マルチチャンネル味覚センサを用いたアミノ酸の味に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 永守, 知見 ナガモリ, トモミ

書誌事項

タイトル

マルチチャンネル味覚センサを用いたアミノ酸の味に関する研究

著者名

永守, 知見

著者別名

ナガモリ, トモミ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5225号

学位授与年月日

2000-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序 論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 センサについて / p3 (0009.jp2)
  5. 1.3 生体系の味受容メカニズム / p4 (0010.jp2)
  6. 1.4 味覚 / p7 (0013.jp2)
  7. 1.5 マルチチャネル味覚センサ / p10 (0016.jp2)
  8. 1.6 本研究の目的と本論文の構成 / p11 (0017.jp2)
  9. 第2章 味覚センサを用いた苦味を呈するアミノ酸の味の定量化 / p13 (0019.jp2)
  10. 2.1 まえがき / p13 (0019.jp2)
  11. 2.2 実験方法 / p14 (0020.jp2)
  12. 2.3 実験結果 / p22 (0028.jp2)
  13. 2.4 検討 / p27 (0033.jp2)
  14. 2.5 むすび / p32 (0038.jp2)
  15. 第3章 味覚センサを用いた複合味(甘味と苦味)を呈するアミノ酸の味の定量化 / p36 (0042.jp2)
  16. 3.1 まえがき / p36 (0042.jp2)
  17. 3.2 実験方法 / p36 (0042.jp2)
  18. 3.3 実験結果 / p37 (0043.jp2)
  19. 3.4 検討 / p40 (0046.jp2)
  20. 3.5 まとめ / p41 (0047.jp2)
  21. 第4章 味覚センサを用いたうま味物質による塩味の抑制効果の定量化 / p42 (0048.jp2)
  22. 4.1 まえがき / p42 (0048.jp2)
  23. 4.2 実験方法 / p44 (0050.jp2)
  24. 4.3 実験結果 / p44 (0050.jp2)
  25. 4.4 検討 / p49 (0055.jp2)
  26. 4.5 まとめ / p54 (0060.jp2)
  27. 第5章 味覚センサを用いたペプチドの味質に関する研究 / p57 (0063.jp2)
  28. 5.1 まえがき / p57 (0063.jp2)
  29. 5.2 実験方法 / p58 (0064.jp2)
  30. 5.3 実験結果 / p59 (0065.jp2)
  31. 5.4 検討 / p63 (0069.jp2)
  32. 5.5 まとめ / p65 (0071.jp2)
  33. 第6章 総括 / p68 (0074.jp2)
  34. 6.1 実験結果のまとめ / p68 (0074.jp2)
  35. 6.2 終わりに / p69 (0075.jp2)
  36. 謝辞 / p70 (0076.jp2)
  37. 参考文献 / p71 (0077.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000187747
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000188030
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000352061
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ