窒化チタン複合改質膜による工具鋼の耐摩耗性向上に関する研究 : アルミニウム合金の無潤滑加工工具の性能向上を目標として

この論文をさがす

著者

    • 河村, 新吾 カワムラ, シンゴ

書誌事項

タイトル

窒化チタン複合改質膜による工具鋼の耐摩耗性向上に関する研究 : アルミニウム合金の無潤滑加工工具の性能向上を目標として

著者名

河村, 新吾

著者別名

カワムラ, シンゴ

学位授与大学

富山県立大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第9号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1・1 本研究の背景 / p1 (0005.jp2)
  4. 1・2 複合表面改質に関する従来の研究 / p5 (0007.jp2)
  5. 1・3 本研究の目的 / p10 (0010.jp2)
  6. 1・4 本論文の構成 / p12 (0011.jp2)
  7. 第2章 窒化チタン複合改質膜の作製および基本特性の評価 / p14 (0012.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p14 (0012.jp2)
  9. 2・2 窒化チタン複合改質膜の作製 / p14 (0012.jp2)
  10. 2・3 比較材 / p19 (0014.jp2)
  11. 2・4 窒化チタン複合改質膜の基本特性の評価 / p22 (0016.jp2)
  12. 2・5 結言 / p45 (0027.jp2)
  13. 第3章 実験室における改質面のトライボロジカルな評価 / p46 (0028.jp2)
  14. 3・1 緒言 / p46 (0028.jp2)
  15. 3・2 アルミニウム合金の無潤滑加工における金型・工具の改質面の損傷 / p46 (0028.jp2)
  16. 3・3 実験室における金型・工具の改質面のトライボロジカルな評価 / p47 (0028.jp2)
  17. 3・4 試験装置 / p51 (0030.jp2)
  18. 3・5 試験方法 / p54 (0032.jp2)
  19. 3・6 結言 / p56 (0033.jp2)
  20. 第4章 大気中におけるしゅう動試験(1)-低荷重・低速条件下でのしゅう動試験,複合改質膜による磨耗の低減- / p58 (0034.jp2)
  21. 4・1 緒言 / p58 (0034.jp2)
  22. 4・2 大気中におけるしゅう動条件と改質面の挙動 / p58 (0034.jp2)
  23. 4・3 低荷重・低速条件での摩耗領域における各改質材の性能評価 / p62 (0036.jp2)
  24. 4・4 考察 / p76 (0043.jp2)
  25. 4・5 結言 / p82 (0046.jp2)
  26. 第5章 大気中におけるしゅう動試験(2)-高荷重・低速条件下でのしゅう動試験,焼戻しによる複合改質膜の寿命向上- / p83 (0046.jp2)
  27. 5・1 緒言 / p83 (0046.jp2)
  28. 5・2 高荷重・低速条件での摩耗領域における複合改質材の性能評価 / p84 (0047.jp2)
  29. 5・3 CVD被覆材との性能比較 / p95 (0052.jp2)
  30. 5・4 考察 / p97 (0053.jp2)
  31. 5・5 結言 / p102 (0056.jp2)
  32. 第6章 窒素中におけるしゅう動試験 / p103 (0056.jp2)
  33. 6・1 緒言 / p103 (0056.jp2)
  34. 6・2 窒素中での性能評価 / p103 (0056.jp2)
  35. 6・3 考察 / p117 (0063.jp2)
  36. 6・4 結言 / p124 (0067.jp2)
  37. 第7章 考察-アルミニウム合金の無潤滑加工における金型・工具の損傷の再現,損傷のメカニズム,工具性能向上に必要とされる表面改質材の特性について- / p125 (0067.jp2)
  38. 7・1 緒言 / p125 (0067.jp2)
  39. 7・2 しゅう動試験に見られた被膜の3種類の損傷形態 / p125 (0067.jp2)
  40. 7・3 押出しダイスに見られる損傷との比較 / p126 (0068.jp2)
  41. 7・4 被膜の損傷の発生メカニズム,複合表面改質,焼戻しによる損傷の抑制 / p132 (0071.jp2)
  42. 7・5 アルミニウム合金の無潤滑加工に必要とされる表面改質材の特性 / p137 (0073.jp2)
  43. 7・6 複合改質膜の押出しダイスへの応用の可能性 / p138 (0074.jp2)
  44. 7・7 本試験法の表面改質材の性能評価法としての有用性 / p139 (0074.jp2)
  45. 第8章 結論 / p141 (0075.jp2)
  46. 8・1 結論 / p141 (0075.jp2)
  47. 8・2 今後の展望 / p143 (0076.jp2)
  48. 参考文献 / p146 (0078.jp2)
  49. 謝辞 / p152 (0081.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187229
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187512
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351543
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ