コメットアッセイを化学物質の発癌性予測に用いるための試験方法の確立に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 宮前, 陽一 ミヤマエ, ヨウイチ

書誌事項

タイトル

コメットアッセイを化学物質の発癌性予測に用いるための試験方法の確立に関する研究

著者名

宮前, 陽一

著者別名

ミヤマエ, ヨウイチ

学位授与大学

大阪府立大学

取得学位

博士 (獣医学)

学位授与番号

乙第1004号

学位授与年月日

2000-03-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 略号 / p4 (0006.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0007.jp2)
  4. 第1章 既知変異原/癌原物質を用いた試験原理の検証 / p5 (0011.jp2)
  5. 1.1.小序 / p5 (0011.jp2)
  6. 1.2.材料および方法 / p6 (0012.jp2)
  7. 1.3.結果 / p9 (0015.jp2)
  8. 1.4.考察 / p10 (0016.jp2)
  9. 1.5.小括 / p12 (0018.jp2)
  10. 第2章 DNA損傷作用の経時的変化 / p13 (0019.jp2)
  11. 2.1.小序 / p13 (0019.jp2)
  12. 2.2.材料および方法 / p14 (0020.jp2)
  13. 2.3.結果 / p16 (0022.jp2)
  14. 2.4.考察 / p17 (0023.jp2)
  15. 2.5.小括 / p19 (0025.jp2)
  16. 第3章 マウスの各種臓器を用いるin vivoコメットアッセイの確立 / p20 (0026.jp2)
  17. 3.1.小序 / p20 (0026.jp2)
  18. 3.2.材料および方法 / p21 (0027.jp2)
  19. 3.3.結果 / p24 (0030.jp2)
  20. 3.4.考察 / p27 (0033.jp2)
  21. 3.5.小括 / p30 (0036.jp2)
  22. 第4章 マウスの各種臓器を用いるin vivoコメットアッセイによるN-ニトロソ化合物の変異原性評価 / p31 (0037.jp2)
  23. 4.1.小序 / p31 (0037.jp2)
  24. 4.2.材料および方法 / p32 (0038.jp2)
  25. 4.3.結果 / p34 (0040.jp2)
  26. 4.4.考察 / p35 (0041.jp2)
  27. 5.5.小括 / p37 (0043.jp2)
  28. 要約および結論 / p38 (0044.jp2)
  29. 謝辞 / p39 (0045.jp2)
  30. 文献 / p40 (0046.jp2)
  31. 図表 / p48 (0054.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186760
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187043
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351074
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ