マウスの歯牙形態形成過程における細胞増殖ならびに細胞死に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 重村, 憲徳 シゲムラ, ノリアツ

書誌事項

タイトル

マウスの歯牙形態形成過程における細胞増殖ならびに細胞死に関する研究

著者名

重村, 憲徳

著者別名

シゲムラ, ノリアツ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (歯学)

学位授与番号

甲第5065号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 1.要旨 / p1 (0006.jp2)
  3. 2.緒言 / p2 (0007.jp2)
  4. 2-1:歯牙形態形成過程研究の歴史と重要性 / p2 (0007.jp2)
  5. 2-2:歯牙形態形成過程に関与する因子 / p4 (0009.jp2)
  6. 2-3:歯牙形態形成過程における細胞死 / p5 (0010.jp2)
  7. 2-4:歯牙形態形成過程における細胞死域ならびに細胞増殖域 / p7 (0012.jp2)
  8. 2-5:細胞死実行調節分子機構 / p7 (0012.jp2)
  9. 2-6:研究目的 / p9 (0014.jp2)
  10. 3.材料と方法 / p11 (0016.jp2)
  11. 3-1:実験材料および試薬 / p11 (0016.jp2)
  12. 3-2:実験方法および試薬 / p12 (0017.jp2)
  13. 4.結果 / p16 (0021.jp2)
  14. 4-1:BrdU陽性細胞、陰性細胞ならびにTUNEL陽性細胞の発現様式 / p16 (0021.jp2)
  15. 4-2:歯胚三次元再構築 / p29 (0034.jp2)
  16. 4-3:活性化型カスパーゼ3免疫組織化学染色 / p35 (0040.jp2)
  17. 5.考蔡 / p39 (0044.jp2)
  18. 5-1:BrdU陽性域に関する考察 / p39 (0044.jp2)
  19. 5-2:BrdU陰性域ならびにTUNEL陽性域に関する考察 / p40 (0045.jp2)
  20. 5-3:歯牙形態形成過程におけるアポトーシスの役割に関する考察 / p41 (0046.jp2)
  21. 5-4:一次エナメル結節および二次エナメル結節に関する考察 / p45 (0050.jp2)
  22. 5-5:活性化型カスパーゼ3を含む細胞死実行調節分子機構に関する考察 / p46 (0051.jp2)
  23. 6.総括ならびに結論 / p49 (0054.jp2)
  24. 7.謝辞 / p51 (0056.jp2)
  25. 8.参考文献 / p52 (0057.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187587
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187870
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351901
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ