テレビ広告におけるジェンダー描写とコミュニケーション効果に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 延島, 明恵 ノブシマ, アキエ

書誌事項

タイトル

テレビ広告におけるジェンダー描写とコミュニケーション効果に関する研究

著者名

延島, 明恵

著者別名

ノブシマ, アキエ

学位授与大学

慶応義塾大学

取得学位

博士 (社会学)

学位授与番号

甲第1794号

学位授与年月日

2000-02-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. はじめに / p1 (0012.jp2)
  4. 第1章 序論 / p4 (0015.jp2)
  5. 第1節 研究の範囲と目的 / p4 (0015.jp2)
  6. 1.研究の範囲 / p4 (0015.jp2)
  7. 2.研究の目的 / p6 (0017.jp2)
  8. 第2節 用語の定義 / p8 (0019.jp2)
  9. 第3節 研究の問題背景 / p14 (0025.jp2)
  10. 1.テレビ広告におけるジェンダー描写の存在がもたらすもの / p14 (0025.jp2)
  11. 2.テレビ広告におけるジェンダー描写に改善を求める声 / p16 (0027.jp2)
  12. 3.実務家たちを納得させるテレビ広告におけるジェンダー描写研究 / p16 (0027.jp2)
  13. 4.テレビ広告は無意味か / p17 (0028.jp2)
  14. 第4節 本研究の意義 / p20 (0031.jp2)
  15. 第2章 広告と人間の関わり / p21 (0032.jp2)
  16. 第1節 広告と人間の歴史的関わり / p21 (0032.jp2)
  17. 1.古代における広告 / p21 (0032.jp2)
  18. 2.中世における広告 / p22 (0033.jp2)
  19. 3.近世における広告 / p24 (0035.jp2)
  20. 4.近代における広告 / p26 (0037.jp2)
  21. 5.現代における広告 / p29 (0040.jp2)
  22. 6.広告の歴史に関するまとめ / p32 (0043.jp2)
  23. 第2節 今日の日本における広告事情 / p33 (0044.jp2)
  24. 1.受け手を取り巻く客観的な広告環境 / p33 (0044.jp2)
  25. 2.受け手を取り巻く主観的な広告環境 / p39 (0050.jp2)
  26. 3.日本における今日の広告事情に開するまとめ / p42 (0053.jp2)
  27. 第3章 心理学の立場からの広告効果研究 / p44 (0055.jp2)
  28. 第1節 心理学が広告に応用されるまで / p44 (0055.jp2)
  29. 第2節 広告心理学の位置づけ / p45 (0056.jp2)
  30. 第3節 広告の効果過程 / p47 (0058.jp2)
  31. 第4節 広告効果過程における態度過程 / p49 (0060.jp2)
  32. 1.態度の定義 / p50 (0061.jp2)
  33. 2.対広告態度,対商品態度の形成・変容に対する試み / p51 (0062.jp2)
  34. 3.購買行動の予測に対する試み / p54 (0065.jp2)
  35. 4.態度形成・変容ルートの解明 / p59 (0070.jp2)
  36. 5.広告効果の態度過程に関するまとめ / p62 (0073.jp2)
  37. 第4章 先行研究の慨括 / p63 (0074.jp2)
  38. 第1節 メディア・ステレオタイピング / p63 (0074.jp2)
  39. 1.ステレオタイピングとは何か / p63 (0074.jp2)
  40. 2.メディアにおけるステレオタイピング / p65 (0076.jp2)
  41. 3.メディアにおけるジェンダー・ステレオタイピング / p65 (0076.jp2)
  42. 4.メディア・ステレオタイピングのまとめ / p67 (0078.jp2)
  43. 第2節 テレビ広告におけるジェンダー描写の内容分析研究 / p68 (0079.jp2)
  44. 1.テレビ広告におけるジェンダー描写の内容分析研究のねらい / p68 (0079.jp2)
  45. 2.テレビ広告におけるジェンダー描写の内容分析研究の歴史 / p70 (0081.jp2)
  46. 3.テレビ広告におけるジェンダー描写の内容分析研究の方法 / p70 (0081.jp2)
  47. 4.各カテゴリー変数における先行研究の知見 / p71 (0082.jp2)
  48. 第3節 広告におけるジェンダー描写とコミュニケーション効果に関する研究 / p86 (0097.jp2)
  49. 1.記憶への影響 / p86 (0097.jp2)
  50. 2.主人公に対する知覚・態度への影響 / p87 (0098.jp2)
  51. 3.対広告態度への影響 / p91 (0102.jp2)
  52. 4.対商品態度への影響 / p93 (0104.jp2)
  53. 5.広告商品に対する行動意図への影響 / p94 (0105.jp2)
  54. 第4節 先行研究の問題点 / p100 (0111.jp2)
  55. 第5章 テレビ広告におけるジェンダー描写の内容分析研究(1) / p103 (0114.jp2)
  56. 第1節 目的 / p103 (0114.jp2)
  57. 第2節 研究方法 / p104 (0115.jp2)
  58. 1.研究対象 / p104 (0115.jp2)
  59. 2.測定変数 / p104 (0115.jp2)
  60. 3.測定方法 / p109 (0120.jp2)
  61. 第3節 結果(1)―比率による比較― / p110 (0121.jp2)
  62. 1.主人公,ナレーター,ターゲットに占める男女の割合 / p110 (0121.jp2)
  63. 2.主人公の性別と諸変数との関係 / p110 (0121.jp2)
  64. 3.ナレーターの性別と諸変数との関係 / p117 (0128.jp2)
  65. 第4節 結果(2)―下位カテゴリーごとの比較 / p120 (0131.jp2)
  66. 1.主人公の性別と諸変数との関係 / p120 (0131.jp2)
  67. 2.ナレー夕-の性別と諸変数との開係 / p128 (0139.jp2)
  68. 第5節 考察 / p131 (0142.jp2)
  69. 1.購買者として女性視聴者に重点を置いた広告 / p131 (0142.jp2)
  70. 2.広告主人公の描写にみられる男性像・女性像 / p132 (0143.jp2)
  71. 3.女性主人公の「性」の商品化 / p136 (0147.jp2)
  72. 4.ナレーターのジェンダー描写 / p137 (0148.jp2)
  73. 5.今後の展望 / p139 (0150.jp2)
  74. 第6章 テレビ広告におけるジェンダー描写の内容分析研究(2) / p142 (0153.jp2)
  75. 第1節 目的 / p142 (0153.jp2)
  76. 第2節 方法 / p143 (0154.jp2)
  77. 1.分析に用いた測定変数 / p143 (0154.jp2)
  78. 2.分析方法 / p143 (0154.jp2)
  79. 第3節 結果 / p144 (0155.jp2)
  80. 第4節 考察 / p159 (0170.jp2)
  81. 1.テレビ広告における性別役割分業体制 / p159 (0170.jp2)
  82. 2.女性主人公の「性」の商品化 / p160 (0171.jp2)
  83. 3.知名度の高い広告主人公に求められているもの / p161 (0172.jp2)
  84. 4.今後の展望 / p163 (0174.jp2)
  85. 第7章 テレビ広告におけるジェンダー描写に関する意識調査 / p165 (0176.jp2)
  86. 第1節 目的 / p165 (0176.jp2)
  87. 第2節 調査概要 / p167 (0178.jp2)
  88. 1.調査対象 / p167 (0178.jp2)
  89. 2.回答者の属性 / p167 (0178.jp2)
  90. 3.調査方法 / p167 (0178.jp2)
  91. 4.調査時期 / p168 (0179.jp2)
  92. 5.質問項目 / p168 (0179.jp2)
  93. 第3節 結果 / p170 (0181.jp2)
  94. 1.全体傾向 / p170 (0181.jp2)
  95. 2.広告主人公に対する描写期待の類型化 / p186 (0197.jp2)
  96. 3.広告主人公に対する描写期待と回答者のジェンダー属性 / p198 (0209.jp2)
  97. 4.広告主人公に対する描写期待と回答者のテレビ視聴行動 / p201 (0212.jp2)
  98. 第4節 考察 / p204 (0215.jp2)
  99. 1.テレビ広告におけるジェンダー描写に対する知覚について / p204 (0215.jp2)
  100. 2.テレビ広告におけるジェンダー描写に対する容認について / p206 (0217.jp2)
  101. 3.広告主人公に対する描写期待について / p206 (0217.jp2)
  102. 4.今後の展望 / p208 (0219.jp2)
  103. 第8章 テレビ広告におけるジェンダー描写とコミュニケーション効果に関する実験 / p210 (0221.jp2)
  104. 第1節 目的 / p210 (0221.jp2)
  105. 第2節 方法 / p212 (0223.jp2)
  106. 1.被験者 / p212 (0223.jp2)
  107. 2.実験計画 / p212 (0223.jp2)
  108. 3.呈示材料 / p212 (0223.jp2)
  109. 4.手続き / p213 (0224.jp2)
  110. 5.測定項目 / p214 (0225.jp2)
  111. 第3節 結果 / p217 (0228.jp2)
  112. 1.操作チェック / p217 (0228.jp2)
  113. 2.測定尺度の信頼性 / p217 (0228.jp2)
  114. 3.ジェンダー描写が異なる広告のコミュニケーション効果 / p219 (0230.jp2)
  115. 4.コミュニケーション効果を規定する要因の検討 / p222 (0233.jp2)
  116. 第4節 考察 / p240 (0251.jp2)
  117. 1.広告におけるジェンダー描写とコミュニケーション効果との関係 / p240 (0251.jp2)
  118. 2.広告のコミュニケーション効果の規定因 / p242 (0253.jp2)
  119. 3.コミュニケーション効果を高めるためのジェンダー描写 / p243 (0254.jp2)
  120. 4.今後の展望 / p244 (0255.jp2)
  121. 第9章 結論 / p246 (0257.jp2)
  122. 第1節 実証研究から得られた知見 / p246 (0257.jp2)
  123. 1.日本のテレビ広告におけるジェンダー描写の実態 / p246 (0257.jp2)
  124. 2.テレビ広告におけるジェンダー描写に対する人々の意識 / p249 (0260.jp2)
  125. 3.テレビ広告におけるジェンダー描写とコミュニケーション効果 / p251 (0262.jp2)
  126. 第2節 研究知見に基づく提言 / p254 (0265.jp2)
  127. 1.テレビ広告における今後のジェンダー描写のあり方 / p254 (0265.jp2)
  128. 2.テレビ広告におけるジェンダー描写の活用法 / p255 (0266.jp2)
  129. 第3節 今後の展望 / p257 (0268.jp2)
  130. 1.本研究の意義 / p257 (0268.jp2)
  131. 2.今後の課題 / p259 (0270.jp2)
  132. 引用文献 / p261 (0272.jp2)
  133. 資料 / p275 (0286.jp2)
  134. 資料1 第5章の内容分析研究で用いたコーディング・シート / p275 (0286.jp2)
  135. 資料2 第7章の調査で用いた質問紙 / p278 (0289.jp2)
  136. 資料3 第8章の実験で用いた質問紙 / p286 (0297.jp2)
169アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186543
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186826
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350857
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ