脳機能改善薬を指向した光学活性フィゾスチグミンの新規簡易合成法の開発研究

この論文をさがす

著者

    • 川原, 倫明 カワハラ, ミチアキ

書誌事項

タイトル

脳機能改善薬を指向した光学活性フィゾスチグミンの新規簡易合成法の開発研究

著者名

川原, 倫明

著者別名

カワハラ, ミチアキ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第1758号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 序論 / p2 (0005.jp2)
  3. 本論 / p16 (0019.jp2)
  4. 第1章 トリプタミン誘導体のアルキル化・環化反応とphysostigmine(±-1)の形式合成 / p16 (0019.jp2)
  5. 第1節 トリプタミンカルバメートと種々のメチル化剤との反応 / p16 (0019.jp2)
  6. 第1項 アルキル化・環化反応 / p16 (0019.jp2)
  7. 第2項 Methylthiomethyl chloride(MTMCl)による環化反応 / p17 (0020.jp2)
  8. 第3項 Corey-Kim試薬を用いる環化反応 / p18 (0021.jp2)
  9. 第2節 Physostigmine(±-1)の形式合成 / p20 (0023.jp2)
  10. 第1項 (±)-Desoxyeseroline及び(±)-esermetholeの合成 / p20 (0023.jp2)
  11. 第2章 光学活性Physostigmineの形式合成 / p25 (0028.jp2)
  12. 第1節 光学活性Corey-Kimタイプの試薬の調製と反応 / p25 (0028.jp2)
  13. 第1項 光学活性なスルフィドを用いる反応 / p25 (0028.jp2)
  14. 第2項 光学活性なクロロ化試薬を用いる反応 / p26 (0029.jp2)
  15. 第2節 不斉補助基の利用 / p26 (0029.jp2)
  16. 第3節 トリプトファン誘導体を用いるアルキル化・環化反応と光学活性physostigmineの形式合成 / p27 (0030.jp2)
  17. 第1項 アルキル化・環化反応 / p27 (0030.jp2)
  18. 第2項 光学活性desoxyeserolineの合成 / p29 (0032.jp2)
  19. 第3章 Skatole誘導体とAziridine誘導体によるhexahydropyrrolo[2,3-b]indoleの構築 / p31 (0034.jp2)
  20. 序節 / p31 (0034.jp2)
  21. 第1節 ルイス酸存在下における環化反応 / p32 (0035.jp2)
  22. 第2節 立体選択的環化反応の検討 / p35 (0038.jp2)
  23. 第1項 ジアステレオ選択的環化反応 / p35 (0038.jp2)
  24. 第2項 エナンチオ選択的環化反応 / p36 (0039.jp2)
  25. 結語 / p38 (0041.jp2)
  26. 実験の部 / p40 (0043.jp2)
  27. 第1章に関する実験 / p41 (0044.jp2)
  28. 第2章に関する実験 / p51 (0054.jp2)
  29. 第3章に関する実験 / p72 (0075.jp2)
  30. 参考文献 / p77 (0080.jp2)
  31. 謝辞 / p81 (0084.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187047
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187330
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351361
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ