超高圧電力ケーブルの高性能化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 渡辺, 和夫 ワタナベ, カズオ

書誌事項

タイトル

超高圧電力ケーブルの高性能化に関する研究

著者名

渡辺, 和夫

著者別名

ワタナベ, カズオ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1819号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景及び目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 本研究の概要 / p19 (0017.jp2)
  5. 参考文献 / p23 (0019.jp2)
  6. 第2章 第一種完全楕円積分とJacobi楕円関数の電力ケーブル問題への応用 / p24 (0019.jp2)
  7. 2.1 まえがき / p24 (0019.jp2)
  8. 2.2 第一種完全楕円積分とJacobi楕円関数を用いた等角写像の概要 / p28 (0021.jp2)
  9. 2.3 CVケーブル熱抵抗計算への応用 / p31 (0023.jp2)
  10. 2.4 直埋ケーブルと併設された帯状発熱体の土壌熱抵抗計算への応用 / p40 (0027.jp2)
  11. 2.5 矩形トラフの熱抵抗計算式に関する考察-変分法による上下界問題としての解釈- / p47 (0031.jp2)
  12. 2.6 CVケーブル押出外部半導電層の抵抗率の新しい測定法への応用 / p52 (0033.jp2)
  13. 2.7 扇形CVケーブル押出外部半導電層抵抗率の新しい測定法 / p66 (0040.jp2)
  14. 2.8 金属ラミネート遮水シースの透湿係数計算への応用 / p70 (0042.jp2)
  15. 2.9 今後の展開 / p78 (0046.jp2)
  16. 2.10 あとがき / p91 (0053.jp2)
  17. 参考文献 / p93 (0054.jp2)
  18. 第3章 ±250kV直流CVケーブルの開発 / p96 (0055.jp2)
  19. まえがき / p96 (0055.jp2)
  20. 3.1 XLPEケーブルの活線下での空間電荷挙動 / p96 (0055.jp2)
  21. 3.3 直流CVケーブル用絶縁材料の開発 / p109 (0062.jp2)
  22. 3.4 ±250kV直流CVケーブル及び同径接続部の開発 / p127 (0071.jp2)
  23. 3.5 ±250kV直流CVケーブル及び同径接続部の長期実証試験 / p135 (0075.jp2)
  24. 3.6 ±250kV直流CVケーブルにおける空間電荷挙動の測定 / p142 (0078.jp2)
  25. 3.7 設計定数についての考察 / p147 (0081.jp2)
  26. 3.8 あとがき / p148 (0081.jp2)
  27. 参考文献 / p150 (0082.jp2)
  28. 第4章 直流用SF6ガス中終端接続部の沿面閃絡特性の基礎研究 / p152 (0083.jp2)
  29. 4.1 まえがき / p152 (0083.jp2)
  30. 4.2 研究のアプローチ / p152 (0083.jp2)
  31. 4.3 金属異物の浮上電界評価実験 / p161 (0088.jp2)
  32. 4.4 直流電圧課電下における金属異物の挙動 / p164 (0089.jp2)
  33. 4.5 直流電圧課電下での帯電現象 / p169 (0092.jp2)
  34. 4.6 ブッシング表面帯電時の電位分布解析 / p179 (0097.jp2)
  35. 4.7 沿面閃絡現象発生過程の推定 / p184 (0099.jp2)
  36. 4.8 沿面閃絡発生過程の検証 / p187 (0101.jp2)
  37. 4.9 あとがき / p190 (0102.jp2)
  38. 参考文献 / p195 (0105.jp2)
  39. 第5章 光ファイバ分布型温度センサによるケーブル故障点標定方法の開発 / p196 (0105.jp2)
  40. 5.1 まえがき / p196 (0105.jp2)
  41. 5.2 分布型温度センサと光複合ケーブル / p197 (0106.jp2)
  42. 5.3 中間接続部への適用の可能性 / p199 (0107.jp2)
  43. 5.4 中間接続部の故障点検出実証試験 / p211 (0113.jp2)
  44. 5.5 中間接続部のオフセット部の熱機械性能検証 / p216 (0115.jp2)
  45. 5.6 多回線対応型故障点標定システムの開発 / p219 (0117.jp2)
  46. 5.7 あとがき / p226 (0120.jp2)
  47. 参考文献 / p228 (0121.jp2)
  48. 第6章 超高圧CVケーブル線路の部分放電測定 / p229 (0122.jp2)
  49. 6.1 まえがき / p229 (0122.jp2)
  50. 6.2 測定原理 / p229 (0122.jp2)
  51. 6.3 ケーブル線路における部分放電信号伝搬経路 / p232 (0123.jp2)
  52. 6.4 電荷校正方法 / p245 (0130.jp2)
  53. 6.5 測定システム / p247 (0131.jp2)
  54. 6.6 測定実施例 / p250 (0132.jp2)
  55. 6.7 電荷校正法の改良 / p254 (0134.jp2)
  56. 6.8 ボイド放電群小化を考慮した測定方法 / p271 (0143.jp2)
  57. 6.9 部分放電自動判別装置の開発 / p277 (0146.jp2)
  58. 6.10 あとがき / p301 (0158.jp2)
  59. 参考文献 / p302 (0158.jp2)
  60. 第7章 結論 / p304 (0159.jp2)
  61. 謝辞 / p309 (0162.jp2)
  62. 研究業績 / p311 (0163.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187108
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187391
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351422
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ