二軸押出機内のポリマーの流動および反応に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 石川, 健 イシカワ, タケシ

書誌事項

タイトル

二軸押出機内のポリマーの流動および反応に関する研究

著者名

石川, 健

著者別名

イシカワ, タケシ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5080号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景と目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 本研究の位置づけと方針 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 本研究のオリジナリティー / p3 (0008.jp2)
  6. 1.4 本論文の構成 / p4 (0009.jp2)
  7. 第1章の参照文献 / p5 (0010.jp2)
  8. 第2章 既往の研究 / p6 (0011.jp2)
  9. 2.1 はじめに / p6 (0011.jp2)
  10. 2.2 二軸押出機の流動,伝熱に関する実験的,理論的,数値解析的研究 / p6 (0011.jp2)
  11. 2.3 混練性能評価に関する実験的,理論的,数値解析的研究 / p9 (0014.jp2)
  12. 2.4 反応押出に関する実験的,理論的,数値解析的研究 / p10 (0015.jp2)
  13. 2.3 第2章のまとめ / p12 (0017.jp2)
  14. 第2章の参照文献 / p12 (0017.jp2)
  15. 第3章 噛み合い型同方向回転二軸押出機および非噛み合い型二軸連続ミキサーの三次元非等温流動解析 / p15 (0020.jp2)
  16. 3.1 はじめに / p15 (0020.jp2)
  17. 3.2 数値解析手法 / p15 (0020.jp2)
  18. 3.3 噛み合い型同方向回転二軸押出機に関する研究 / p17 (0022.jp2)
  19. 3.4 非噛み合い型二軸連続ミキサーに関する研究 / p40 (0045.jp2)
  20. 3.5 第3章のまとめ / p57 (0062.jp2)
  21. 第3章の参照文献 / p57 (0062.jp2)
  22. 第4章 二軸押出機の混練性能評価 / p59 (0064.jp2)
  23. 4.1 はじめに / p59 (0064.jp2)
  24. 4.2 マーカー粒子追跡 / p61 (0066.jp2)
  25. 4.3 溶融部における混練性能の評価 / p67 (0072.jp2)
  26. 4.4 第4章のまとめ / p84 (0089.jp2)
  27. 第4章の参照文献 / p84 (0089.jp2)
  28. 第5章 二軸押出機を用いたポリプロピレンの分子量制御 / p86 (0091.jp2)
  29. 5.1 はじめに / p86 (0091.jp2)
  30. 5.2 有機過酸化物によるポリプロピレンの分子量制御プロセス / p86 (0091.jp2)
  31. 5.3 化学反応モデル / p87 (0092.jp2)
  32. 5.4 数値解析手法 / p89 (0094.jp2)
  33. 5.5 実験解析手法 / p96 (0101.jp2)
  34. 5.6 解析結果および考察 / p98 (0103.jp2)
  35. 5.7 第5章のまとめ / p116 (0121.jp2)
  36. 第5章の参照文献 / p116 (0121.jp2)
  37. 第6章 総括と今後の展望 / p117 (0122.jp2)
  38. 6.1 本論文の総括 / p117 (0122.jp2)
  39. 6.2 ニーディングブロック形状の設計指針について / p118 (0123.jp2)
  40. 6.2 本解析手法の実用性とその限界について / p119 (0124.jp2)
  41. 6.3 今後の展望 / p120 (0125.jp2)
  42. 第6章の参照文献 / p121 (0126.jp2)
  43. Appendix1 二軸押出機についての概説 / p122 (0127.jp2)
  44. (1)二軸押出機の種類と特徴 / p122 (0127.jp2)
  45. (2)成形加工分野での二軸混練技術の目的 / p123 (0128.jp2)
  46. (3)二軸押出機の今後の発達 / p124 (0129.jp2)
  47. Appendix2 非等温流動解析における支配方程式の無次元化 / p125 (0130.jp2)
  48. Appendix3 27節点2次要素の補間関数 / p127 (0132.jp2)
  49. Appendix4 マーカー粒子数が滞留時間分布に与える影響 / p128 (0133.jp2)
  50. Appendix5 化学反応モデルのモーメントによる簡略化について / p129 (0134.jp2)
  51. Appendix6 化学反応種の移流と拡散について / p130 (0135.jp2)
  52. Appendix7 反応熱に関する考察 / p131 (0136.jp2)
  53. Appendix8 非定常化学反応解析における支配方程式の無次元化 / p132 (0137.jp2)
  54. Appendix9 非定常解析における時間ステップの最適化 / p134 (0139.jp2)
  55. 謝辞 / p135 (0140.jp2)
9アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187602
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187885
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351916
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ