肝硬変症性門脈圧亢進症における門脈圧亢進症性胃症の発症機序に関する臨床的研究 A clinical study on the pathogenesis of the portal hypertensive gastropathy in patients with portal hypertension due to liver cirrhosis

この論文をさがす

著者

    • 岡本, 喜一郎 オカモト, キイチロウ

書誌事項

タイトル

肝硬変症性門脈圧亢進症における門脈圧亢進症性胃症の発症機序に関する臨床的研究

タイトル別名

A clinical study on the pathogenesis of the portal hypertensive gastropathy in patients with portal hypertension due to liver cirrhosis

著者名

岡本, 喜一郎

著者別名

オカモト, キイチロウ

学位授与大学

藤田保健衛生大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第631号

学位授与年月日

1999-03-24

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187251
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187534
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351565
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ