離散時間適応制御アルゴリズムの改良とその応用

この論文をさがす

著者

    • 孫, 宇 ソン, ウ

書誌事項

タイトル

離散時間適応制御アルゴリズムの改良とその応用

著者名

孫, 宇

著者別名

ソン, ウ

学位授与大学

大阪府立大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第627号

学位授与年月日

2000-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第2章 目標値フィルタ零配置形極零配置アルゴリズム / p5 (0007.jp2)
  4. 2.1 緒言 / p5 (0007.jp2)
  5. 2.2 新しい極零配置アルゴリズム / p5 (0007.jp2)
  6. 2.3 従来のアルゴリズムとの比較 / p7 (0008.jp2)
  7. 2.4 シミュレーション / p8 (0009.jp2)
  8. 2.5 結言 / p9 (0009.jp2)
  9. 第3章 CGT理論に基づくSACアルゴリズム / p11 (0010.jp2)
  10. 3.1 緒言 / p11 (0010.jp2)
  11. 3.2 ASPR性 / p11 (0010.jp2)
  12. 3.3 CGT理論 / p12 (0011.jp2)
  13. 3.4 従来のアルゴリズム / p15 (0012.jp2)
  14. 3.5 新しいアルゴリズム / p16 (0013.jp2)
  15. 3.6 安定性の証明 / p18 (0014.jp2)
  16. 3.7 定常ゲインによる出力追従 / p20 (0015.jp2)
  17. 3.8 シミュレーション / p21 (0015.jp2)
  18. 3.9 結言 / p24 (0017.jp2)
  19. 第4章 CGT理論に基づく改良型SACアルゴリズム / p25 (0017.jp2)
  20. 4.1 緒言 / p25 (0017.jp2)
  21. 4.2 適応制御系の構成 / p25 (0017.jp2)
  22. 4.3 アルゴリズム / p27 (0018.jp2)
  23. 4.4 安定性の証明 / p28 (0019.jp2)
  24. 4.5 出力の漸近追従問題 / p29 (0019.jp2)
  25. 4.6 シミュレーション / p32 (0021.jp2)
  26. 4.7 結言 / p38 (0024.jp2)
  27. 第5章 AOT理論に基づくSACアルゴリズムと適応ゲイン / p39 (0024.jp2)
  28. 5.1 緒言 / p39 (0024.jp2)
  29. 5.2 AOT理論 / p39 (0024.jp2)
  30. 5.3 アルゴリズム / p43 (0026.jp2)
  31. 5.4 制御対象と規範モデルとの出力追従 / p45 (0027.jp2)
  32. 5.5 適応ゲインの収束値 / p46 (0028.jp2)
  33. 5.6 シミュレーション / p49 (0029.jp2)
  34. 5.7 結言 / p62 (0036.jp2)
  35. 第6章 AOT理論に基づくSACアルゴリズムによる直流モータの制御 / p63 (0036.jp2)
  36. 6.1 緒言 / p63 (0036.jp2)
  37. 6.2 直流モータの位置制御系の構成 / p63 (0036.jp2)
  38. 6.3 アルゴリズム / p63 (0036.jp2)
  39. 6.4 実験結果 / p65 (0037.jp2)
  40. 6.5 結言 / p76 (0043.jp2)
  41. 第7章 AOT理論に基づく改良型SACアルゴリズム / p77 (0043.jp2)
  42. 7.1 緒言 / p77 (0043.jp2)
  43. 7.2 問題点の記述 / p77 (0043.jp2)
  44. 7.3 アルゴリズム / p78 (0044.jp2)
  45. 7.4 安定性の証明 / p79 (0044.jp2)
  46. 7.5 シミュレーション / p82 (0046.jp2)
  47. 7.6 結言 / p88 (0049.jp2)
  48. 第8章 結論 / p89 (0049.jp2)
  49. 参考文献 / p91 (0050.jp2)
  50. 付録A 固定トレースアルゴリズムについて / p97 (0053.jp2)
  51. 付録B 第3章の補足説明 / p98 (0054.jp2)
  52. B.1 (3.41)式の導出 / p98 (0054.jp2)
  53. B.2 (3.43)式の導出 / p98 (0054.jp2)
  54. B.3 (3.47)および(3.48)式の導出 / p98 (0054.jp2)
  55. B.4 △V(k)の導出 / p98 (0054.jp2)
  56. 付録C 第4章の補足説明 / p100 (0055.jp2)
  57. C.1 (4.34),(4.35)式の導出 / p100 (0055.jp2)
  58. C.2 誤差方程式の誘導 / p101 (0055.jp2)
  59. C.3 (4.45)式の導出 / p101 (0055.jp2)
  60. 付録D 第5章の補足説明 / p103 (0056.jp2)
  61. D.1 補題5.1の証明 / p103 (0056.jp2)
  62. D.2 誤差方程式の誘導 / p103 (0056.jp2)
  63. D.3 (5.58)式の導出 / p104 (0057.jp2)
  64. 付録E 第7章の補足説明 / p105 (0057.jp2)
  65. E.1 k<k₀のときの△V₁(k),△V₂e(k),△V₂xu(k)の導出 / p105 (0057.jp2)
  66. 謝辞 / p106 (0058.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186750
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187033
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351064
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ