宋朝華厳教学史の研究 ソウチョウ ケゴンキョウガクシ ノ ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 吉田, 剛 ヨシダ, タケシ

書誌事項

タイトル

宋朝華厳教学史の研究

タイトル別名

ソウチョウ ケゴンキョウガクシ ノ ケンキュウ

著者名

吉田, 剛

著者別名

ヨシダ, タケシ

学位授与大学

駒沢大学

取得学位

博士 (仏教学)

学位授与番号

甲第21号

学位授与年月日

2000-03-25

注記・抄録

博士論文

甲第21号

平成12年3月25日

博士(仏教学)(甲)

駒澤大学

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0010.jp2)
  3. 一.研究の目的 / p1 (0010.jp2)
  4. 二.研究の範囲 / p5 (0014.jp2)
  5. 三.研究の方法 / p5 (0014.jp2)
  6. 四.本論の概要 / p7 (0016.jp2)
  7. 第一篇 研究篇 / p17 (0026.jp2)
  8. 第一章 宋代における思想界の動向 / p18 (0027.jp2)
  9. 第一節 時代背景 / p18 (0027.jp2)
  10. 一.政治と歴史 / p18 (0027.jp2)
  11. 二.思想と文化 / p21 (0030.jp2)
  12. 第二節 宋朝仏教の概観 / p31 (0040.jp2)
  13. 第三節 遼・金仏教の概観 / p39 (0048.jp2)
  14. 一.遼朝の仏教 / p39 (0048.jp2)
  15. 二.金朝の仏教 / p48 (0057.jp2)
  16. 第二章 宋朝における華厳興隆の経緯 / p59 (0068.jp2)
  17. 第一節 序説 / p59 (0068.jp2)
  18. 第二節 天台学派の動向 / p61 (0070.jp2)
  19. 一.天台教学の復興と山家・山外の論争 / p61 (0070.jp2)
  20. 二.知礼以後における山家派の動向 / p65 (0074.jp2)
  21. 三.山外派の主張の背景 / p70 (0079.jp2)
  22. 四.山外派が消えた理由 / p75 (0084.jp2)
  23. 第三節 華厳典籍の具備と開版事業―義天と義和の功績― / p76 (0085.jp2)
  24. 一.華厳典籍の具備と義天の入宋 / p76 (0085.jp2)
  25. 二.義和の開版事業と華厳典籍の入蔵 / p87 (0096.jp2)
  26. 第四節 杭州玉岑山慧因院について / p93 (0102.jp2)
  27. 第五節 『法界観門』の流行 / p100 (0109.jp2)
  28. 第六節 五教章注釈学の盛行とそれに伴う同教解釈をめぐる異説の出現 / p119 (0128.jp2)
  29. 一.『五教章』に対する注釈の盛行 / p119 (0128.jp2)
  30. 二.『五教章』に対する注釈が盛行した背景 / p121 (0130.jp2)
  31. 三.同教解釈をめぐる異説の出現 / p124 (0133.jp2)
  32. 第七節 まとめ / p129 (0138.jp2)
  33. 第三章 長水子璿の教学 / p159 (0168.jp2)
  34. 第一節 序説 / p159 (0168.jp2)
  35. 第二節 子璿の著作 / p160 (0169.jp2)
  36. 第三節 子璿の行実 / p162 (0171.jp2)
  37. 第四節 子璿に対する後代の位置づけ / p168 (0177.jp2)
  38. 一.伝記中に描かれた子璿像 / p168 (0177.jp2)
  39. 二.師資関係から観た位置づけ / p171 (0180.jp2)
  40. 第五節 子璿の教学的立場 / p177 (0186.jp2)
  41. 一.子璿の教学の概観 / p177 (0186.jp2)
  42. 二.教判論を通して視た子璿の教学的立場 / p180 (0189.jp2)
  43. 三.後代への影響 / p198 (0207.jp2)
  44. 第六節 まとめ / p202 (0211.jp2)
  45. 第四章 浄源による華厳中興 / p223 (0232.jp2)
  46. 第一節 序説 / p223 (0232.jp2)
  47. 第二節 浄源の修学の履歴とその法系 / p224 (0233.jp2)
  48. 第三節 浄源による華厳中興の検証 / p231 (0240.jp2)
  49. 一.浄源に対する一般の認識 / p231 (0240.jp2)
  50. 二.華厳典籍の蒐集 / p234 (0243.jp2)
  51. 三.刊行活動 / p237 (0246.jp2)
  52. 四.礼讃儀軌の制定 / p239 (0248.jp2)
  53. 五.祖統説の確立 / p242 (0251.jp2)
  54. 六.賢首教蔵および賢首教院の造立 / p246 (0255.jp2)
  55. 七.賢首教という宗名の標榜 / p249 (0258.jp2)
  56. 八.華厳中興の意義と華厳教団のその後 / p260 (0269.jp2)
  57. 第四節 浄源の著作について / p263 (0272.jp2)
  58. 第五節 浄源の思想傾向 / p271 (0280.jp2)
  59. 一.浄源の思想基盤 / p271 (0280.jp2)
  60. 二.浄源の華厳・起信一体論 / p277 (0286.jp2)
  61. 三.浄源の教観兼修論と修道論 / p281 (0290.jp2)
  62. 四.法華教学への関心と山外派智円の学説の依用 / p285 (0294.jp2)
  63. 第六節 まとめ / p293 (0302.jp2)
  64. 第五章 道亭の教学 / p314 (0323.jp2)
  65. 第一節 序説 / p314 (0323.jp2)
  66. 第二節 終頓二教の判じ方―覆相の三と形対の三― / p316 (0325.jp2)
  67. 第三節 同教に対する判じ方―一乗同と三乗同― / p319 (0328.jp2)
  68. 第四節 法華経に対する扱い方―法華経における同別二教― / p321 (0330.jp2)
  69. 第五節 起信論に対する判じ方 / p325 (0334.jp2)
  70. 第六節 まとめ / p327 (0336.jp2)
  71. 第六章 観復の教学 / p334 (0343.jp2)
  72. 第一節 序説 / p334 (0343.jp2)
  73. 第二節 師会との論争に至る経緯 / p336 (0345.jp2)
  74. 第三節 観復の著作について / p340 (0349.jp2)
  75. 一.著作の検討 / p340 (0349.jp2)
  76. 二.著作の成立年次 / p347 (0356.jp2)
  77. 第四節 観復の四義同教説 / p353 (0362.jp2)
  78. 一.三一和合の義 / p355 (0364.jp2)
  79. 二.泯二の義 / p357 (0366.jp2)
  80. 三.義類相似の義 / p359 (0368.jp2)
  81. 四.全収諸教の義 / p362 (0371.jp2)
  82. 五.宗豫の三義同教説との比較 / p365 (0374.jp2)
  83. 六.四義同教説の特徴 / p372 (0381.jp2)
  84. 第五節 結論 / p374 (0383.jp2)
  85. 第七章 師会の教学 / p383 (0392.jp2)
  86. 第一節 序説 / p383 (0392.jp2)
  87. 第二節 師会の著作と事跡 / p385 (0394.jp2)
  88. 一.師会の著作 / p385 (0394.jp2)
  89. 二.師会の事跡 / p394 (0403.jp2)
  90. 第三節 師会の別教一乗優越論 / p396 (0405.jp2)
  91. 第四節 諸祖一統的立場と復古の提唱 / p400 (0409.jp2)
  92. 一.先行業績の検討 / p401 (0410.jp2)
  93. 二.師会の言う復古とは何か / p404 (0413.jp2)
  94. 三.後三一乗説への対応 / p409 (0418.jp2)
  95. 四.小結 / p412 (0421.jp2)
  96. 第五節 師会の一義同教説 / p413 (0422.jp2)
  97. 一.智儼の同教解釈を亀鑑とする / p413 (0422.jp2)
  98. 二.「会三帰一」と「全収諸教」との同一視 / p416 (0425.jp2)
  99. 三.「全収諸教」と「同頓同実」との同一視 / p417 (0426.jp2)
  100. 四.「会三帰一」と「同頓同実」との同一視 / p419 (0428.jp2)
  101. 五.後一一乗説と後三一乗説の統合 / p420 (0429.jp2)
  102. 六.小結 / p425 (0434.jp2)
  103. 第六節 師会の「円中同」解釈 / p426 (0435.jp2)
  104. 第七節 結論 / p429 (0438.jp2)
  105. 第八章 『明宗記』の同教解釈 / p437 (0446.jp2)
  106. 第一節 序説 / p437 (0446.jp2)
  107. 第二節 『明宗記』の成立背景 / p440 (0449.jp2)
  108. 第三節 『明宗記』における同教解釈の特色 / p444 (0453.jp2)
  109. 一.同字一言を以て同教の総名とする / p444 (0453.jp2)
  110. 二.円中同と方便同 / p448 (0457.jp2)
  111. 第四節 結論 / p452 (0461.jp2)
  112. 総結 / p462 (0471.jp2)
  113. 第二篇 資料篇 / p465 (0474.jp2)
  114. 一.師会述『同教策』の訳注と解説 / p466 (0475.jp2)
  115. 二.『明宗記』の校訂と訳注 / p654 (0663.jp2)
17アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186673
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186956
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000350987
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ