合ナノクラスターの合成と金電極上への固定化 / p79 (0054.jp2)
  28. 1.緒言 / p79 (0054.jp2)
  29. 2.結果と考察 / p81 (0055.jp2)
  30. 3.実験 / p88 (0059.jp2)
  31. 4.参考文献 / p96 (0063.jp2)
  32. 総括 / p98 (0064.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186471
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186754
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350785
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ