語彙共起制約文脈自由文法

この論文をさがす

著者

    • 田邊, 利文 タナベ, トシフミ

書誌事項

タイトル

語彙共起制約文脈自由文法

著者名

田邊, 利文

著者別名

タナベ, トシフミ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第4956号

学位授与年月日

2000-03-01

注記・抄録

博士論文

目次

  1. Contents / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p2 (0005.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p2 (0005.jp2)
  4. 1.2 研究の目的 / p4 (0007.jp2)
  5. 1.3 着想 / p4 (0007.jp2)
  6. 1.4 研究成果 / p5 (0008.jp2)
  7. 1.5 本論文の構成 / p6 (0009.jp2)
  8. 2 曖昧さを解消するための従来手法 / p7 (0010.jp2)
  9. 2.1 文脈自由文法における構文解析とその曖昧さ / p7 (0010.jp2)
  10. 2.2 語彙共起制約を用いた曖昧さ解消 / p8 (0011.jp2)
  11. 2.3 確率文法を用いた曖昧さ解消 / p18 (0021.jp2)
  12. 2.4 従来手法による問題点 / p22 (0025.jp2)
  13. 2.5 従来手法としての語彙共起制約を組み込んだ文脈自由文法とその問題点 / p24 (0027.jp2)
  14. 3 語彙共起制約と確率文法の統合 / p28 (0031.jp2)
  15. 3.1 語彙共起制約の文脈自由文法への組み込み / p28 (0031.jp2)
  16. 3.2 シソーラスの生成規則への取り込み / p39 (0042.jp2)
  17. 4 日本語におけるF規則の構成 / p45 (0048.jp2)
  18. 4.1 文節構造規則 / p45 (0048.jp2)
  19. 4.2 functionの決定 / p46 (0049.jp2)
  20. 4.3 F規則の構成法 / p48 (0051.jp2)
  21. 5 日本語のサブセットによる評価 / p52 (0055.jp2)
  22. 5.1 実験方法 / p52 (0055.jp2)
  23. 5.2 実験結果 / p57 (0060.jp2)
  24. 5.3 考察 / p57 (0060.jp2)
  25. 6 結論 / p59 (0062.jp2)
  26. 謝辞 / p60 (0063.jp2)
  27. 参考文献 / p61 (0064.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187478
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187761
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351792
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ