FT-IRによるマイクロエマルションRh触媒の水素化反応特性の解明に関する研究

この論文をさがす

著者

    • Pongtorn Dhupatemiya ポントーン トゥーパテーミー

書誌事項

タイトル

FT-IRによるマイクロエマルションRh触媒の水素化反応特性の解明に関する研究

著者名

Pongtorn Dhupatemiya

著者別名

ポントーン トゥーパテーミー

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5134号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 マイクロエマルションを用いる触媒調製法 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 Rh触媒によるCO水素化反応 / p5 (0008.jp2)
  5. 1.3 IRとCOガスによるRh触媒の物性測定 / p15 (0013.jp2)
  6. 1.4 本研究の目的と概要 / p22 (0016.jp2)
  7. 第2章 マイクロエマルジョン法Rh-Sio₂触媒上のCO吸着種の特徴 / p24 (0017.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p24 (0017.jp2)
  9. 2.2 実験 / p24 (0017.jp2)
  10. 2.3 Rh触媒上のCO吸着種に関する既往の研究 / p34 (0022.jp2)
  11. 2.4 結果と考察 / p37 (0024.jp2)
  12. 2.5 結言 / p46 (0028.jp2)
  13. 第3章 各種Rh触媒上のCO吸着種に及ぼす温度の影響 / p48 (0029.jp2)
  14. 3.1 緒言 / p48 (0029.jp2)
  15. 3.2 実験 / p51 (0031.jp2)
  16. 3.3 結果と考察 / p57 (0034.jp2)
  17. 3.4 結言 / p78 (0044.jp2)
  18. 第4章 CO吸着種とCO水素化反応特性に及ぼすRh粒子径の影響 / p80 (0045.jp2)
  19. 4.1 緒言 / p80 (0045.jp2)
  20. 4.2 実験 / p80 (0045.jp2)
  21. 4.3 結果と考察 / p83 (0047.jp2)
  22. 4.4 結言 / p98 (0054.jp2)
  23. 第5章 CO水素化反応におけるRh触媒の作用機構 / p102 (0056.jp2)
  24. 5.1 緒言 / p102 (0056.jp2)
  25. 5.2 実験 / p103 (0057.jp2)
  26. 5.3 結果と考察 / p104 (0057.jp2)
  27. 5.4 結言 / p127 (0069.jp2)
  28. 第6章 結論 / p128 (0069.jp2)
  29. 引用文献 / p130 (0070.jp2)
  30. 謝辞 / p141 (0076.jp2)
  31. Acknowledgments / p143 (0077.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187656
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187939
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351970
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ