中路式RCアーチ橋の耐震性評価および耐震性能向上に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 水取, 和幸 ミズトリ, カズユキ

書誌事項

タイトル

中路式RCアーチ橋の耐震性評価および耐震性能向上に関する研究

著者名

水取, 和幸

著者別名

ミズトリ, カズユキ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5085号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 本研究の目的と背景 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 既往の研究 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 本研究の特徴と意義 / p5 (0010.jp2)
  6. 1.4 論文の内容と構成 / p6 (0011.jp2)
  7. 第2章 RC構造部材の非線形モデル化に関する検討 / p8 (0013.jp2)
  8. 2.1 概要 / p8 (0013.jp2)
  9. 2.2 RC部材の曲げ非線形特性 / p8 (0013.jp2)
  10. 2.3 静的解析による梁モデルとファイバーモデルの2軸曲げ評価に関する考察 / p12 (0017.jp2)
  11. 2.4 静的交番載荷と地震応答解析による梁モデルおよびファイバーモデルの断面力評価に関する考察 / p17 (0022.jp2)
  12. 第3章 中路式RCアーチ橋の応答特性 / p23 (0028.jp2)
  13. 3.1 対象橋梁の概要 / p23 (0028.jp2)
  14. 3.2 中路式RCアーチ橋の構造 / p23 (0028.jp2)
  15. 3.3 解析手法 / p25 (0030.jp2)
  16. 3.4 解析モデルの設定 / p31 (0036.jp2)
  17. 3.5 入力地震動 / p36 (0041.jp2)
  18. 3.6 基本的な応答特性 / p39 (0044.jp2)
  19. 3.7 地震動の作用方向による応答性状の比較 / p45 (0050.jp2)
  20. 第4章 地震動入力の方向と応答の連成問題 / p53 (0058.jp2)
  21. 4.1 概要 / p53 (0058.jp2)
  22. 4.2 3方向同時加震時の応答特性(ケース1) / p54 (0059.jp2)
  23. 4.3 地震波の各成分の応答への寄与(ケース2・3・4) / p58 (0063.jp2)
  24. 4.4 水平2方向加震時の地震応答特性(ケース1・5) / p60 (0065.jp2)
  25. 4.5 まとめ / p61 (0066.jp2)
  26. 第5章 非線形モデル化による中路式RCアーチ橋の応答特性の差異 / p62 (0067.jp2)
  27. 5.1 曲げ非線形モデルの違いが動的応答特性に及ぼす影響の検討 / p62 (0067.jp2)
  28. 5.2 各非線形モデルによる応答比較 / p74 (0079.jp2)
  29. 第6章 免震・制震化による耐震性能の評価 / p81 (0086.jp2)
  30. 6.1 概要 / p81 (0086.jp2)
  31. 6.2 解析検討 / p81 (0086.jp2)
  32. 6.3 免震装置の設置箇所の検討 / p83 (0088.jp2)
  33. 6.4 免震支承の最適仕様の検討 / p90 (0095.jp2)
  34. 6.5 各曲げ非線形モデルによる中路式RCアーチ橋への免震化の適用性の検討 / p92 (0097.jp2)
  35. 6.6 まとめ / p97 (0102.jp2)
  36. 第7章 結論 / p98 (0103.jp2)
  37. 7.1 応答特性と耐震性について / p98 (0103.jp2)
  38. 7.2 耐震性能の評価について / p99 (0104.jp2)
  39. 7.3 耐震性向上について / p100 (0105.jp2)
  40. 謝辞 / p101 (0106.jp2)
  41. 参考文献 / p102 (0107.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187607
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187890
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351921
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ