衛生打上げ用液体ロケットの航法・誘導の研究

この論文をさがす

著者

    • 田中, 俊輔 タナカ, シュンスケ

書誌事項

タイトル

衛生打上げ用液体ロケットの航法・誘導の研究

著者名

田中, 俊輔

著者別名

タナカ, シュンスケ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5084号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0010.jp2)
  3. 第2章 レーダによる電波航法と誘導 / p10 (0015.jp2)
  4. 2-1.電波航法におけるリアルタイム拡張カルマンフィルターの適用 / p10 (0015.jp2)
  5. 2-2.修正線形サイン則による直接誘導法 / p21 (0020.jp2)
  6. 2-3.レーダによるロケットの航法・誘導の運用と結果 / p38 (0029.jp2)
  7. 2-4.電波航法・誘導の限界 / p39 (0029.jp2)
  8. 第3章 プラットフォーム型慣性航法装置による航法と誘導 / p70 (0045.jp2)
  9. 3-1.プラットフォーム慣性航法ロジック / p70 (0045.jp2)
  10. 3-2.プラットフォーム方式の固有の問題(ジンバルロックの回避法) / p78 (0049.jp2)
  11. 3-3.燃料最小化ヨー誘導則 / p84 (0052.jp2)
  12. 3-4.プラットフォーム方式による慣性航法誘導の運用とその結果 / p96 (0058.jp2)
  13. 第4章 ストラップダウン型慣性航法装置による航法と誘導 / p125 (0072.jp2)
  14. 4-1.ストラップダウン慣性航法ロジック / p126 (0073.jp2)
  15. 4-2.姿勢角増分ベクトルの算出とストラップダウン方式固有の問題 / p132 (0076.jp2)
  16. 4-3.修正線形サイン誘導則によるヨー誘導則 / p140 (0080.jp2)
  17. 4-4.ストラップダウン方式による慣性航法・誘導の運用とその結果 / p143 (0081.jp2)
  18. 第5章 改良タンゼント誘導則とニュートン・ラフソン法による解法 / p171 (0095.jp2)
  19. 5-1.改良タンゼント誘導則 / p171 (0095.jp2)
  20. 5-2.ニュートン・ラフソン法による解法 / p175 (0097.jp2)
  21. 第6章 結論 / p191 (0105.jp2)
  22. 謝辞 / p193 (0106.jp2)
  23. 参考文献 / p194 (0107.jp2)
  24. 補足A.1 カルマンフィルターについて / p196 (0108.jp2)
  25. 補足A.2 レーダ観測雑音の白色化近似 / p205 (0112.jp2)
  26. 補足A.3 レーダデータの運用 / p211 (0115.jp2)
  27. 補足B.ノンコミュタティビティ角速度の発生とその補正効果 / p214 (0117.jp2)
  28. 補足C.ニュートン・ラフソン法に於ける微係数行列要素 / p222 (0121.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187606
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187889
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351920
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ