超音速分子流多光子イオン化質量分析法の高感度化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 松本, 純一 マツモト, ジュンイチ

書誌事項

タイトル

超音速分子流多光子イオン化質量分析法の高感度化に関する研究

著者名

松本, 純一

著者別名

マツモト, ジュンイチ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5141号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 超音速分子流多光子イオン化質量分析法 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 分子の解離・緩和と分子イオンの高効率イオン化機構 / p8 (0012.jp2)
  6. 1.4 本論文の意義と概要 / p10 (0014.jp2)
  7. 第2章 フェムト秒レーザーイオン化による分子イオンピークの増強 / p16 (0020.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p16 (0020.jp2)
  9. 2.2 実験装置 / p17 (0021.jp2)
  10. 2.3 結果及び考察 / p20 (0024.jp2)
  11. 2.4 結論 / p41 (0045.jp2)
  12. 第3章 ハロゲン化芳香族の質量スペクトル測定 / p42 (0046.jp2)
  13. 3.1 緒言 / p42 (0046.jp2)
  14. 3.2 実験装置 / p42 (0046.jp2)
  15. 3.3 結果と考察 / p42 (0046.jp2)
  16. 3.4 結論 / p64 (0068.jp2)
  17. 第4章 共鳴イオン化を考慮した最適レーザー条件の理論的解析 / p65 (0069.jp2)
  18. 4.1 緒言 / p65 (0069.jp2)
  19. 4.2 エネルギー準位モデルとレート方程式 / p66 (0070.jp2)
  20. 4.3 結果と考察 / p71 (0075.jp2)
  21. 4.4 結論 / p95 (0099.jp2)
  22. 第5章 ダイオキシン計測装置としての実用化のための基礎的検討 / p96 (0100.jp2)
  23. 5.1 緒言 / p96 (0100.jp2)
  24. 5.2 スペクトル-時間選択方式によるピコ秒パルスレーザーの開発 / p96 (0100.jp2)
  25. 5.3 生成イオンの高感度検出に関する研究 / p103 (0107.jp2)
  26. 5.4 結論 / p118 (0122.jp2)
  27. 第6章 総括 / p119 (0123.jp2)
  28. 参考文献 / p123 (0127.jp2)
  29. 謝辞 / p127 (0131.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187663
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000187946
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000351977
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ