パルス形ハードウェアカオスニューロンモデルとそれを用いたニューラルコーディングの解明に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 染谷, 和孝 ソメヤ, カズタカ

書誌事項

タイトル

パルス形ハードウェアカオスニューロンモデルとそれを用いたニューラルコーディングの解明に関する研究

著者名

染谷, 和孝

著者別名

ソメヤ, カズタカ

学位授与大学

日本大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第2796号

学位授与年月日

2000-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 脳の世紀 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 脳にカオスは存在し得るのか!? / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 ニューロン / p3 (0007.jp2)
  6. 1.4 ニューロンモデル / p5 (0008.jp2)
  7. 1.5 本論文の目的 / p7 (0009.jp2)
  8. 1.6 本論文の構成 / p8 (0010.jp2)
  9. 第2章 Λ型ニューロンモデル / p11 (0011.jp2)
  10. 2.1 回路構成 / p11 (0011.jp2)
  11. 2.2 動作原理 / p12 (0012.jp2)
  12. 2.3 応答特性 / p15 (0013.jp2)
  13. 第3章 ニューラルコーディング / p17 (0014.jp2)
  14. 3.1 まえがき / p17 (0014.jp2)
  15. 3.2 回帰効果 / p18 (0015.jp2)
  16. 3.3 遅延効果 / p20 (0016.jp2)
  17. 3.4 シナプス荷重の効果 / p21 (0016.jp2)
  18. 3.5 カオスの伝達 / p22 (0017.jp2)
  19. 第4章 パルス形ハードウェアカオスニューロンモデル / p23 (0017.jp2)
  20. 4.1 まえがき / p23 (0017.jp2)
  21. 4.2 カオスニューロンモデルとの対応 / p24 (0018.jp2)
  22. 4.3 軸索のモデル化 / p35 (0023.jp2)
  23. 4.4 まとめ / p40 (0026.jp2)
  24. 第5章 パルス形ハードウェアカオスニューロンモデルの応答特性 / p41 (0026.jp2)
  25. 5.1 まえがき / p41 (0026.jp2)
  26. 5.2 細胞体モデルの応答特性 / p42 (0027.jp2)
  27. 5.3 軸索モデルの応答特性 / p54 (0033.jp2)
  28. 5.4 まとめ / p62 (0037.jp2)
  29. 第6章 回帰効果によるニューラルコーディング / p63 (0037.jp2)
  30. 6.1 まえがき / p63 (0037.jp2)
  31. 6.2 自己回帰回路の応答特性 / p65 (0038.jp2)
  32. 6.3 中継回帰回路の応答特性 / p69 (0040.jp2)
  33. 6.4 まとめ / p73 (0042.jp2)
  34. 第7章 遅延効果によるニューラルコーディング / p74 (0043.jp2)
  35. 7.1 まえがき / p74 (0043.jp2)
  36. 7.2 波形特性 / p76 (0044.jp2)
  37. 7.3 軸索遅延とシナプス遅延の効果 / p78 (0045.jp2)
  38. 7.4 まとめ / p86 (0049.jp2)
  39. 第8章 シナプス荷重の効果によるニューラルコーディング / p87 (0049.jp2)
  40. 8.1 まえがき / p87 (0049.jp2)
  41. 8.2 パルス振幅のばらつきとシナプス荷重の効果 / p89 (0050.jp2)
  42. 8.3 パルス幅のばらつきとシナプス荷重の効果 / p95 (0053.jp2)
  43. 8.4 まとめ / p101 (0056.jp2)
  44. 第9章 カオスの伝達におけるニューラルコーディング / p102 (0057.jp2)
  45. 9.1 まえがき / p102 (0057.jp2)
  46. 9.2 軸索のカオス伝達特性 / p103 (0057.jp2)
  47. 9.3 実験結果 / p119 (0065.jp2)
  48. 9.4 まとめ / p123 (0067.jp2)
  49. 第10章 結論 / p124 (0068.jp2)
  50. 10.1 結論 / p124 (0068.jp2)
  51. 10.2 今後の課題 / p126 (0069.jp2)
  52. 謝辞 / p127 (0069.jp2)
  53. 参考文献 / p128 (0070.jp2)
  54. 研究業績一覧 / p132 (0072.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187356
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187639
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351670
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ