分子動力学法を用いた単結晶純鉄の機械的特性に関する解析的研究

この論文をさがす

著者

    • 人見, 尚 ヒトミ, タカシ

書誌事項

タイトル

分子動力学法を用いた単結晶純鉄の機械的特性に関する解析的研究

著者名

人見, 尚

著者別名

ヒトミ, タカシ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1824号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 本研究に至る背景 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 解析の必要性 / p4 (0007.jp2)
  5. 1.3 マクロからミクロへ / p6 (0008.jp2)
  6. 1.4 既出研究 / p8 (0009.jp2)
  7. 1.5 本研究の目的 / p10 (0010.jp2)
  8. 1.6 本論文の構成 / p12 (0011.jp2)
  9. 参考文献 / p13 (0011.jp2)
  10. 第2章 分子動力学法 / p15 (0012.jp2)
  11. 2.1 分子動力学法の原理 / p15 (0012.jp2)
  12. 2.2 運動方程式 / p17 (0013.jp2)
  13. 2.3 解析力学 / p19 (0014.jp2)
  14. 2.4 差分法による数値解法と速度制御法 / p23 (0016.jp2)
  15. 2.5 原子間に働く力 / p24 (0017.jp2)
  16. 2.6 材料の結晶表現 / p33 (0021.jp2)
  17. 2.7 境界条件 / p38 (0024.jp2)
  18. 2.8 Parrinello-Rahman法 / p42 (0026.jp2)
  19. 2.9 物性値を求める / p47 (0028.jp2)
  20. 2.10 Bornによる弾性定数の導出 / p49 (0029.jp2)
  21. 2.11 弾性係数の測定法 / p52 (0031.jp2)
  22. 2.12 計算速度向上のための技法 / p53 (0031.jp2)
  23. 参考文献 / p55 (0032.jp2)
  24. 第3章 鉄の弾性域の解析 / p57 (0033.jp2)
  25. 3.1 緒言 / p57 (0033.jp2)
  26. 3.2 モデルの選定 / p58 (0034.jp2)
  27. 3.3 解析条件 / p60 (0035.jp2)
  28. 3.4 一軸引張試験解析結果 / p61 (0035.jp2)
  29. 3.5 直接法の検証 / p66 (0038.jp2)
  30. 3.6 多結晶鉄のヤング率 / p68 (0039.jp2)
  31. 3.7 結言 / p73 (0041.jp2)
  32. 参考文献 / p75 (0042.jp2)
  33. 第4章 鉄の塑性域の解析 / p77 (0043.jp2)
  34. 4.1 緒言 / p77 (0043.jp2)
  35. 4.2 ニッケル単結晶の引張-圧縮解析の追試 / p78 (0044.jp2)
  36. 4.3 単結晶純鉄の一軸引張試験解析 / p80 (0045.jp2)
  37. 4.4 ひずみに引き起こされる構造相転移 / p88 (0049.jp2)
  38. 4.5 結言 / p92 (0051.jp2)
  39. 参考文献 / p93 (0051.jp2)
  40. 第5章 鉄の斜方引張の解析 / p95 (0052.jp2)
  41. 5.1 緒言 / p95 (0052.jp2)
  42. 5.2 解析モデル / p96 (0053.jp2)
  43. 5.3 弾性域の結果 / p98 (0054.jp2)
  44. 5.4 塑性域の解析結果 / p99 (0054.jp2)
  45. 5.5 考察 / p106 (0058.jp2)
  46. 5.6 結言 / p114 (0062.jp2)
  47. 参考文献 / p115 (0062.jp2)
  48. 第6章 欠陥を含む鉄の解析 / p117 (0063.jp2)
  49. 6.1 緒言 / p117 (0063.jp2)
  50. 6.2 欠陥の定義 / p118 (0064.jp2)
  51. 6.3 解析概要 / p120 (0065.jp2)
  52. 6.4 塑性域での結果 / p122 (0066.jp2)
  53. 6.5 考察 / p134 (0072.jp2)
  54. 6.6 結言 / p135 (0072.jp2)
  55. 参考文献 / p137 (0073.jp2)
  56. 第7章 結論 / p139 (0074.jp2)
  57. 7.1 本研究のまとめ / p139 (0074.jp2)
  58. 7.2 今後の展望 / p143 (0076.jp2)
  59. 7.3 既出論文と口頭発表 / p145 (0077.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187113
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187396
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351427
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ