聴覚障害と知的障害を併せ持つ個人における機能的言語行動の獲得 : 条件性弁別訓練による非音声複数モードを使用した教育的アプローチ

この論文をさがす

著者

    • 望月, 昭 モチズキ, アキラ

書誌事項

タイトル

聴覚障害と知的障害を併せ持つ個人における機能的言語行動の獲得 : 条件性弁別訓練による非音声複数モードを使用した教育的アプローチ

著者名

望月, 昭

著者別名

モチズキ, アキラ

学位授与大学

慶応義塾大学

取得学位

博士 (心理学)

学位授与番号

乙第3339号

学位授与年月日

2000-02-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p3 (0004.jp2)
  3. 要約 / p7 (0006.jp2)
  4. 第I部 序論 / p13 (0009.jp2)
  5. 1.「刺激等価性パラダイム」とその教育的応用 / p14 (0010.jp2)
  6. 2.聴覚障害と知的障害という重複障害を持つ個人に対して「刺激等価性パラダイム」を用いる意味 / p17 (0011.jp2)
  7. 3.今求められている検討課題:機能的な言語使用への展開のために / p21 (0013.jp2)
  8. 第II部 実験 / p31 (0018.jp2)
  9. 4名の対象者に対する実験(訓練)の流れ / p32 (0019.jp2)
  10. 実験群I 条件性弁別訓練による「物品名称」の語彙獲得と要求的使用 / p33 (0019.jp2)
  11. 実験群II 条件性弁別訓練による「色名」の獲得と要求場面における修飾的使用 / p77 (0041.jp2)
  12. 実験群III 条件性弁別訓練による「感情表現語」の獲得とその記述的使用 / p101 (0053.jp2)
  13. 実験群IV 条件性弁別訓練による「味名」の獲得:刺激クラスの形成と機能的使用の援助に関する分析的検討 / p117 (0061.jp2)
  14. 実験群V 条件性条件性弁別訓練による時制語彙(まだ/おわり)の獲得と応答的使用の可能性(予備的研究) / p177 (0091.jp2)
  15. 第III部 全体考察 / p201 (0103.jp2)
  16. 1.聴覚障害と知的障害を併せ持つ個人に対する「言語訓練」の意味 / p202 (0104.jp2)
  17. 2.刺激等価性パラダイムと応用研究の関係 / p205 (0105.jp2)
  18. 3.基礎理論との関係 / p209 (0107.jp2)
  19. 4.結語にかえて / p215 (0110.jp2)
  20. Summary of Research / p223 (0114.jp2)
  21. 謝辞 / p229 (0117.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186619
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186902
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350933
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ