12世紀後半イングランドにおける教会と国家 : 教会保護権・聖職者推挙権を中心として

この論文をさがす

著者

    • 苑田亜矢 ソノダ, アヤ

書誌事項

タイトル

12世紀後半イングランドにおける教会と国家 : 教会保護権・聖職者推挙権を中心として

著者名

苑田亜矢

著者別名

ソノダ, アヤ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

甲第4968号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 / p1 (0005.jp2)
  3. 1 はじめに / p1 (0005.jp2)
  4. 2 研究史 / p2 (0006.jp2)
  5. 3 本稿の考察方法 / p9 (0009.jp2)
  6. 第一章 教会保護権とその保護の歴史的背景および法的・制度的考察 / p17 (0013.jp2)
  7. 1 教会保護権と私有教会制およびグレゴリウス改革 / p17 (0013.jp2)
  8. 2 『グラーティアーヌス教令集』とアレクサンデル三世の教令 / p20 (0015.jp2)
  9. 3 イングランドにおける教会保護権救済のための世俗立法 / p26 (0018.jp2)
  10. 4 まとめ / p41 (0025.jp2)
  11. 第二章 国王裁判所における教会保護権・聖職者推挙権をめぐる裁判実務 / p44 (0027.jp2)
  12. 1 序 / p44 (0027.jp2)
  13. 2 クラレンドン法制定以前 / p45 (0027.jp2)
  14. 3 クラレンドン法制定以降最終聖職者推挙権占有回復訴訟導入まで / p51 (0030.jp2)
  15. 4 最終聖職者推挙権占有回復訴訟導入以後 / p55 (0032.jp2)
  16. 5 まとめ / p64 (0037.jp2)
  17. 第三章 教会保護権の保護における国王裁判権の定位 / p66 (0038.jp2)
  18. 1 本章の課題と叙述方法 / p66 (0038.jp2)
  19. 2 クラレンドン法制定以前 / p69 (0039.jp2)
  20. 3 クラレンドン法制定以後 / p82 (0046.jp2)
  21. 4 補論-修道院間の訴訟- / p85 (0047.jp2)
  22. 5 まとめ / p88 (0049.jp2)
  23. 第四章 クラレンドン法第一条と教皇庁上訴 / p92 (0051.jp2)
  24. 1 本章の課題と叙述方法 / p92 (0051.jp2)
  25. 2 イングランドから教皇庁への上訴の開始と上訴の制度 / p94 (0052.jp2)
  26. 3 クラレンドン法制定前後の教会保護権をめぐる教皇庁への上訴の制度 / p101 (0055.jp2)
  27. 4 1164年のクラレンドン第八条および1169年の制定法、そして1172年のアヴランシュの和約 / p107 (0058.jp2)
  28. 5 まとめ-クラレンドン法第一条制定の意図・背景- / p115 (0062.jp2)
  29. 結論 / p117 (0063.jp2)
  30. 註 / p123 (0066.jp2)
  31. 表1-a 12世紀後半の最終聖職者推挙権占有回復訴訟 / p191 (0100.jp2)
  32. 表1-b 国王裁判所における最終聖職者推挙権占有回復訴訟とは断言できない教会保護権に関する訴訟 / p192 (0101.jp2)
  33. 表2 CRR(RichardI~2John)にある最終聖職者推挙権占有回復訴訟の当事者 / p194 (0102.jp2)
  34. 参考文献一覧 / p195 (0102.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187490
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187773
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351804
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ