フーリエ記述子法による船舶の形状表現と性能評価に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 荒井, 加容子 アライ, カヨコ

書誌事項

タイトル

フーリエ記述子法による船舶の形状表現と性能評価に関する研究

著者名

荒井, 加容子

著者別名

アライ, カヨコ

学位授与大学

大阪府立大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第623号

学位授与年月日

2000-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 研究の目的 / p2 (0005.jp2)
  5. 1.3 論文の概要 / p2 (0005.jp2)
  6. 第2章 船体形状の記述と特徴表現 / p4 (0006.jp2)
  7. 2.1 緒言 / p4 (0006.jp2)
  8. 2.2 フーリエ記述法による平面形状の量的記述および表現 / p7 (0007.jp2)
  9. 2.3 フーリエ記述子法による船体形状の記述と特徴の量的表現 / p16 (0012.jp2)
  10. (2)フーリエ記述子による船体断面の静力学的性質の記述 / p18 (0013.jp2)
  11. (3)3次元船体形状のフーリエ記述子による表現 / p20 (0014.jp2)
  12. 2.4 結言 / p21 (0014.jp2)
  13. 第3章 動揺船体に働く2次元流体力推定における船体形状の影響 / p22 (0015.jp2)
  14. 3.1 緒言 / p22 (0015.jp2)
  15. 3.2 2次元船体断面に働く動揺造波減衰力,附加質量に対する断面形状の影響 / p24 (0016.jp2)
  16. 3.3 断面形状の近似にフーリエ記述子法を用いる場合の実用的修正法 / p27 (0017.jp2)
  17. 3.4 結言 / p28 (0018.jp2)
  18. 第4章 船舶の推進性能推定における船体形状の評価 / p29 (0018.jp2)
  19. 4.1 緒言 / p29 (0018.jp2)
  20. 4.2 フーリエ記述子法による船体形状の量的特徴記述 / p31 (0019.jp2)
  21. 4.3 フーリエ記述子による推進性能特性の記述・評価 / p40 (0024.jp2)
  22. 4.4 結言 / p47 (0027.jp2)
  23. 第5章 推進性能の改良における船体形状の微小変形の影響 / p49 (0028.jp2)
  24. 5.1 緒言 / p49 (0028.jp2)
  25. 5.2 系統的に変形された船体形状と自航要素の変化の把握 / p50 (0029.jp2)
  26. 5.3 推進性能の向上における設計者の形状的配慮に関する検討 / p56 (0032.jp2)
  27. 5.4 結言 / p57 (0032.jp2)
  28. 第6章 結論 / p58 (0033.jp2)
  29. 謝辞 / p60 (0034.jp2)
  30. 参考文献 / p61 (0034.jp2)
  31. 図表 / p63 (0036.jp2)
  32. 付録 / A-1 / (0072.jp2)
  33. 本論文の基礎となる発表論文 / (0075.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186746
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187029
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351060
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ