King,I.M.の目標達成理論の検証 : 患者との相互行為における看護婦・士の目標達成度と満足度の関連検証を通して

この論文をさがす

著者

    • 亀岡, 智美 カメオカ, トモミ

書誌事項

タイトル

King,I.M.の目標達成理論の検証 : 患者との相互行為における看護婦・士の目標達成度と満足度の関連検証を通して

著者名

亀岡, 智美

著者別名

カメオカ, トモミ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

博士 (看護学)

学位授与番号

甲第1766号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 博士論文要旨 / (0003.jp2)
  2. -目次- / p1 (0004.jp2)
  3. 序章 / p1 (0011.jp2)
  4. 第1節 緒言 / p1 (0011.jp2)
  5. 第2節 研究目的と目標 / p4 (0014.jp2)
  6. 1.研究目的 / p4 (0014.jp2)
  7. 2.研究目標 / p4 (0014.jp2)
  8. 第1章 本研究の背景 / p5 (0015.jp2)
  9. 第1節 用語の概念規定 / p5 (0015.jp2)
  10. 第2節 文献検討 / p7 (0017.jp2)
  11. 1.理論の定義 / p7 (0017.jp2)
  12. 2.看護学の知識体系における目標達成理論の位置づけ / p9 (0019.jp2)
  13. 3.対象範囲からみた目標達成理論の種類 / p10 (0021.jp2)
  14. 4.理論検証の定義及び目標達成理論の検証に有効な方法 / p11 (0022.jp2)
  15. 5.目標達成理論に関する検証の現状と課題 / p14 (0026.jp2)
  16. 6.患者との相互行為における看護婦・士の目標達成度と満足度に関する測定用具 / p28 (0040.jp2)
  17. 7.患者との相互行為における目標達成度と満足度の両者に共通して関係する可能性がある看護婦・士の特性に関する変数 / p33 (0045.jp2)
  18. 第3節 理論的枠組み / p40 (0052.jp2)
  19. 1.理論的枠組み / p40 (0052.jp2)
  20. 2.仮説 / p43 (0056.jp2)
  21. 3.用語の操作的定義 / p43 (0056.jp2)
  22. 第2章 研究方法 / p46 (0059.jp2)
  23. 第1節 測定用具 / p46 (0059.jp2)
  24. 1.患者との相互行為における看護婦・士の目標達成度を測定するためのNPGA / p46 (0059.jp2)
  25. 2.患者との相互行為における看護婦・士の満足度を測定するためのNJSS-J / p46 (0059.jp2)
  26. 3.看護婦・士の特性を測定するための対象特性調査紙 / p48 (0061.jp2)
  27. 第2節 標本抽出 / p50 (0063.jp2)
  28. 1.母集団 / p50 (0063.jp2)
  29. 2.標本選択の基準 / p50 (0063.jp2)
  30. 3.標本抽出方法 / p50 (0063.jp2)
  31. 第3節 データ収集 / p51 (0064.jp2)
  32. 1.データ収集方法 / p51 (0064.jp2)
  33. 2.データ収集期間 / p51 (0064.jp2)
  34. 3.データ収集のための手続 / p51 (0064.jp2)
  35. 第4節 データ分析 / p52 (0065.jp2)
  36. 第3章 研究結果 / p53 (0067.jp2)
  37. 第1節 対象の特性 / p53 (0067.jp2)
  38. 第2節 患者との相互行為における看護婦・士の目標達成度と満足度 / p54 (0069.jp2)
  39. 1.患者との相互行為における看護婦・士の目標達成度 / p54 (0069.jp2)
  40. 2.患者との相互行為における看護婦・士の満足度 / p54 (0069.jp2)
  41. 3.患者との相互行為における看護婦・士の目標達成度と満足度 / p54 (0069.jp2)
  42. 第3節 患者との相互行為における目標達成度と満足度の両者と<個人としての成長・発達> / p55 (0073.jp2)
  43. 1.年齢 / p55 (0073.jp2)
  44. 2.婚姻状況 / p55 (0073.jp2)
  45. 3.家族への責任状況 / p55 (0073.jp2)
  46. 4.収入 / p56 (0075.jp2)
  47. 第4節 患者との相互行為における目標達成度と満足度の両者と<看護婦・士としての教育背景> / p56 (0075.jp2)
  48. 1.卒業した看護基礎教育課程 / p56 (0075.jp2)
  49. 2.研究指導者の有無 / p56 (0075.jp2)
  50. 3.院内研修受講経験 / p57 (0077.jp2)
  51. 4.院外研修受講経験 / p57 (0077.jp2)
  52. 5.看護関係の学会所属状況 / p57 (0077.jp2)
  53. 6.臨床において個別指導を受けた経験 / p58 (0080.jp2)
  54. 第5節 患者との相互行為における目標達成度と満足度の両者と<看護職に対する価値づけ・動機づけ> / p58 (0080.jp2)
  55. 1.仕事に対する価値観 / p58 (0080.jp2)
  56. 2.仕事に対する価値づけの程度 / p58 (0080.jp2)
  57. 3.職業選択の動機 / p59 (0083.jp2)
  58. 4.就業理由 / p60 (0085.jp2)
  59. 第6節 患者との相互行為における目標達成度と満足度の両者と<職業継続> / p60 (0085.jp2)
  60. 1.職業継続意志 / p60 (0085.jp2)
  61. 2.所属病院における勤務継続意志 / p61 (0088.jp2)
  62. 第7節 患者との相互行為における目標達成度と満足度の両者と<看護職としての目標> / p62 (0090.jp2)
  63. 1.将来の希望 / p62 (0090.jp2)
  64. 2.ロールモデルの有無 / p62 (0090.jp2)
  65. 第8節 患者との相互行為における目標達成度と満足度の両者と<看護職としての経験> / p62 (0090.jp2)
  66. 1.臨床経験年数 / p62 (0090.jp2)
  67. 2.看護学実習指導経験 / p63 (0092.jp2)
  68. 第9節 患者との相互行為における目標達成度と満足度の両者と<所属病院・病棟の状況> / p63 (0092.jp2)
  69. 1.所属病院の所在地 / p63 (0092.jp2)
  70. 2.所属病棟の種類 / p64 (0095.jp2)
  71. 3.所属病棟の看護方式 / p64 (0095.jp2)
  72. 4.通勤距離 / p64 (0095.jp2)
  73. 第10節 患者との相互行為における目標達成度と満足度の両者と<所属病棟に対する知覚> / p65 (0098.jp2)
  74. 1.所属病棟に対する満足感 / p65 (0098.jp2)
  75. 2.所属病棟の適性に対する認識 / p65 (0098.jp2)
  76. 第11節 患者との相互行為における目標達成度と満足度の両者と<勤務状況> / p66 (0100.jp2)
  77. 1.勤務形態 / p66 (0100.jp2)
  78. 2.夜勤回数 / p66 (0100.jp2)
  79. 第4章 考察 / p68 (0103.jp2)
  80. 第1節 命題「看護婦・士-患者相互行為において目標が達成されるならば、両者の間に満足感が得られる」の経験的妥当性 / p68 (0103.jp2)
  81. 1.本研究におけるデータの適切性 / p69 (0104.jp2)
  82. 2.本研究の仮説の検証と仮説を導き出した目標達成理論の命題の経験的妥当性 / p72 (0107.jp2)
  83. 第2節 患者との相互行為における目標達成度と満足度の両者と看護婦・士の特性に関する理論の発展に向けた研究課題 / p74 (0109.jp2)
  84. 1.患者との相互行為における目標達成度と満足度の両者と年齢、家族に対する責任状況、収入、臨床経験年数、看護学実習指導経験 / p76 (0111.jp2)
  85. 2.患者との相互行為における目標達成度と満足度の両者と仕事に対する価値づけの程度、職業選択の動機、就業理由、職業継続意志 / p79 (0114.jp2)
  86. 3.患者との相互行為における目標達成度と満足度の両者と院外研修受講経験、ロールモデルの有無 / p82 (0117.jp2)
  87. 4.患者との相互行為における目標達成度と満足度の両者と仕事に対する価値観、所属病院における勤務継続意志、所属病棟に対する満足感、所属病棟の適性に対する認識 / p84 (0119.jp2)
  88. 終章 / p88 (0123.jp2)
  89. 第1節 結論 / p88 (0123.jp2)
  90. 第2節 今後の課題 / p90 (0125.jp2)
  91. 謝辞 / p91 (0126.jp2)
  92. 引用文献 / p92 (0127.jp2)
  93. 付録 / (0149.jp2)
  94. 資料1 King,I.M.の目標達成理論に関する文献一覧 / (0148.jp2)
  95. 資料2 測定用具 / (0156.jp2)
  96. 資料3 依頼状 / (0168.jp2)
  97. 資料4 コード表 / (0172.jp2)
  98. 資料5 Nursing Job Satisfaction Scaleの使用許可 / (0180.jp2)
17アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187055
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187338
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351369
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ