高楕円率低アスペクト比トカマクの特性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 成嶋, 吉朗 ナルシマ, ヨシロウ

書誌事項

タイトル

高楕円率低アスペクト比トカマクの特性に関する研究

著者名

成嶋, 吉朗

著者別名

ナルシマ, ヨシロウ

学位授与大学

日本大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第2809号

学位授与年月日

2000-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. Abstract / (0003.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p4 (0006.jp2)
  4. 1.1 背景 / p4 (0006.jp2)
  5. 1.2 従来型トカマクの現状 / p5 (0006.jp2)
  6. 1.3 低アスペクト比トカマクの現状と利点 / p5 (0006.jp2)
  7. 1.4 研究の目的 / p6 (0007.jp2)
  8. 1.5 本論文の概要 / p7 (0007.jp2)
  9. 第2章 低アスペクト比トカマク / p8 (0008.jp2)
  10. 2.1 特徴 / p8 (0008.jp2)
  11. 2.2 運転領域と不安定性 / p12 (0010.jp2)
  12. 2.3 高楕円率化の利点 / p14 (0011.jp2)
  13. 第3章 高楕円率低アスペクト比トカマクの平衡解 / p16 (0012.jp2)
  14. 3.1 Grad-Shafranov方程式 / p16 (0012.jp2)
  15. 3.2 境界条件 / p17 (0012.jp2)
  16. 3.3 平衡解 / p18 (0013.jp2)
  17. 3.4 安全係数分布 / p19 (0013.jp2)
  18. 3.5 バルーニング不安定性 / p20 (0014.jp2)
  19. 第4章 装置の概要 / p21 (0014.jp2)
  20. 4.1 実験装置NUCTE-ST / p21 (0014.jp2)
  21. 4.2 測定系 / p23 (0015.jp2)
  22. 4.3 高楕円率低アスペクト比トカマクの生成方法 / p32 (0020.jp2)
  23. 第5章 平衡に関する実験結果と考察 / p34 (0021.jp2)
  24. 5.1 実験結果 / p34 (0021.jp2)
  25. 5.2 平衡に関する考察 / p44 (0026.jp2)
  26. 5.3 平衡解との比較 / p47 (0027.jp2)
  27. 第6章 不安定性に関する実験結果と考察 / p48 (0028.jp2)
  28. 6.1 実験結果 / p48 (0028.jp2)
  29. 6.2 不安定性に関する考察 / p55 (0031.jp2)
  30. 第7章 まとめおよび結論 / p63 (0035.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187369
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187652
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351683
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ