現代日本語における「-は」「-が」の意味と機能 : 「-は」「-が」の意味と機能に関する構文論的研究

この論文をさがす

著者

    • 淺山, 友貴 アサヤマ, ユキ

書誌事項

タイトル

現代日本語における「-は」「-が」の意味と機能 : 「-は」「-が」の意味と機能に関する構文論的研究

著者名

淺山, 友貴

著者別名

アサヤマ, ユキ

学位授与大学

東京外国語大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第15号

学位授与年月日

1999-12-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0005.jp2)
  2. 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 0、1 本稿の目的 / p1 (0008.jp2)
  4. 0、2 研究の動機 / p1 (0008.jp2)
  5. 0、3 先行研究と残された謀題 / p3 (0009.jp2)
  6. 0、4 本稿の立場 / p3 (0009.jp2)
  7. 0、5 方法と手順 / p4 (0009.jp2)
  8. 0、6 本稿の構成 / p5 (0010.jp2)
  9. 第1章 研究史 / p7 (0011.jp2)
  10. 1、0 はじめに / p7 (0011.jp2)
  11. 1、1 明治以前の研究 / p9 (0012.jp2)
  12. 1、2 明治初期の研究 / p12 (0013.jp2)
  13. 1、3 「は」の機能の特立 / p14 (0014.jp2)
  14. 1、4 文の類型と「は」「が」 / p17 (0016.jp2)
  15. 1、5 主語および「は」「が」の位置づけを巡って / p21 (0018.jp2)
  16. 1、6 「主語論争」 / p26 (0020.jp2)
  17. 1、7 「主語」肯定論の展開 一階層構造の否定ヘ / p32 (0023.jp2)
  18. 1、8、「主語」肯定論の展開―言語類型論的な視点から / p40 (0027.jp2)
  19. 1、9 まとめ / p48 (0031.jp2)
  20. 第2章 「主題」「主語」「主格」と「は」「が」 / p51 (0033.jp2)
  21. 2、0 本章の目的 / p51 (0033.jp2)
  22. 2、1 「主題」「主語」幾つかの概念の日本語における曖昧性 / p52 (0033.jp2)
  23. 2、2 常に「は」を「主題」と固定する規定における問題点 / p57 (0036.jp2)
  24. 2、3 「は」と文法機能―「は」が文法レベルの機能を担う例 / p68 (0041.jp2)
  25. 2、4 「は」が積極的に「主格」を提示する例 / p71 (0043.jp2)
  26. 2、5 「主格」としての「は」「が」―その接点としての「主語」 / p76 (0045.jp2)
  27. 第3章 「は」と「が」の対立に関する仮説 / p86 (0050.jp2)
  28. 3、0 本章の目的 / p86 (0050.jp2)
  29. 3、1 二つの仮説 / p87 (0051.jp2)
  30. 3、2 仮説(1)が必要となる根拠 / p90 (0052.jp2)
  31. 3、3 仮説(2)が必要となる根拠1―中立的な主語とそうでない主語 / p93 (0054.jp2)
  32. 3、4 仮説(2)が必要となる根拠2―情報構造の分析との関係 / p98 (0056.jp2)
  33. 3、5 仮説(2)の実質的な内容―空間認識的なモデル / p101 (0058.jp2)
  34. 3、6 本稿の仮説(仮説(1)(2))のまとめ / p110 (0062.jp2)
  35. 第4章 名詞文 / p112 (0063.jp2)
  36. 4、1 名詞文における「は」「が」の現われ方 / p112 (0063.jp2)
  37. 4、2 仮説(2)―1の論証 / p114 (0064.jp2)
  38. 4、3、仮説(2)―2の論証 / p129 (0072.jp2)
  39. 第5章 形容詞文 / p131 (0073.jp2)
  40. 5、1 形容詞文における「は」「が」の現われ方 / p132 (0073.jp2)
  41. 5、2、仮説(2)―1の論証 / p133 (0074.jp2)
  42. 5、3、仮説(2)―2の論証 / p163 (0089.jp2)
  43. 第6章 自動詞文 / p182 (0098.jp2)
  44. 6、1 自動詞文における「は」「が」の現われ方 / p189 (0102.jp2)
  45. 6、2 仮説(2)―1の論証 / p190 (0102.jp2)
  46. 6、3、仮説(2)―2の論証 / p207 (0111.jp2)
  47. 第7章 他動詞文 / p224 (0119.jp2)
  48. 7、1 他動詞文における「は」「が」の現われ方 / p224 (0119.jp2)
  49. 7、2 仮説(2)―1の論証 / p226 (0120.jp2)
  50. 7、3 仮説(2)―2の論証 / p242 (0128.jp2)
  51. 第8章 結論 / p254 (0134.jp2)
  52. 8、1 結論 / p254 (0134.jp2)
  53. 8、2 今後の課題 / p261 (0138.jp2)
  54. 注 / p263 (0139.jp2)
  55. 付録 / p270 (0142.jp2)
  56. 参考資料1 形容詞述語文における「は」「が」の使用状況1「美しい」の例(373例) / p270 (0142.jp2)
  57. 参考資料2 形容詞述語文における「は」「が」の使用状況2「きれい」の例(150例) / p271 (0143.jp2)
  58. 参考資料3 動詞述語文における「は」「が」の使用状況3「主語の人称」別による分布状況(3000例) / p272 (0143.jp2)
  59. 参考資料4 動詞述語文における「は」「が」の使用状況4「作品」別による主語の分布状況(3000例) / p274 (0144.jp2)
  60. 参考文献 / p276 (0145.jp2)
  61. 例文出典 / p283 (0149.jp2)
  62. 和文要旨 / p1 (0150.jp2)
  63. 英文要旨 / (0153.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186770
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187053
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351084
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ