Plasma levels of pipecolic acid, both [L]-and [D]-enantiomers, in patients with chronic liver diseases, especially hepatic encephalopathy 慢性肝疾患患者、特に肝性脳症における血漿D-、L-ピペコリン酸濃度測定の意義

この論文をさがす

著者

    • 藤田, 徹 フジタ, トオル

書誌事項

タイトル

Plasma levels of pipecolic acid, both [L]-and [D]-enantiomers, in patients with chronic liver diseases, especially hepatic encephalopathy

タイトル別名

慢性肝疾患患者、特に肝性脳症における血漿D-、L-ピペコリン酸濃度測定の意義

著者名

藤田, 徹

著者別名

フジタ, トオル

学位授与大学

兵庫医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第293号

学位授与年月日

1999-03-31

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187308
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187591
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351622
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ