雑音画像中の軌跡群を検出する構文解析型アルゴリズムに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 高橋, 伸弥 タカハシ, シンヤ

書誌事項

タイトル

雑音画像中の軌跡群を検出する構文解析型アルゴリズムに関する研究

著者名

高橋, 伸弥

著者別名

タカハシ, シンヤ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5209号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 研究の概要 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 論文の構成 / p3 (0008.jp2)
  6. 2 多元信号軌跡とそのモデル化 / p5 (0010.jp2)
  7. 2.1 まえがき / p5 (0010.jp2)
  8. 2.2 多元信号軌跡の定義 / p5 (0010.jp2)
  9. 2.3 信号軌跡の種々の性質 / p6 (0011.jp2)
  10. 2.4 構造記述文法 / p7 (0012.jp2)
  11. 2.5 多元基本動作の定義 / p8 (0013.jp2)
  12. 2.6 多元信号軌跡のモデル化の例 / p13 (0018.jp2)
  13. 2.7 まとめ / p15 (0020.jp2)
  14. 3 正規文法モデルを用いた多元信号軌跡の解析 / p17 (0022.jp2)
  15. 3.1 まえがき / p17 (0022.jp2)
  16. 3.2 有限状態オートマトンによる多元信号軌跡のモデル化 / p18 (0023.jp2)
  17. 3.3 多元信号軌跡の解析アルゴリズム / p18 (0023.jp2)
  18. 3.4 ビームサーチによる計算量の低減 / p26 (0031.jp2)
  19. 3.5 元数kに関する一般化 / p27 (0032.jp2)
  20. 3.6 評価実験 / p29 (0034.jp2)
  21. 3.7 まとめ / p47 (0052.jp2)
  22. 4 正規文法モデルを用いた多元信号軌跡解析アルゴリズムの拡張―遅延を伴う軌跡群の検出 / p50 (0055.jp2)
  23. 4.1 まえがき / p50 (0055.jp2)
  24. 4.2 遅延を伴う多元信号軌跡のモデル化 / p51 (0056.jp2)
  25. 4.3 遅延を伴う軌跡群の解析アルゴリズム / p52 (0057.jp2)
  26. 4.4 ビームサーチによる計算量の低減 / p55 (0060.jp2)
  27. 4.5 k元信号軌跡検出への一般化 / p56 (0061.jp2)
  28. 4.6 評価実験 / p57 (0062.jp2)
  29. 4.7 まとめ / p68 (0073.jp2)
  30. 5 文脈自由文法モデルを用いた多元信号軌跡の解析 / p69 (0074.jp2)
  31. 5.1 まえがき / p69 (0074.jp2)
  32. 5.2 文脈自由文法によるモデル化 / p69 (0074.jp2)
  33. 5.3 CYK法に基づいた解析アルゴリズム / p71 (0076.jp2)
  34. 5.4 ビームサーチによる効率化 / p74 (0079.jp2)
  35. 5.5 k元信号軌跡検出への一般化 / p76 (0081.jp2)
  36. 5.6 評価実験 / p77 (0082.jp2)
  37. 5.7 まとめ / p81 (0086.jp2)
  38. 6 結論 / p83 (0088.jp2)
  39. 参考文献 / p86 (0091.jp2)
  40. A 多元信号軌跡解析システムの実装 / p90 (0095.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187731
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188014
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000352045
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ