密度関数法による自由界面二相流解析に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 人見, 大輔 ヒトミ, ダイスケ

書誌事項

タイトル

密度関数法による自由界面二相流解析に関する研究

著者名

人見, 大輔

著者別名

ヒトミ, ダイスケ

学位授与大学

宇都宮大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第90号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0009.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的 / p2 (0010.jp2)
  5. 2 界面の計算モデル / p3 (0011.jp2)
  6. 2.1 緒言 / p3 (0011.jp2)
  7. 2.2 自由界面での境界条件 / p4 (0012.jp2)
  8. 2.3 MAC法 / p5 (0013.jp2)
  9. 2.4 高さ関数法 / p5 (0013.jp2)
  10. 2.5 密度関数法 / p5 (0013.jp2)
  11. 2.6 表面張力モデル / p17 (0025.jp2)
  12. 3 乱流モデル / p29 (0037.jp2)
  13. 3.1 緒言 / p29 (0037.jp2)
  14. 3.2 フィルタリング / p29 (0037.jp2)
  15. 3.3 ガリレイ不変性 / p30 (0038.jp2)
  16. 3.4 スマゴリンスキー渦粘性モデル / p32 (0040.jp2)
  17. 3.5 ダイナミックモデル / p34 (0042.jp2)
  18. 3.6 Lagrangianダイナミックモデル / p35 (0043.jp2)
  19. 4 離散化手法 / p37 (0045.jp2)
  20. 4.1 緒言 / p37 (0045.jp2)
  21. 4.2 基礎方程式 / p38 (0046.jp2)
  22. 4.3 対流項の差分スキーム / p38 (0046.jp2)
  23. 4.4 ポアソン方程式の高速解法 / p41 (0049.jp2)
  24. 5 VOF関数離散化手法の評価 / p44 (0052.jp2)
  25. 5.1 緒言 / p44 (0052.jp2)
  26. 5.2 検証問題 / p45 (0053.jp2)
  27. 5.3 表面張力場の問題 / p46 (0054.jp2)
  28. 5.4 結論 / p50 (0058.jp2)
  29. 6 Level Set 法による液滴の固有振動解析 / p61 (0069.jp2)
  30. 6.1 緒言 / p61 (0069.jp2)
  31. 6.2 支配方程式 / p62 (0070.jp2)
  32. 6.3 数値解法 / p63 (0071.jp2)
  33. 6.4 静的球状液滴問題 / p64 (0072.jp2)
  34. 6.5 液滴の固有振動解析 / p66 (0074.jp2)
  35. 6.6 結論 / p70 (0078.jp2)
  36. 7 自由界面二相乱流のLES / p97 (0105.jp2)
  37. 7.1 緒言 / p97 (0105.jp2)
  38. 7.2 基礎方程式 / p98 (0106.jp2)
  39. 7.3 広幅直線開水路単相乱流のLES / p99 (0107.jp2)
  40. 7.4 平行平板間気液二相乱流のLES / p101 (0109.jp2)
  41. 7.5 まとめ / p110 (0118.jp2)
  42. 8 結論 / p151 (0159.jp2)
  43. 8.1 結論 / p151 (0159.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187220
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187503
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351534
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ