老化過程の一考察 : 社会活動とソーシャルサポートを中心として

この論文をさがす

著者

    • 平上, 二九三 ヒラガミ, フクミ

書誌事項

タイトル

老化過程の一考察 : 社会活動とソーシャルサポートを中心として

著者名

平上, 二九三

著者別名

ヒラガミ, フクミ

学位授与大学

吉備国際大学

取得学位

博士 (社会学)

学位授与番号

甲社第1号

学位授与年月日

2000-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 社会的老化研究の意義とその枠組 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1節 問題提起 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.研究意義 / p2 (0006.jp2)
  5. 2.老化理論 / p7 (0008.jp2)
  6. 3.老化過程の実証研究 / p15 (0012.jp2)
  7. 第2節 社会的老化 / p19 (0014.jp2)
  8. 第3節 分析枠組 / p28 (0019.jp2)
  9. 第4節 論文の構成 / p33 (0021.jp2)
  10. 第1章 老化理論の展開 / p38 (0024.jp2)
  11. 第1節 老化理論の展開 / p38 (0024.jp2)
  12. 1.老化理論の系譜 / p38 (0024.jp2)
  13. 2.活動理論と離脱理論の論争 / p42 (0026.jp2)
  14. 第2節 老化理論と老化過程 / p54 (0032.jp2)
  15. 1.老化過程研究の展開 / p54 (0032.jp2)
  16. 2.老年期社会化 / p57 (0033.jp2)
  17. 3.老化過程の発達と衰退 / p65 (0037.jp2)
  18. 4.社会活動とソーシャルサポート / p72 (0041.jp2)
  19. 第2章 老化過程の分析枠組 / p79 (0044.jp2)
  20. 第1節 社会活動とソーシャルサポート研究の概観 / p79 (0044.jp2)
  21. 1.社会活動研究の動向 / p79 (0044.jp2)
  22. 2.社会活動と指標 / p102 (0056.jp2)
  23. 3.ソーシャルサポート研究の動向 / p110 (0060.jp2)
  24. 4.ソーシャルサポートと指標 / p130 (0070.jp2)
  25. 第2節 老化過程の指標化 / p141 (0075.jp2)
  26. 1.分析枠組 / p141 (0075.jp2)
  27. 2.社会活動の三領域 / p160 (0085.jp2)
  28. 3.ソーシャルサポートの四領域 / p165 (0087.jp2)
  29. 4.老化過程の指標化 / p167 (0088.jp2)
  30. 第3章 調査研究の方法と対象 / p175 (0092.jp2)
  31. 第1節 フィールドの選定と在宅高齢者の実態 / p175 (0092.jp2)
  32. 1.賀陽町の概況と高齢化の現況 / p175 (0092.jp2)
  33. 2.平成7年度における在宅高齢者の実態 / p185 (0097.jp2)
  34. 第2節 調査票の作成―既存調査と統計資料の検討― / p194 (0102.jp2)
  35. 1.社会活動の調査項目 / p194 (0102.jp2)
  36. 2.ソーシャルサポートの調査項目 / p202 (0106.jp2)
  37. 第3節 平成10年度の調査とデータ解析 / p212 (0111.jp2)
  38. 調査の概要 / p212 (0111.jp2)
  39. 第4章 因子構造モデルの検討 / p219 (0114.jp2)
  40. 第1節 社会活動の因子モデル / p219 (0114.jp2)
  41. 1.家庭内活動 / p219 (0114.jp2)
  42. 2.余暇活動 / p226 (0118.jp2)
  43. 3.家庭外活動 / p231 (0120.jp2)
  44. 第2節 ソーシャルサポートの因子モデル / p241 (0125.jp2)
  45. 1.提供と受領 / p241 (0125.jp2)
  46. 2.手段と情緒 / p252 (0131.jp2)
  47. 第5章 老化指標と社会的老化 / p260 (0135.jp2)
  48. 第1節 因子構造の不変性 / p260 (0135.jp2)
  49. 1.性と年齢による指標の不変性 / p260 (0135.jp2)
  50. 2.性と年齢による素点の比較 / p275 (0142.jp2)
  51. 第2節 発達・衰退現象の検討 / p286 (0148.jp2)
  52. 1.老年期全体の変動 / p286 (0148.jp2)
  53. 2.前期高齢と後期高齢の比較 / p295 (0152.jp2)
  54. 3.5歳年齢階層間の変化 / p305 (0157.jp2)
  55. 第3節 社会活動とソーシャルサポートの統合 / p312 (0161.jp2)
  56. 1.尺度間の相関と属性 / p312 (0161.jp2)
  57. 2.属性の影響 / p314 (0162.jp2)
  58. 3.老化指標による類型化 / p318 (0164.jp2)
  59. 終章 社会的老化の実証 / p327 (0168.jp2)
  60. 第1節 実証研究の成果 / p327 (0168.jp2)
  61. 1.先行研究との比較検討 / p327 (0168.jp2)
  62. 2.世帯類型別分析 / p338 (0174.jp2)
  63. 3.老化のパターンとタイプ / p352 (0181.jp2)
  64. 4.発達と衰退現象の解明 / p357 (0183.jp2)
  65. 5.老年期社会化の検証 / p365 (0187.jp2)
  66. 第2節 結論 / p375 (0192.jp2)
  67. 注 / p383 (0196.jp2)
  68. 参考文献 / p395 (0202.jp2)
  69. 謝辞 / p416 (0213.jp2)
7アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187234
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187517
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351548
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ