日本近代文芸作家における愛の自覚

この論文をさがす

著者

    • 劉, 立善 リュウ, リツゼン

書誌事項

タイトル

日本近代文芸作家における愛の自覚

著者名

劉, 立善

著者別名

リュウ, リツゼン

学位授与大学

安田女子大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第6号

学位授与年月日

2000-03-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0012.jp2)
  2. 序言 / p1 (0005.jp2)
  3. 凡例 / p7 (0011.jp2)
  4. 第一章 森鷗外の文学における愛と個人主義 / p7 (0018.jp2)
  5. 第一節 『舞姫』における愛の破綻 / p7 (0018.jp2)
  6. 一 西洋文化の衝撃による自我の覚醒 / p7 (0018.jp2)
  7. 二 豊太郎の愛の発露 / p9 (0020.jp2)
  8. 三 愛と功名との格闘 / p11 (0022.jp2)
  9. 四 懺悔録としての『舞姫』 / p13 (0024.jp2)
  10. 第二節 『うたかたの記』に現れる愛の諸相 / p19 (0030.jp2)
  11. 一 芸術に対する愛の役割 / p20 (0031.jp2)
  12. 二 偶然の再会の狂喜 / p27 (0038.jp2)
  13. 三 運命による愛の挫折 / p30 (0041.jp2)
  14. 第三節 『文づかひ』における知性と愛 / p33 (0044.jp2)
  15. 一 愛に対するイゝダの冷静さの意味 / p34 (0045.jp2)
  16. 二 愛の傍観者としての小林の役割 / p43 (0054.jp2)
  17. 第四節 『青年』における愛と「利他的個人主義」 / p49 (0060.jp2)
  18. 一 個人主義とイブセン / p50 (0061.jp2)
  19. 二 利己的個人主義の本質 / p55 (0066.jp2)
  20. 三 「利他的個人主義」の積極的意義 / p60 (0071.jp2)
  21. 第五節 『青年』における愛と反自然主義 / p69 (0080.jp2)
  22. 一 理想に対する鷗外の憧憬 / p70 (0081.jp2)
  23. 二 性欲・愛と自然主義 / p79 (0090.jp2)
  24. 第六節 『雁』における「偶然」と愛 / p87 (0098.jp2)
  25. 一 不幸な女性の自己犠牲と醒覚 / p88 (0099.jp2)
  26. 二 「偶然」による愛の発生と発展 / p92 (0103.jp2)
  27. 三 運命による愛の破綻 / p98 (0109.jp2)
  28. 第二章 二葉亭四迷における愛と家庭 / p104 (0115.jp2)
  29. 第一節 『浮雲』と日本の近代的な恋愛 / p104 (0115.jp2)
  30. 一 官僚機構に対する批判 / p105 (0116.jp2)
  31. 二 勢利と気質による愛の縺れ / p111 (0122.jp2)
  32. 第二節 『其面影』における愛と金銭 / p118 (0129.jp2)
  33. 一 金銭に歪められた人間性 / p119 (0130.jp2)
  34. 二 愛の芽生えと発展の背景 / p122 (0133.jp2)
  35. 三 愛の破局の軌跡 / p128 (0139.jp2)
  36. 四 正宗白鳥の『破調平調』と『其面影』との比較 / p131 (0142.jp2)
  37. 五 『其面影』に現れた二葉亭の文学理念 / p133 (0144.jp2)
  38. 第三章 夏目漱石の文学における個の確率と愛の葛藤 / p139 (0150.jp2)
  39. 第一節 『それから』における愛と「自然」 / p139 (0150.jp2)
  40. 一 恋愛と友愛との葛藤 / p140 (0151.jp2)
  41. 二 「自然」による愛の覚醒 / p144 (0155.jp2)
  42. 三 精神的な愛に対する金銭の役割 / p151 (0162.jp2)
  43. 第二節 『門』における愛と「罪」 / p161 (0172.jp2)
  44. 一 愛の発端と発展 / p161 (0172.jp2)
  45. 二 「罪」に耐える夫婦の愛 / p167 (0178.jp2)
  46. 三 安井の存在と宗助の参禅 / p176 (0187.jp2)
  47. 第四章 武者小路実篤の文学における自己の確率 / p182 (0193.jp2)
  48. 第一節 『その妹』における「自己犠牲」の限界 / p182 (0193.jp2)
  49. 一 『その妹』と反戦思想 / p183 (0194.jp2)
  50. 二 自由意志にかけた外部的圧力 / p187 (0198.jp2)
  51. 三 西島の「自己犠牲」の限界 / p191 (0202.jp2)
  52. 四 静子の「自己犠牲」の本質 / p195 (0206.jp2)
  53. 五 『その妹』とトルストイの『生ける屍』と山本有三の『津村教授』との比較 / p199 (0210.jp2)
  54. 第二節 『友情』における女性の「自立」 / p212 (0223.jp2)
  55. 一 「自立」を貫く杉子と片恋の野島 / p213 (0224.jp2)
  56. 二 奪い合いによる愛の成立 / p219 (0230.jp2)
  57. 三 愛における調和と「罪」の欠落 / p227 (0238.jp2)
  58. 第五章 志賀直哉の文学における自我と調和 / p236 (0247.jp2)
  59. 第一節 父との『和解』への到達 / p236 (0247.jp2)
  60. 一 不和の縁由と自我至上による「和解」の難渋 / p236 (0247.jp2)
  61. 二 「和解」への到達 / p245 (0256.jp2)
  62. 第二節 『暗夜行路』における自我の克服 / p256 (0267.jp2)
  63. 一 母親の過失に対する父親の偽善 / p257 (0268.jp2)
  64. 二 運命が謙作へ与えた仕打ち / p261 (0272.jp2)
  65. 三 懺悔に対する志賀の立場 / p269 (0280.jp2)
  66. 四 自然との融和 / p274 (0285.jp2)
  67. 第6章 有島武郞の文学における愛の悲劇の軌跡 / p280 (0291.jp2)
  68. 第一節 翻訳童話『真夏の頃』についての考察 / p280 (0291.jp2)
  69. 一 『真夏の頃』という題名の正誤 / p281 (0292.jp2)
  70. 二 『真夏の頃』の底本の問題 / p282 (0293.jp2)
  71. 三 『真夏の頃』に潜む作者の理想 / p284 (0295.jp2)
  72. 四 『真夏の頃』に対する有島の共鳴 / p288 (0299.jp2)
  73. 第二節 『宣言』の悲劇 / p291 (0302.jp2)
  74. 一 『宣言』と『アグラヴエヌとセリセット』との関連 / p291 (0302.jp2)
  75. 二 恋愛と友愛との相剋 / p296 (0307.jp2)
  76. 三 愛と自滅に現れた有島の主張 / p304 (0315.jp2)
  77. 第三節 『カインの末裔』における人間愛と人物造形 ―長塚節の『土』と『カインの末裔』との比較― / p307 (0318.jp2)
  78. 一 農民文学の先駆『良人の自白』 / p307 (0318.jp2)
  79. 二 『土』に現れた人間愛 / p309 (0320.jp2)
  80. 三 『カインの末裔』と『土』における人間愛の相違 / p313 (0324.jp2)
  81. 四 むすび / p320 (0331.jp2)
  82. 第四節 『石にひしがれた雑草』における愛の行く末 / p323 (0334.jp2)
  83. 一 『石にひしがれた雑草』の題材の由来 / p325 (0336.jp2)
  84. 二 「娼婦型」のM子の性向 / p326 (0337.jp2)
  85. 三 復讐に現れたAの策略とその苦しみ / p331 (0342.jp2)
  86. 四 「石」と「雑草」との意味 / p338 (0349.jp2)
  87. 第五節 『或る女』の自我意識 / p340 (0351.jp2)
  88. 一 覚醒しかける女性―葉子 / p340 (0351.jp2)
  89. 二 葉子の性格及びその男性観 / p342 (0353.jp2)
  90. 三 葉子とキリスト教 / p344 (0355.jp2)
  91. 四 男女の関係における女性の地位 / p349 (0360.jp2)
  92. 五 葉子の愛の破綻と懺悔拒否 / p355 (0366.jp2)
  93. 六 むすび / p361 (0372.jp2)
  94. 第六節 『惜みなく愛は奪ふ』における愛の本質 / p362 (0373.jp2)
  95. 一 反キリスト教の思想 / p364 (0375.jp2)
  96. 二 有島流の三つの「内部生活」 / p369 (0380.jp2)
  97. 三 有島流の愛の哲学 / p374 (0385.jp2)
  98. 四 『惜みなく愛は奪ふ』の局限及びその時代的意義 / p378 (0389.jp2)
  99. 引用研究文献索引 / p382 (0393.jp2)
  100. 主要参考文献 / p392 (0403.jp2)
  101. 跋 / p397 (0408.jp2)
51アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186983
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187266
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351297
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ