時間・存在・他者 : 現象学の根本問題

この論文をさがす

著者

    • 斎藤, 慶典 サイトウ, ヨシミチ

書誌事項

タイトル

時間・存在・他者 : 現象学の根本問題

著者名

斎藤, 慶典

著者別名

サイトウ, ヨシミチ

学位授与大学

慶応義塾大学

取得学位

博士 (哲学)

学位授与番号

乙第3352号

学位授与年月日

2000-03-06

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 凡例 / p1 (0006.jp2)
  4. 序章 超越論的現象学の構想 / p6 (0009.jp2)
  5. 第一節 超越論的還元 / p7 (0010.jp2)
  6. 第二節 デカルト・バークリー・ヒューム・カント / p12 (0012.jp2)
  7. 第三節 超越論的領野とは何か / p19 (0016.jp2)
  8. 第四節 形相的還元と時間 / p25 (0019.jp2)
  9. 第一部 時間 / p31 (0022.jp2)
  10. 第一章 フッサール時間論の展開 / p31 (0022.jp2)
  11. 第一節 初期時間論の成立と展開 / p31 (0022.jp2)
  12. 第二節 初期時間論の構造 / p34 (0024.jp2)
  13. 第三節「生き生きした現在の謎」―フッサール後期時間論 / p39 (0027.jp2)
  14. 第二章 時間・差異・領野―フッサールとデリダ / p46 (0031.jp2)
  15. 第一節 時間のアポリアと「差延(differance)」 / p46 (0031.jp2)
  16. 第二節 時間と領野 / p52 (0034.jp2)
  17. 第三章 時間と存在―メルロ=ポンティと「内―存在論」の試み / p61 (0038.jp2)
  18. 第一節 現象学的反省と「生き生きした現在」 / p62 (0039.jp2)
  19. 第二節 反省と非反省的なもの / p65 (0040.jp2)
  20. 第三節 見えるものと見えないもの / p68 (0042.jp2)
  21. 第四節「内―存在論」の試み / p72 (0044.jp2)
  22. 第二部 存在 / p76 (0046.jp2)
  23. 第一章 現存在と超越論的主観性 / p76 (0046.jp2)
  24. 第一節 『プロレゴーメナ』におけるフッサール批判 / p76 (0046.jp2)
  25. 第二節 「ブリタニカ」論文をめぐって / p79 (0048.jp2)
  26. 第三節 ハイデガーの「問題」 / p82 (0049.jp2)
  27. 第四節 フッサールの「問題」 / p86 (0051.jp2)
  28. 第五節 新たな「問題」―〈超越論的なもの〉と〈事実的自我〉 / p89 (0053.jp2)
  29. 第二章 存在と無 あるいは形而上学 / p93 (0055.jp2)
  30. 第一節 形而上学の二重構造 / p93 (0055.jp2)
  31. 第二節 無の開示 / p98 (0057.jp2)
  32. 第三節 根拠への問い / p103 (0060.jp2)
  33. 第四節 展開と飛躍 / p106 (0061.jp2)
  34. 第五節 ニヒリズムをめぐって / p109 (0063.jp2)
  35. 第三章 真理の/という場所 / p112 (0064.jp2)
  36. 第一節 場所論(トポロギー) / p112 (0064.jp2)
  37. 第二節「開けた明るみ(Lichtung)」 / p114 (0065.jp2)
  38. 第三節「世界と大地」あるいは「四方界」 / p116 (0066.jp2)
  39. 第四節「時‐空の‐遊動(たわむれ)」 / p119 (0068.jp2)
  40. 第五節「性起(Ereignis)」 / p120 (0068.jp2)
  41. 第六節「それ」からの贈与 / p122 (0069.jp2)
  42. 第四章 言葉と人間 / p125 (0071.jp2)
  43. 第一節 言葉と存在 / p125 (0071.jp2)
  44. 第二節「言(die Sage)」 / p129 (0073.jp2)
  45. 第三節「静寂の響き」 / p132 (0074.jp2)
  46. 第四節 人間と言葉 / p133 (0075.jp2)
  47. 第五節 応答する存在者―「人間」 / p137 (0077.jp2)
  48. 第六節 帰郷をめぐって / p141 (0079.jp2)
  49. 第三部 他者 / p147 (0082.jp2)
  50. 第一章 存在と他者 / p147 (0082.jp2)
  51. 第一節「存在の問い」は何を明らかにしたか / p148 (0083.jp2)
  52. 第二節「存在の問い」は何を隠蔽したか / p151 (0084.jp2)
  53. a)第一の隠蔽 / p152 (0085.jp2)
  54. b)第二の隠蔽 / p156 (0087.jp2)
  55. 第二章 相互主観性の現象学 / p161 (0089.jp2)
  56. 第一節 問題の在りか / p162 (0090.jp2)
  57. 第二節 フッサール現象学と他者問題 / p164 (0091.jp2)
  58. 第三節 相互主観性理論としての他者論の展開 / p171 (0094.jp2)
  59. a)リップス / p171 (0094.jp2)
  60. b)フッサール / p172 (0095.jp2)
  61. c)シェーラー / p172 (0095.jp2)
  62. d)メルロ=ポンティ / p174 (0096.jp2)
  63. e)シュッツ / p175 (0096.jp2)
  64. f)サルトル / p176 (0097.jp2)
  65. g)ハイデガー / p177 (0097.jp2)
  66. h)レーヴィット / p178 (0098.jp2)
  67. i)戦後ドイツ現象学派 / p180 (0099.jp2)
  68. 第四節 もうひとりの他者―あるいは「他なるもの」 / p183 (0100.jp2)
  69. 第三章 時間と他者 / p188 (0103.jp2)
  70. 第一節「われわれ」から「他なるもの」ヘ―他者と時間 / p190 (0104.jp2)
  71. 第二節 時間の生成と主体の出現 / p193 (0105.jp2)
  72. 第三節「絶対に他なるもの」としての未来 / p199 (0108.jp2)
  73. 第四節 未来と他者 / p202 (0110.jp2)
  74. 第五節 他者と倫理 / p206 (0112.jp2)
  75. 第四章 倫理・政治・哲学 / p212 (0115.jp2)
  76. 第一節 レヴィナスと「存在の問い」 / p212 (0115.jp2)
  77. 第二節 存在するとは別の仕方で―あるいは「倫理」 / p216 (0117.jp2)
  78. 第三節 存在すること―あるいは「政治」 / p222 (0120.jp2)
  79. 第四節 語ること―あるいは「哲学」 / p228 (0123.jp2)
  80. 終章 動き・場所・他なるもの / p232 (0125.jp2)
  81. 第一節 問い / p232 (0125.jp2)
  82. 第二節 動きと場所 / p235 (0127.jp2)
  83. a)進行中 / p237 (0128.jp2)
  84. b)完了 / p240 (0129.jp2)
  85. 第三節 他なるもの / p246 (0132.jp2)
  86. 参考文献 / p251 (0135.jp2)
35アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186632
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186915
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350946
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ