少年司法の理念と構造 : 少年への援助と少年犯罪の社会構造性

この論文をさがす

著者

    • 武内, 謙治 タケウチ, ケンジ

書誌事項

タイトル

少年司法の理念と構造 : 少年への援助と少年犯罪の社会構造性

著者名

武内, 謙治

著者別名

タケウチ, ケンジ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

甲第4969号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序 本稿の課題 / p1 (0005.jp2)
  3. (1)研究の目的 / p1 (0005.jp2)
  4. (2)研究の視座と対象 / p5 (0007.jp2)
  5. (3)論文の構成 / p7 (0008.jp2)
  6. 第一章 日本における少年司法の現状 / p11 (0010.jp2)
  7. 第一節 事実認定の「適正化」要求と厳罰化要求 / p11 (0010.jp2)
  8. 第二節 統計から見た少年司法の現状 / p23 (0016.jp2)
  9. 第二章 少年警察活動と「少年保護」 / p53 (0031.jp2)
  10. 第一節 少年法「改正」と少年警察活動 / p53 (0031.jp2)
  11. 第二節「少年警察」の確立と簡易送致 / p58 (0034.jp2)
  12. (1)「少年警察」の確立 / p58 (0034.jp2)
  13. (2)少年法の展開と簡易送致の制度化 / p65 (0037.jp2)
  14. 第三節 少年警察の「科学化」と「地域化」 / p75 (0042.jp2)
  15. (1)少年警察活動と「市民的治安法」 / p75 (0042.jp2)
  16. (2)簡易送致の恒常化と警察官職務執行法改正案 / p78 (0044.jp2)
  17. (3)「地域化」と「科学化」 / p86 (0048.jp2)
  18. (4)少年警察と少年法「改正」作業 / p89 (0049.jp2)
  19. 第四節 少年警察と少年法「改正」論議 / p96 (0053.jp2)
  20. (1)少年警察の「専門化」と少年の「処遇」 / p96 (0053.jp2)
  21. (2)道路交通法改正と少年の「処遇」 / p100 (0055.jp2)
  22. (3)簡易送致範囲の拡大と少年の「処遇」 / p109 (0059.jp2)
  23. (4)「司法前処理」と全件送致主義 / p115 (0062.jp2)
  24. 第五節 少年警察と事前予防 / p132 (0071.jp2)
  25. (1)実務による少年法「改正」 / p132 (0071.jp2)
  26. (2)少年非行の総量抑制対策と「少年非行総合対策要綱」 / p138 (0074.jp2)
  27. (3)風俗営業等取締法改正と事前予防 / p147 (0078.jp2)
  28. (4)青年条例と「健全育成」 / p152 (0081.jp2)
  29. (5)『70年代の警察』と「少年非行第三の波」 / p160 (0085.jp2)
  30. 第六節 少年警察と「人権」 / p178 (0094.jp2)
  31. (1)「国際化」と少年司法 / p178 (0094.jp2)
  32. (2)少年警察と事実認定 / p181 (0095.jp2)
  33. (3)「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」改正 / p183 (0096.jp2)
  34. (4)青少年条例とテレクラ規制条例 / p190 (0100.jp2)
  35. (5)「少年警察活動要綱」改正 / p198 (0104.jp2)
  36. (6)「少年非行総合対策推進要綱」 / p204 (0107.jp2)
  37. 第七節 展望と課題 / p219 (0114.jp2)
  38. 第三章 少年審判手続の構造と少年への援助-制定過程から見た現行少年法の理念と原理- / p233 (0121.jp2)
  39. 第一節 法制審議会答申と「事実認定」 / p233 (0121.jp2)
  40. 第二節 補充捜査と検察官関与-捜査手続と審判手続の連結- / p239 (0124.jp2)
  41. 第三節 現行少年法第41条、第42条の意義-捜査手続と審判手続との分離- / p248 (0129.jp2)
  42. 第四節 現行少年法第16条の意義-ケース・ワークと援助・協力- / p265 (0137.jp2)
  43. 第五節 現行少年法の理念と原理 / p283 (0146.jp2)
  44. 第四章 少年審判手続における「適正手続」と「保護」思想-事実認定における援助の構造- / p289 (0149.jp2)
  45. 第一節 少年保護手続における「適正手続」と「保護」思想 / p289 (0149.jp2)
  46. 第二節「ケース・ワーク的機能」と「司法的機能」との交錯 / p293 (0151.jp2)
  47. (1)「調査手続」と「審判手続」 / p293 (0151.jp2)
  48. (2)「非行少年決定過程」と「処遇決定過程」 / p297 (0153.jp2)
  49. 第三節 少年法「改正」論議と「適正于続」論 / p316 (0163.jp2)
  50. (1)「少年法に関する構想」 / p316 (0163.jp2)
  51. (2)「少年法改正要綱」と手続二分論 / p326 (0168.jp2)
  52. (3)「適正手続」と「少年保護」 / p348 (0179.jp2)
  53. 第四節 家裁の変質と子どもの人権 / p369 (0189.jp2)
  54. (1)家裁の変質と「司法的機能」 / p369 (0189.jp2)
  55. (2)子どもの権利と共同決定 / p378 (0194.jp2)
  56. 第五節 少年保護手続の基本構造と援助 / p392 (0201.jp2)
  57. 第五章 ドイツ少年刑法における「内的改革」の展開-少年手続における「教育思想」と「法治国家原則」- / p410 (0210.jp2)
  58. 第一節 ナチス立法と戦後改革 / p410 (0210.jp2)
  59. 第二節 少年葛藤法と内的改革-1960年代の改革動向- / p416 (0213.jp2)
  60. (1)少年葛藤法構想と少年刑法の内的改革 / p416 (0213.jp2)
  61. (2)少年葛藤法の影響と統一少年法構想の挫折 / p421 (0215.jp2)
  62. 第三節 実務による少年刑法改革-1970年代からの改革動向- / p431 (0220.jp2)
  63. (1)改革の基調と特徴 / p431 (0220.jp2)
  64. (2)少年刑法の限界 / p437 (0223.jp2)
  65. 第四節 教育思想と法治国家原則 / p458 (0234.jp2)
  66. (1)「教育思想」批判 / p458 (0234.jp2)
  67. (2)少年刑事手続における「教育」と「法治国家原則」 / p466 (0238.jp2)
  68. 第五節 立法による少年刑法改革-新しい「少年刑法」- / p479 (0244.jp2)
  69. (1)少年裁判所法第一次改正法 / p479 (0244.jp2)
  70. (2)ドイツ少年裁判所・少年審判補助連合(DVJJ)の立法提案 / p483 (0246.jp2)
  71. (3)労働者福祉協会(AWO)の立法提案 / p490 (0250.jp2)
  72. 第六節 ドイツ「少年刑法」の変容と少年への援助 / p507 (0258.jp2)
  73. 第六章 少年犯罪の社会構造性と少年への援助-1990年代ドイツにおける厳罰化要求への対抗機軸- / p512 (0261.jp2)
  74. 第一節 少年司法における厳罰化要求 / p512 (0261.jp2)
  75. 第二節 少年司法改革の基本線-自由剥奪の「害悪性」とその回避- / p517 (0263.jp2)
  76. 第三節 少年司法における「逆改革」と若年層の貧困化 / p524 (0267.jp2)
  77. 第四節 厳罰化要求の諸相 / p534 (0272.jp2)
  78. (1)暴力および過激主義に対するCDU/CSU連合会派の立法提案 / p534 (0272.jp2)
  79. (2)Bayemによる厳罰化要求 / p537 (0273.jp2)
  80. 第五節 議会における厳罰化要求への対応 / p548 (0279.jp2)
  81. (1)社会民主党による説明要求と連邦政府による回答 / p548 (0279.jp2)
  82. (2)連合90/緑の党「公共の安全-少年犯罪の減少」 / p555 (0282.jp2)
  83. (3)社会民主党「少年刑法および予防戦略」 / p561 (0285.jp2)
  84. 第六節 厳罰化要求批判の視座-少年犯罪の社会構造性とパートナーシップ- / p570 (0290.jp2)
  85. (1)厳罰化要求への批判 / p570 (0290.jp2)
  86. (2)第一回少年係裁判官および少年係検察官連邦会議決議 / p573 (0291.jp2)
  87. (3)Magdeburger Initiative / p577 (0293.jp2)
  88. 第七節 少年犯罪の社会構造性と少年司法 / p593 (0301.jp2)
  89. 結語 / p605 (0307.jp2)
  90. (1)日本の少年司法とドイツ「少年刑法」 / p605 (0307.jp2)
  91. (2)少年司法の理念と構造 / p614 (0312.jp2)
38アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187491
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187774
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351805
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ