カテプシンEの糖鎖の生物学的機能に関する研究 カテプシンEの糖鎖の生物学的機能に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 安田, 善之 ヤスダ, ヨシユキ

書誌事項

タイトル

カテプシンEの糖鎖の生物学的機能に関する研究

タイトル別名

カテプシンEの糖鎖の生物学的機能に関する研究

著者名

安田, 善之

著者別名

ヤスダ, ヨシユキ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (歯学)

学位授与番号

甲第5066号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0008.jp2)
  3. 第1章:新しい合成基質を用いたカテプシンE(CE)およびカテプシンD(CD)の活性測定法の確立 / p3 (0010.jp2)
  4. 1-1:序論 / p3 (0010.jp2)
  5. 1-2:合成基質のデザイン / p5 (0012.jp2)
  6. 1-3:pH依存性の検討 / p6 (0013.jp2)
  7. 1-4:温度依存性の検討 / p6 (0013.jp2)
  8. 1-5:CEおよびCDの触媒活性における基質濃度の影響 / p9 (0016.jp2)
  9. 1-6:CEおよびCDの触媒活性における酵素濃度の影響 / p9 (0016.jp2)
  10. 1-7:Kinetics / p13 (0020.jp2)
  11. 1-8:特異的阻害剤による阻害定数 / p14 (0021.jp2)
  12. 1-9:ラット各組織中のCEおよびCDの定量 / p15 (0022.jp2)
  13. 1-10:培養細胞におけるCEおよびCDの定量 / p17 (0024.jp2)
  14. 1-11:考察 / p19 (0026.jp2)
  15. 第2章:CEの糖鎖の役割について / p21 (0028.jp2)
  16. 2-1:序論 / p21 (0028.jp2)
  17. 2-2:ラット糖鎖欠損CE変異体の発現系の確立 / p22 (0029.jp2)
  18. 2-3:精製 / p23 (0030.jp2)
  19. 2-4:SDS-PAGEによる解析 / p27 (0034.jp2)
  20. 2-5:グリコシダーゼによる糖鎖分析 / p29 (0036.jp2)
  21. 2-6:レクチンによる糖鎖分析 / p31 (0038.jp2)
  22. 2-7:酵素学的性質の検討 / p33 (0040.jp2)
  23. 2-8:pH安定性 / p35 (0042.jp2)
  24. 2-9:熱安定性 / p37 (0044.jp2)
  25. 2-10:還元剤に対する感受性の検討 / p39 (0046.jp2)
  26. 2-11:ATPによる活性化 / p42 (0049.jp2)
  27. 2-12:考察 / p44 (0051.jp2)
  28. 第3章:ツニカマイシン(TU)処理によるCEの小胞体内分解機構の解析 / p46 (0053.jp2)
  29. 3-1:序論 / p46 (0053.jp2)
  30. 3-2:TU処理によるCEの細胞内分解 / p47 (0054.jp2)
  31. 3-3:CE分解系における分子シャペロンの関与 / p50 (0057.jp2)
  32. 3-4:CE分解部位の同定 / p52 (0059.jp2)
  33. 3-5:プロテアーゼ阻害剤の効果 / p55 (0062.jp2)
  34. 3-6:in vitroでのCE分解再構成系におけるプロテアーゼ阻害剤の効果 / p55 (0062.jp2)
  35. 3-7:TU処理によるタンパク分解酵素の誘導 / p57 (0064.jp2)
  36. 3-8:考察 / p59 (0066.jp2)
  37. 総括 / p61 (0068.jp2)
  38. 謝辞 / p63 (0070.jp2)
  39. 実験方法(Materials & Methods) / p64 (0071.jp2)
  40. 参考文献 / p71 (0078.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187588
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187871
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000351902
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ