対中政府資金供与における政策過程、一九七八年~一九九七年 : 「日本型経済手法」の研究

この論文をさがす

著者

    • 徐, 承元 ソ, スンウォン

書誌事項

タイトル

対中政府資金供与における政策過程、一九七八年~一九九七年 : 「日本型経済手法」の研究

著者名

徐, 承元

著者別名

ソ, スンウォン

学位授与大学

慶応義塾大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

甲第1799号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 序章 日本の経済的手段による対外政策運営 / p1 (0011.jp2)
  4. (1)経済手法研究の必要性 / p1 (0011.jp2)
  5. (2)論文の構成および焦点 / p3 (0013.jp2)
  6. 第一部 日本型経済手法の政策過程 / (0019.jp2)
  7. 第一章 日本型経済手法とは:分析枠組み、その一 / p8 (0020.jp2)
  8. 第一節 既存研究のレビュー / p8 (0020.jp2)
  9. (一)経済パワーの対外行動 / p10 (0022.jp2)
  10. (二)経済パワーの中枢的政策資源:政府開発援助 / p17 (0029.jp2)
  11. (三)経済パワーの「特化」 / p21 (0033.jp2)
  12. 第二節 経済手法をめぐる基本概念 / p26 (0038.jp2)
  13. (一)経済パワーと影響力 / p26 (0038.jp2)
  14. (二)経済手法の概念 / p33 (0045.jp2)
  15. 第三節 日本型経済手法の一般的性格 / p37 (0049.jp2)
  16. (一)日本型経済手法の源泉 / p37 (0049.jp2)
  17. (二)日本型経済手法における三つの特徴 / p41 (0053.jp2)
  18. 第二章 日本型経済手法の政策過程:分析枠組み、その二 / p59 (0072.jp2)
  19. 第一節 政策過程と政策決定者 / p59 (0072.jp2)
  20. (一)政治過程としての「決定」 / p59 (0072.jp2)
  21. (二)決定に参加する諸アクター / p61 (0074.jp2)
  22. (三)政策決定者と政策案 / p67 (0080.jp2)
  23. 第二節 経済手法の政策過程 / p68 (0081.jp2)
  24. (一)経済手法についての政策決定者のパースペクティブ / p68 (0081.jp2)
  25. (二)経済手法の実施をめぐる政策決定者間の関係 / p76 (0089.jp2)
  26. (三)経済手法における転換 / p82 (0095.jp2)
  27. 第二部 対中政府資金供与における政策過程、一九七八年~一九九七年 / (0111.jp2)
  28. 第三章 中国の改革・開放路線と経済手法の始動:大平・鈴木内閣における政府借款供与の政策過程 / p97 (0112.jp2)
  29. 序言 / p97 (0112.jp2)
  30. 第一節 日中経済関係と経済的交換 / p99 (0114.jp2)
  31. (一)中国の改革・開放路線と日本 / p99 (0114.jp2)
  32. (二)分析(I):経済的交換の政策過程 / p109 (0124.jp2)
  33. 第二節 大平内閣による経済手法の始動 / p116 (0131.jp2)
  34. (一)日中政府借款供与・受取交渉 / p116 (0131.jp2)
  35. (二)分析(II):対中近代化支援コミットメントの政策過程 / p127 (0142.jp2)
  36. 第三節 プラント・キャンセル事件と経済手法の揺れ / p140 (0155.jp2)
  37. (一)プラント・キャンセル事件と日本政府の介入 / p140 (0155.jp2)
  38. (二)分析(III):鈴木内閣の対中商品借款供与をめぐる政策過程 / p146 (0161.jp2)
  39. 結語 / p152 (0167.jp2)
  40. 第四章 相互依存の政治と経済手法の拡大・強化:中曽根・竹下内閣期における政府借款供与の政策過程 / p168 (0184.jp2)
  41. 序言 / p168 (0184.jp2)
  42. 第一節 中曽根内閣と経済手法の特化 / p171 (0187.jp2)
  43. (一)中曽根首相訪中と第二ラウンド経済協力コミットメント / p171 (0187.jp2)
  44. (二)分析(IV):対中政府資金供与拡大の政策過程 / p182 (0198.jp2)
  45. 第二節 竹下内閣と大平型経済手法への回帰 / p198 (0214.jp2)
  46. (一)竹下訪中と第三ラウンド経済協力コミットメント / p198 (0214.jp2)
  47. (二)分析(V):対中政府資金供与拡大の政策過程(II) / p210 (0226.jp2)
  48. 結語 / p224 (0240.jp2)
  49. 第五章 天安門事件後と抑制的経済手法:宇野、海部内閣における第三次政府借款凍結及び凍結解除の政策過程 / p237 (0254.jp2)
  50. 序言 / p237 (0254.jp2)
  51. 第一節 天安門事件と抑制的経済手法の導入 / p241 (0258.jp2)
  52. (一)天安門事件直後における対応のあり方 / p241 (0258.jp2)
  53. (二)分析(VI):第三次政府借款凍結の政策過程(I) / p250 (0267.jp2)
  54. 第二節 ヒューストン・サミットと抑制的経済手法の解除 / p267 (0284.jp2)
  55. (一)海部内閣と政府借款供与凍結の解除 / p267 (0284.jp2)
  56. (二)分析(VII):第三次政府借款凍結解除の政策過程(II) / p275 (0292.jp2)
  57. 結語 / p282 (0299.jp2)
  58. 第六章 中国の核実験と抑制的経済手法:村山、橋本内閣における無償資金援助凍結及び凍結解除の政策過程 / p293 (0311.jp2)
  59. 序言 / p293 (0311.jp2)
  60. 第一節 中国の核実験と抑制的経済手法の採用 / p295 (0313.jp2)
  61. (一)村山内閣の無償資金援助圧縮・凍結 / p295 (0313.jp2)
  62. (二)分析(VIII):無償資金援助凍結の政策過程 / p301 (0319.jp2)
  63. 第二節 中国の核実験停止と抑制的経済手法の解除 / p316 (0334.jp2)
  64. (一)橋本内閣の政府資金供与凍結解除 / p317 (0335.jp2)
  65. (二)分析(IX):政府資金供与凍結解除の政策過程 / p323 (0341.jp2)
  66. 結語 / p333 (0351.jp2)
  67. 終章 / p343 (0362.jp2)
  68. 参考資料 / p348 (0368.jp2)
  69. 参考文献・資料 / p359 (0380.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186548
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186831
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350862
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ