Truncated CBP protein leads to classical Rubinstein-taybi syndrome phenotypes in mice: Implication for a dominant negative mechanism 切断されたCBP蛋白を待つマウスRubinstein-Taybi症候群の症状を示すドミナントネガティブ作用の発症への関与の可能性

この論文をさがす

著者

    • 尾池, 雄一 オイケ, ユウイチ

書誌事項

タイトル

Truncated CBP protein leads to classical Rubinstein-taybi syndrome phenotypes in mice: Implication for a dominant negative mechanism

タイトル別名

切断されたCBP蛋白を待つマウスRubinstein-Taybi症候群の症状を示すドミナントネガティブ作用の発症への関与の可能性

著者名

尾池, 雄一

著者別名

オイケ, ユウイチ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1197号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186932
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187215
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351246
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ