男性の男性役割に対する態度と感情制御との関係

この論文をさがす

著者

    • 林, 真一郎 ハヤシ, シンイチロウ

書誌事項

タイトル

男性の男性役割に対する態度と感情制御との関係

著者名

林, 真一郎

著者別名

ハヤシ, シンイチロウ

学位授与大学

上智大学

取得学位

博士 (心理学)

学位授与番号

甲第207号

学位授与年月日

2000-03-31

注記・抄録

博士論文

課程博士(甲第207号)

目次

  1. 目次 / p9 (0012.jp2)
  2. はじめに / p1 (0004.jp2)
  3. 謝辞 / p5 (0008.jp2)
  4. 目次 / p9 (0012.jp2)
  5. 図表一覧 / p14 (0017.jp2)
  6. 序 研究の目的・論文の流れ・用語の定義 / p1 (0019.jp2)
  7. 第1章 男性役割と感情制御に関する研究の概観(研究1) / p5 (0023.jp2)
  8. 第1節 男性役割に関する研究の概観 / p5 (0023.jp2)
  9. 1.男性役割とは何か / p5 (0023.jp2)
  10. 2.男性心理学の台頭と男性役割 / p7 (0025.jp2)
  11. 3.男性役割研究の最近の焦点 / p12 (0030.jp2)
  12. 4.日本の男性役割研究 / p14 (0032.jp2)
  13. 5.男性役割に関する測定具 / p15 (0033.jp2)
  14. 第2節 男性役割と感情制御 / p19 (0037.jp2)
  15. 1.感情とは何か / p19 (0037.jp2)
  16. 2.感情制御とは何か / p20 (0038.jp2)
  17. 3.感情制御にかかわる諸要囚 / p22 (0040.jp2)
  18. 4.男性役割と感情制御 / p27 (0045.jp2)
  19. 第3節 第1章のまとめ / p31 (0049.jp2)
  20. 第2章 男性役割に対する態度に関する測定具の開発 / p33 (0051.jp2)
  21. 第1節 男性役割葛藤尺度日本語版(JGRCS)の開発(研究2) / p33 (0051.jp2)
  22. 1.性役割葛藤の構成概念 / p33 (0051.jp2)
  23. 2.男性役割葛藤尺度(GRCS)の作成過程 / p35 (0053.jp2)
  24. 3.GRCSと他の変数との相関関係 / p37 (0055.jp2)
  25. 4.研究2の目的 / p37 (0055.jp2)
  26. 5.予備調査 / p38 (0056.jp2)
  27. 6.本調査 / p39 (0057.jp2)
  28. 7.研究2についての全体的考察 / p51 (0069.jp2)
  29. 第2節 男性役割規範尺度日本語版(JMRNI)の開発(研究3) / p56 (0074.jp2)
  30. 1.男性役割規範の構成概念 / p56 (0074.jp2)
  31. 2.男性役割規範尺度(MRM)の作成過程 / p56 (0074.jp2)
  32. 3.MRNIの妥当性および他の変数との相関関係 / p58 (0076.jp2)
  33. 4.研究3の目的 / p59 (0077.jp2)
  34. 5.予備調査 / p59 (0077.jp2)
  35. 6.本調査 / p60 (0078.jp2)
  36. 7.研究3についての全体的考察 / p70 (0088.jp2)
  37. 第3節 「男らしさ」に対する態度尺度(AMS)の開発(研究4) / p74 (0092.jp2)
  38. 1.男性役割に対する態度のメタな観点からの把握 / p74 (0092.jp2)
  39. 2.研究4の目的 / p75 (0093.jp2)
  40. 3.予備調査 / p75 (0093.jp2)
  41. 4.本調査 / p78 (0096.jp2)
  42. 5.研究4についての全体的考察 / p90 (0108.jp2)
  43. 第4節 第2章のまとめ / p95 (0113.jp2)
  44. 1.尺度の検討結果のまとめ / p95 (0113.jp2)
  45. 2.3尺度の内容的妥当性 / p98 (0116.jp2)
  46. 3.3つの尺度の関係 / p100 (0118.jp2)
  47. 第3章 男性役割に対する態度と感情制御との関係についての調査研究 / p103 (0121.jp2)
  48. 第1節 予備調査(研究5) / p103 (0121.jp2)
  49. 1.研究5の目的 / p103 (0121.jp2)
  50. 2.方法 / p103 (0121.jp2)
  51. 3.結果と考察 / p107 (0125.jp2)
  52. 4.研究5についての全体的考察 / p110 (0128.jp2)
  53. 第2節 本調査(研究6) / p113 (0131.jp2)
  54. 1.研究6の目的 / p113 (0131.jp2)
  55. 2.方法 / p113 (0131.jp2)
  56. 3.結果と考察 / p116 (0134.jp2)
  57. 4.研究6についての全体的考察 / p142 (0160.jp2)
  58. 第3節 感情の種類別にみた男性の感情制御(研究7) / p149 (0167.jp2)
  59. 1.研究7の目的 / p149 (0167.jp2)
  60. 2.方法 / p149 (0167.jp2)
  61. 3.結果と考察 / p151 (0169.jp2)
  62. 4.研究7についての全体的考察 / p155 (0173.jp2)
  63. 第4節 第3章のまとめ / p158 (0176.jp2)
  64. 第4章 総合的考察 / p160 (0178.jp2)
  65. 第1節 研究結果のまとめ / p160 (0178.jp2)
  66. 第2節 臨床への応用可能性 / p163 (0181.jp2)
  67. 第3節 今後の課題と研究の方向 / p166 (0184.jp2)
  68. 結論 / p169 (0187.jp2)
  69. 要約 / p170 (0188.jp2)
  70. おわりに / p174 (0192.jp2)
  71. 丈献 / p176 (0194.jp2)
  72. 資料 本調査調査票等 / p187 (0205.jp2)
  73. 1.調査協力依頼(事前) / p188 (0206.jp2)
  74. 2.調査票送付状 / p189 (0207.jp2)
  75. 3.調査票 / p190 (0208.jp2)
  76. 4.督促状 / p197 (0215.jp2)
31アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186662
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186945
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000350976
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ