画像認識の適用性向上のための自動知識獲得と並列化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 有田, 大作 アリタ, ダイサク

書誌事項

タイトル

画像認識の適用性向上のための自動知識獲得と並列化に関する研究

著者名

有田, 大作

著者別名

アリタ, ダイサク

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5207号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0009.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0009.jp2)
  4. 1.2 画像認識における画像処理のレベル / p2 (0010.jp2)
  5. 1.3 画像認識のための知識獲得 / p3 (0011.jp2)
  6. 1.4 画像処理の並列化 / p4 (0012.jp2)
  7. 1.5 研究の目的 / p7 (0015.jp2)
  8. 1.6 論文の構成 / p8 (0016.jp2)
  9. 2 画像認識における知識獲得 / p9 (0017.jp2)
  10. 2.1 目的 / p9 (0017.jp2)
  11. 2.2 他研究との比較 / p10 (0018.jp2)
  12. 2.3 対象物モデル / p11 (0019.jp2)
  13. 2.4 対象物モデルの獲得 / p14 (0022.jp2)
  14. 2.5 照合度 / p18 (0026.jp2)
  15. 2.6 対象物の探索 / p23 (0031.jp2)
  16. 2.7 実験と考察 / p25 (0033.jp2)
  17. 3 高レベル画像処理における並列処理 / p34 (0042.jp2)
  18. 3.1 目的 / p34 (0042.jp2)
  19. 3.2 エージェントの機能 / p35 (0043.jp2)
  20. 3.3 マルチエージェントモデル型並列処理の実現 / p40 (0048.jp2)
  21. 3.4 実験と考察 / p42 (0050.jp2)
  22. 4 分散型並列計算機による実時間画像処理 / p44 (0052.jp2)
  23. 4.1 目的 / p44 (0052.jp2)
  24. 4.2 他研究との比較 / p45 (0053.jp2)
  25. 4.3 PCクラスタシステムの概要 / p46 (0054.jp2)
  26. 4.4 分散型並列計算機における実時間画像処理の枠組み / p48 (0056.jp2)
  27. 4.5 実装方式 / p51 (0059.jp2)
  28. 4.6 実験 / p63 (0071.jp2)
  29. 4.7 考察 / p67 (0075.jp2)
  30. 5 プログラミングツールRPV / p70 (0078.jp2)
  31. 5.1 目的 / p70 (0078.jp2)
  32. 5.2 RPVの概要 / p71 (0079.jp2)
  33. 5.3 データフローの記述 / p72 (0080.jp2)
  34. 5.4 データ処理タスクの記述 / p75 (0083.jp2)
  35. 5.5 RPV標準ライブラリ / p76 (0084.jp2)
  36. 5.6 プログラム例 / p79 (0087.jp2)
  37. 5.7 考察 / p82 (0090.jp2)
  38. 6 結論 / p87 (0095.jp2)
  39. 6.1 おわりに / p87 (0095.jp2)
  40. 6.2 今後の課題 / p88 (0096.jp2)
  41. 謝辞 / p90 (0098.jp2)
  42. 参考文献 / p91 (0099.jp2)
  43. 索引 / p97 (0105.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187729
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188012
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352043
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ