表面粗さを有する転がりー滑り接触面の非定常混合弾性流体潤滑に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 杜, 暁非 ト, ショーヒ

書誌事項

タイトル

表面粗さを有する転がりー滑り接触面の非定常混合弾性流体潤滑に関する研究

著者名

杜, 暁非

著者別名

ト, ショーヒ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5087号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 主な記号 / p1 (0006.jp2)
  3. 第一章 緒論 / p3 (0008.jp2)
  4. 1.1 従来の研究 / p3 (0008.jp2)
  5. 1.2 本研究の目的 / p8 (0013.jp2)
  6. 1.3 本論文の構成 / p10 (0015.jp2)
  7. 第二章 直接接触を含む非定常弾性流体潤滑の解析法とその基礎式の導出 / p12 (0017.jp2)
  8. 2.1 解析モデル / p12 (0017.jp2)
  9. 2.2 基本計算式の導出 / p15 (0020.jp2)
  10. 2.3 弾性変形計算のための影響係数 / p22 (0027.jp2)
  11. 2.4 数値計算法 / p27 (0032.jp2)
  12. 2.5 収束の判定 / p37 (0042.jp2)
  13. 2.6 解析のプロセス / p39 (0044.jp2)
  14. 2.7 周期境界条件を適用した二円筒EHL問題の解析法 / p43 (0048.jp2)
  15. 第三章 直接接触を含む非定常点接触弾性流体潤滑の解析 / p51 (0056.jp2)
  16. 3.1 計算条件 / p51 (0056.jp2)
  17. 3.2 非定常解析における速度と時間刻み / p52 (0057.jp2)
  18. 3.3 静止状態からの起動した周期的速度変動下の油膜形成状態 / p53 (0058.jp2)
  19. 3.4 周期的速度変動下のEHL膜形成に及ぼす加速度の影響 / p64 (0069.jp2)
  20. 3.5 計算結果のまとめ / p67 (0072.jp2)
  21. 第四章 表面粗さが存在するときの二円筒EHL解析 / p68 (0073.jp2)
  22. 4.1 / p69 (0074.jp2)
  23. 4.2 三次元粗さの方向性による油膜形成と圧力分布に及ぼす影響 / p75 (0080.jp2)
  24. 4.3 突起間干渉 / p82 (0087.jp2)
  25. 第五章 結論および展望 / p96 (0101.jp2)
  26. 参考文献 / p98 (0103.jp2)
  27. 附録I / p104 (0109.jp2)
  28. 附録II / p106 (0111.jp2)
  29. 附録III / p108 (0113.jp2)
  30. 謝辞 / p109 (0114.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187609
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187892
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351923
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ